不動産会社への売却依頼、選ぶなら大手?地場?

不動産を売却する際には、できるだけ早く、なるべく有利な条件で売りたいものです。テレビCMなどで知られるような大手不動産会社と、地域に密着した地場の不動産会社、どちらに依頼するのがよいのでしょうか。不動産の売却の際に依頼する業者の選び方をみていきましょう。

不動産会社への売却依頼、選ぶなら大手?地場?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独自のネットワークやサポート体制を持つ大手不動産会社

全国展開をする大手の不動産会社は、独自のネットワークを持っています。物件の情報自体は、レインズ(不動産流通標準情報システム)によって、中小の不動産会社でも得ることができますが、購入層に関する情報は、大手の不動産会社の方が優るのです。過去の取引データや不動産の購入希望者の情報等をもとに、顧客データを集積して管理しており、中小の業者とは情報力で大きな差が生じます。データベースを検索し、売却を希望する物件に対して、購入を希望する人を条件面から探し出すことができるようになっており、条件のよい物件であれば、比較的容易にマッチングが可能です。
また大手の方が、インターネットによって物件の情報を公開するなど、広い範囲の人に情報を流すことができるうえに、宣伝や広告に関する費用もかけられます。物件を売り出す情報を多くの人に公開することが可能です。一般に広く知られた大手の不動産会社は、ブランド力から顧客に信用されやすいというのも、大きなメリットでしょう。
そして大手の不動産会社は、社員教育が行き届いており、サービスの質も安定しています。しかし、サービスが画一的で親身になって相談を受けてくれないと捉える向きもあります。

地元の事情に精通する地場の不動産会社

これに対して、地場の不動産会社は、その地域の不動産の売却実績があり、大手にはないノウハウを有した業者もみられます。営業スタッフに地元出身者が多く、地域の特性を理解しているというのもメリットです。地域限定で物件を探している人の情報を持ち、昔からの顧客が買主を紹介するケースもみられます。ベテランの営業スタッフの持つ、独自の豊富な情報は大手の顧客データを上回ることもあるのです。あまり営業スタッフが経験することのない、特殊な物件の取り扱いは、地場の中小の業者の方が長けていることがあります。

サービスの質は、個々の営業スタッフの資質によるものの、きめ細やかな対応が期待できるのも、地元密着の不動産会社ならではです。大手よりも一人一人の営業スタッフが取り扱う数が少ない分、親身な対応が期待できます。
ただし、地場の不動産会社では、インターネットなどを使用し、幅広く物件の情報を提供する力は、大手の不動産会社に劣ることがあります。

地元の事情に精通する地場の不動産会社

大手の不動産と地場の不動産会社ではどちらがよいかは、物件の種類や特性、売却条件によります。人気物件や広い土地は、大手の不動産会社の方が成約に結び付きやすいでしょう。狭い地域を限定した購入希望者の多い、宅地用の土地では、地場の不動産会社の方が顧客情報を持っていることがあります。まずは片方に絞るのではなく、大手と地場両方に査定依頼をし、条件や営業スタッフの対応を見て、依頼先を決めるのが、好条件で売却をするコツです。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート