マンション売却前のリフォームは損得どっち?費用は取り返せるか

住んでいるマンションを手放す際、特に住宅ローンに残債務がある場合は、長期の空室や賃料値下げなどのリスクがある賃貸よりも、残債と相殺できる金額で売却してしまいたいと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、売りに出してみたものの買い手が見つからない…というケースも少なくありません。「リフォームしてから売りに出せばより高く早く売れるのでは?」という考え方もありますが、リフォームにも当然費用がかかります。そこで今回は、売却前のリフォームは得なのか?それとも損なのか?について考えてみましょう。

マンション売却前のリフォームは損得どっち?費用は取り返せるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安易にリフォームに費用をかけると損をする!その理由とは……

仮に売却前にリフォームをした場合、リフォーム費用の上乗せ分を回収できるとは限らず、上乗せ分以上に高く売れる事例はほとんどありません。なかなか売れないからといって安易にお金をかけたリフォームをしても、結局は損をする結果になるのです。その主な理由として次の2点が挙げられます。

理由その1:マンションの価値を決めるのは内装ではなく「築年数」

中古物件の場合、同じような間取りであれば見た目の新しさよりも「築年数」の方が重要です。内装はリフォームさえすれば綺麗になりますが、建物の骨組みとなる構造体はリフォームできません。築年数が新しいほど長く安心して住める物件であり、中古物件としての価値も高くなるというわけです。売却前にリフォームやリノベーションをしても、その費用に見合う売却額アップは見込めないでしょう。

理由その2:中古マンション購入検討者の多くはリフォーム前提

そもそも中古マンションの購入層はその物件が「中古」であることを認識していますので、内装の綺麗さ・新しさに期待していません。またコストをかけたくない人であれば内装が汚くてもその分安い物件を探しますし、逆に予算に余裕がある人なら自分好みにリフォームする前提で中古マンションを検討しています。内装は個人によって好みが大きく違いますので、たとえ壁紙が落書きだらけでも交換せずそのまま引き渡すケースもあるほどです。だれが買うかわからないのに自分の好みでリフォームをしても、それが売却額アップにつながるとは限らないのです。

中古マンションの買い手が注目するポイント

中古マンションの購入にあたって買い手がまず行うのが内覧です。内覧時、購入希望者に買いたいと思ってもらうためには、以下のような箇所がポイントとなります。

  • キッチン・バスルームなど水回りの使用状況
  • ドアや窓の開閉がスムーズかどうか
  • 網戸に破れがないか
  • 壁紙や床の汚れはどの程度か

こうした設備面は購入後のリフォーム費用に関わるため、マンションの購入費用と引き比べてチェックされるポイントとなります。ただし、購入後のリフォームを前提にしている購入希望者が多いことを考えると、少し汚れているからといってリフォームする必要は原則としてありません。

中古マンションの買い手が注目するポイント

内覧時の好感度アップは費用をかけない「クリーニング」で十分

基本的に設備や内装を売却前にリフォームする必要はありませんが、内覧者に好印象を持ってもらうためにはやはり清潔な状態にしておきたいところ。具体的な方法としては、「クリーニング」または「簡易リフォーム」の2種類があります。

クリーニング・清掃で対応する

最も費用の掛からない方法が「クリーニング」です。内覧者に物件の魅力をアピールするには、いくつかのコツやポイントがあります。先に紹介した「買い手が注目するポイント」は特に注目される場所ですので、丹念に掃除をしておきたい場所になります。内覧時の印象を良くする掃除のポイントを次の記事で紹介していますので、確認してみてください。

<マンションを売りたい!内覧時の印象を良くする掃除のポイントとは>

簡易リフォームで対応する

「壁紙の張替え」「畳表の交換」「ハウスクリーニング」「フローリング、クッションフロア等の床の張り替え」などの簡易リフォームは比較的安価な方法ですが、これらも不要なケースが少なくありません。不動産屋の担当者によっては、売却前に簡易リフォームを提案してくるケースがありますので、不動産業者と担当者が信頼できそうなら相談するのも手でしょう。

判断が難しいなら仲介業者に相談しよう

このように、リフォームの持ち出し金額以上に高く売れるケースは稀なので、リフォームは「マンションを高く売る」ための手段にはならないと心得ておくべきでしょう。リフォームやリノベーションをするかどうかは購入者側の好みや事情で決められるので、売る側としてはクリーニングや清掃で十分です。ただし、簡易リフォームなら持ち出し費用を抑えつつピンポイントで印象をアップさせられるため、担当者と相談した上で検討してみてください。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート