成功するための、売却査定の流れ

住まいの売却は不動産会社と協力して行います。しかし、具体的にどのような流れで売却をするのでしょうか。スムーズに売却するためにも段取りをおさえておきましょう。今回は、成功するための売却査定の流れをご紹介致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産会社に査定をしてもらい契約を結ぶ

住まいの価格を知るためには不動産会社による査定が必要です。簡易(机上)査定と現地(訪問)査定の二つの種類があります。簡易査定は周辺の環境や類似物件のデータを基に査定をしてもらい、現地査定では担当者が実際に家を訪れ、直接査定をしてもいます。簡易査定でおおまかな金額を把握し、現地査定で正確に見積もってもらうのが通常の流れです。

査定のコツは複数の不動産会社に依頼すること。会社により査定の方法は異なるからです。複数の査定結果を比較し、より納得のいく査定額を提示する会社を選択しましょう。担当者の査定の根拠に説得力があるかどうかが重要な比較基準です。

比較検討したら正式に売却を依頼する不動産会社と契約を結びます。媒介契約の種類は以下の三つです。

  • (1)専任媒介契約
    依頼できる会社の数は一社のみ。売主が買い手を探し、直接契約を結ぶことが可能です。
  • (2)専属専任媒介契約
    依頼できる会社の数は一社のみ。売主が買い手を探し、直接契約を結ぶことが禁止されています。
  • (3)一般媒介契約
    複数の会社を利用できます。売主が買い手を探し、直接契約を結ぶことが可能です。

契約の種類は、依頼できる会社の数、買い手との契約が直接結べるかどうかで異なります。売却の仕方に自信が無いという場合は、徹底してサポートしてくれる専属専任媒介契約がおすすめです。

売り出し価格を決め販売活動を行う

契約を結んだら不動産会社と相談して効率的な売却価格を決定します。低価格で素早く売るのか、妥協せずじっくり売るのか慎重に見極めましょう。

売却を成功させるコツは販売の期間を長引かせないこと。長期的に売れないと、物件に何か問題があるのでは?と買い手に疑惑を与える可能性があるからです。また、販売の時期も売却の成功を左右する重要な要素。不動産は春に売れる傾向があります。転勤、独立、結婚、新生活のスタートを機に住居の購入を考える方が多いからです。売却に適切な時期を逃さないようにも注意しましょう。

その他、販売活動では売却理由を伏せた方が良いことも頭に入れておきましょう。交渉に影響が出ることがあります。「新しい場所に住むことになったから」という理由を用意するなど、最低限にとどめるようにしましょう。

買い手が見つかったら売買契約を結ぶ

買い手に購入申込書を提出してもらったら売買契約を結びます。不動産会社が条件の調整を行ってくれます。売り手が契約時に必要なものは主に以下の7つです。当日慌てないようにしっかりと覚えておきましょう。

  • 1.不動産の権利証
  • 2.実印
  • 3.印鑑証明書
  • 4.固定資産税納付書
  • 5.印紙代
  • 6.管理規約等(マンションの場合)
  • 7.住民票

いかがでしたか。査定から売却までの段取りをしっかり把握しておけば、良い買い手が見つかった時にチャンスを逃さず売却できます。お互いに良い取引をするためには事前準備が大切です。不動産の売却をお考えの方は早速参考にしてみてくださいね。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート