リフォームをしたほうが高く売れるって本当?

売り出す前にリフォームを施した物件は、見た目にも綺麗で、前の居住者の生活感を感じさせないため、中古住宅市場でも需要の高い物件のひとつです。しかし、売主が直接リフォームを施したほうが良いのか否かはケースバイケース。そこで、リフォームを施す境界線を探ってみることにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームを施したほうがお得なケース

リフォームが功を奏するケースは、築年数が経過しており、壁紙のはがれや畳の虫食いなど明らかにコンディションがよくない、はめ込み式の家電(食器洗い機、オーブンなど)が使用できない状態となっているなどが当てはまります。そのような状態の場合には、最低限でも壁紙の張り替えや畳替え、家電の修理もしくは取り外しなどのリフォームをおこなうことが、結果的に住宅の価値を上乗せできることにも繋がります。 しかし、古民家で、リフォームの総費用が100万円を超える場合は要注意。下手をすると売却価格よりもリフォーム費用が高くなってしまうケースもあるため、事前に不動産会社と相談をし、見積りを出してから検討しましょう。

リフォームをしないほうがよいケース

リフォームに向かないのは比較的築年数の浅い住宅です。リフォームをすると確かに見た目の印象が変わります。しかし、リフォームに費やした金額以上のプラス査定となるとは限らないところが難しい点です。さらに、最近は手つかずのままの住宅を買い、自分の思い通りにリノベーションしたいと考える買主も増えており、家を売る前に良かれと思って行ったリフォームが逆にマイナス要素になってしまう場合もあります。物件を売却する前にリフォームを考えているならば、どの程度までのリフォームが売却に有利かを判断することが大切です。

大事なのは「清潔感」

リフォームまでしなくても高値で売却できる方法もあります。それは、住宅の内覧会前に家中の掃除を念入りに行うこと。 とくに見学者が家に入って最初に目にする玄関周りや、毎日使うことになるキッチン、トイレ、風呂場などの水周りを重点的に綺麗にしておくと、購入を検討している見学者からの印象も格段に良くなります。そのため、水周りだけでも専門のハウスクリーニングを頼むとより好印象を与える事ができます。 また住んでいる時から外壁の塗り替えや、フローリングのワックスがけなど、こまめに手入れされている家は、築年数が経っていても相場よりも高い売り値がつくことも少なくありません。 見学者の視点からすると、重要なのは築年数だけでなく、どれほど手入れの行き届いているのか、清潔感があるのかという点です。リフォームをするほど予算的に余裕がない場合は、入念な掃除で家の印象を良くさせることも重要なポイントです。

このように、リフォームをせずともハウスクリーニングで十分なケースも多くあります。大事な資産は自己判断だけで決定せず、必ず不動産会社など住宅に詳しい第三者の意見を聞いた上で判断することをおすすめします。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート