すぐにでもマンションを売りたい!即金即買とは?

まだまだ景気が右肩上がりにならない現代。悲しいことですが、高値でマンションを売り出しても、よっぽど条件の良いところでないと売れ残ってしまうことも少なくありません。また家族の事情によっては、すぐに現金が必要になるなど、普通にマンションを売却するにはスパンが長すぎると考える方もいらっしゃるでしょう。そこで検討したいのが、マンションの即金即買。中には、すぐにマンションの買取りを行い、すぐに支払いを済ませてくれる業者もあります。即金即買はマンション売却においてどうなのか、メリットとデメリットなどをまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの即金即買

マンション売却における即金即買とは、不動産会社などが直接マンションを買い取ることです。通常、マンションの売却は、不動産会社が仲介に入ってからマンションを売りたい人、買いたい人の合意の上で売買が成立します。しかし即金即買は、仲介のステップがなく、不動産会社が買い取ることになるので、当然売却における手続きも変わってきます。

即金即買をするメリットとは

まず即金即買のメリットのひとつが、すぐに現金が手に入るということ。一般的に、マンションの売却を行う際は、買い手が見つかって、引き渡しの際に受領金が発生することになります。当然、買い手が見つからないと現金は入ってきません。マンションを売却して、新居を購入しようと考えている場合は資金が必要になりますので、売却費を購入費に充てようと考えている場合は、なかなか厳しいというのが現状です。さらに、売却してから購入となっても、購入するまでに期間が空いてしまったら、仮住まいへの費用もかかってきます。すぐに現金が入ってくるのは、新規でマンションを購入する方にとってメリットになるのではないでしょうか。

次に仲介料の支払いをしなくても良いということ。通常マンションを売却する際は、マンション売却にかかる広告費や人件費などの名目で不動産会社に仲介手数料を支払わなくてはなりません。しかし、即金即買の場合は不動産会社が買い取り自ら売り出していくので、仲介にかかる費用、つまり仲介手数料が発生しません。仲介手数料はマンション売却における費用の中でも大部分を占めるもの。例えば、3000万円でマンションを売るとしたら100万円ほどの仲介手数料がかかることもあります。決して小さな金額とは言えない費用です。

即金即買の際に注意しておきたいこと

すぐに手元に現金が入ってくることはメリットではありますが、即金即買を利用する際は注意しておきたいことがあります。不動産会社などは、転売目的でマンションを買い取るわけですから、通常通りにマンションを売却するよりもどうしても買い取り額が安価になってしまいます。早く売りたい売り主と、安く買いたい業者の間で需要と供給が成立してしまうからです。こんなはずではなかったと買い取り額に後悔する前に、全国に買い取り業者はあるので、事前に一括で査定してもらうことが大切です。即金即買のための一括査定サイトもあるので利用してみると良いでしょう。

マンション売却は、通常の売り方をすれば高値での取引を期待することができますが、売却までの期間が空いてしまい、やむなく値下げをするという方も珍しくありません。売却の際に入ってくる収入よりも、すぐに売却するほうを優先したいという方には、即金即買という方法も良いかもしれません。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート