内覧で見学者の印象UP!高く売る内覧術とは

今まで住んでいた自宅を、なんらかの理由によって売却する際に有利なのが「内覧会」をおこなうことです。内覧会はオープンハウスとも呼ばれるもので、その家を買いたいと考えている人に向け、実際に家の中を見学してもらい、住み心地や使い勝手を直に感じてもらうことができる絶好の機会です。内覧会をおこなうことで、早期に契約が成立するケースや、相場よりも高値で売却できることも少なくありません。そこで今回は、内覧会を行う際に押さえておきたい、見学者の印象をUPさせる秘訣をお教えしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウスクリーニングで清潔感をアピール

中古住宅を売る際にありがちなのが「どうせ中古だから安くても仕方ない」という思い込みです。しかしそれは大きな間違い。アプローチの仕方によっては思わぬ高値で売却できることもあるのです。とはいえ、高値で売却するために多額のリフォーム費用が掛かっては元も子もありません。そこでおすすめなのが、内覧会前のハウスクリーニングです。予算的に可能であれば、専門のクリーニング業者に依頼し、長年の汚れを一掃するのも一つの手。その他、自分でもできる好感度UPのためのお掃除ポイントを挙げてみます。

<自分でできるハウスクリーニング>
  • フローリングにはワックスを掛け直しておく
  • 壁の汚れを拭き掃除する
  • ガラス掃除をする
  • 洗濯機や流し台、キッチンの排水溝の掃除
  • 既に住んでいなければ古くなったカーテンは取り外し、室内が明るく開放的に見えるように工夫する

これらのハウスクリーニングを行なっておくだけでも、内覧会で好印象を持ってもらいやすくなります。とくに使用感のでるキッチン、風呂場、トイレなどの水周りは入念に清掃しておきましょう。

自宅のアピールポイントをノートに記録!

内覧会は居住者ではないとわからないことを知ってもらうチャンス。積極的に見学者とコミュニケーションをとって我が家の利点をアピールしましょう。そのためには、内覧会前に実際に今まで住んできて「良かった」と思える点をノートに書き出すことがおすすめです。

<ノートにまとめたい住み心地のチェックポイント>
  • 家事導線の利点
  • 間取りの良い点
  • 家具の配置ポイント
  • コンセントの位置や数・収納スペースの数など

このひと手間で、見学者からの質問にもすぐに答えることができ、いかに自分がこの住宅に親しみをもって暮らすことができていたかを印象づけることにも繋がります。

周辺環境についても欠かさずアピール

実際に住んでみないとわからない、自宅周辺の環境についてもしっかりとアピールしたいものです。特にファミリー層には、学校までの距離は資料で把握できても、子供の足でどれくらいの時間がかかるのか、どのようなルートで登校するのかなどが意外と重要なポイントとなります。また、主婦にとっては近隣のスーパーなどのお店情報も知りたいところです。自分ならどんな点が知りたいのかを考え、ニーズにあった有益な情報を提供できれば見学者に好印象を与えやすくなります。

長年住み慣れた家を手放すのはとても寂しいものです。しかし、その思いを引き継いでくれる買主を見つけることが、新たな生活をスタートさせる機動力となるでしょう。内覧会でそのような買主との出会いが果たせるよう、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート