マンションを売却する前に知っておきたい査定のコツは?

マンションの売却前では不動産会社に査定をしてもらうのが通常です。ですが、不動産会社に頼めば安心というわけにはいかないようです。査定がうまくいかないと後の売却に手こずることになります。誤った価格設定で販売して売れ残ってしまう可能性もあるのです。今まで住んでいたマンションだからこそ、正確に見積もってあげ、気持ちよく手放したいところ。では、どのように査定を行えばよいのでしょうか。今回は、マンションの売却前に知っておきたい査定のコツをご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡易査定より訪問査定

マンションの査定には二種類あります。簡易査定と訪問査定です。まず、簡易査定では周辺の取引事例や所在地などのデータを基に、机上で査定額を算出します。しかし、気軽に依頼することができるのが特徴ですが、落とし穴があるようです。不動産会社が顧客を見つけるためのサービスでもあるからです。簡易査定の金額に納得して不動産会社と安易に契約を結ぶと損をすることがあるので注意しましょう。一方、訪問査定は現地に担当者が足を運んで見積もりします。そのため、コミュニケーションが取れるので公正かつ正確な査定が望めます。このとき、査定の根拠を具体的に確認することでより査定の精度が増すでしょう。概算で見積もりを出す簡易査定より訪問査定を依頼することが大切です。

査定額だけでなく相場も確認する

高額で見積もられたとしても実際に購入してもらえなければ無意味です。相場を知って適切な見積額かを判断する必要があります。そのため、相場を知る目的で複数の不動産会社に簡易査定を依頼することも実は大切。契約を結ばずに無料で査定を行ってもらえるので心配はいりません。また、近隣のマンションの販売価格も参考になります。最寄り駅で住宅情報誌を探したり、インターネットで検索してみるのも有効です。

「アピールするために査定項目を事前にチェック

マンションの査定では細かいところまでチェックされます。少しでもアピールできるようにどのような項目があるのか知っておくのが査定のコツです。項目は主に3種類に分かれます。まずは周辺環境です。周辺の店舗数、駅までの距離、景観などです。次に、マンションの管理状態です。管理費や管理員の勤務形態などがこれに当たります。さらに細かく分かれるのがマンションの構造や設備等。築年数、間取り、バルコニー、セキュリティー設備などがチェックされます。査定後に見積書の各項目と照らし合わせ、アピールしてない部分がないかを確認するようにしましょう。

このように、マンションを高く売るためには事前に査定のコツを知っておく必要があります。
他にも、不動産の価値を正確に査定してくれる会社を見つけるために行政庁で業者名簿を閲覧するという方法も。無免許業者かどうかも判断に役立つだけでなく過去の実績も確認できます。また、審査の厳しい業界団体に加盟しているかどうかも信頼できる会社であるかを見極めるための判断基準です。査定を依頼する会社選びはマンションの売却を成功させるための大切な要素です。合わせて参考にしてみてください。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート