<

マンション売却を有利に進める鍵は不動産会社選びにあり!

個人がマンションの売却を行う場合、不動産会社選びから始まるのが一般的です。しかし一口に不動産会社と言っても大手業者から地元の中小業者と数多くあるうえに、不動産会社にはそれぞれ得意分野というものがあります。中古マンションの売買が得意か、またそのエリアや顧客層に得意分野を持っているかどうかで、あなたのマンション売却が有利に進むかどうかが決まるのです。そのためマンション売却を成功させるためには、信頼できる不動産会社選びがとても重要となります。ここでは信頼できる不動産会社を選ぶためのポイントをまとめてみました。

マンション売却を有利に進める鍵は不動産会社選びにあり!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションの売買が得意か

不動産会社は大きく分けて賃貸物件の仲介を得意とする業者と不動産売買の仲介を得意とする業者に分けられます。そこの出だしを間違えてしまうと、販売活動の仕方から顧客層まで大きく違ってきてしまうでしょう。また不動産売買の中でもマンションと一戸建てとで得意分野に違いがあります。これらは店頭の貼りだしやチラシ広告などを見てもどちらに重点を置いているのかはある程度わかりますが、直接売買実績などを確認すると良いでしょう。

あなたのエリアでの販売実績はどのくらいか

不動産会社によっては得意とするエリアや力を入れているエリアなどにも違いがあります。中小の不動産会社は地元のエリアを得意とする場合が多いですが、大手であってもエリアに拠点を持ち、顧客数も多いという利点があり、一概には決められません。そこであなたのマンションのあるエリアでの販売実績や平均売却期間などを複数の業者で比較してみると良いでしょう。

あなたのエリアでの販売実績はどのくらいか

高すぎる査定、または安すぎる査定ではないか

マンションを売却する際には自分のマンションの相場を知っておく必要があります。そのためにも査定は複数の会社に依頼することが基本です。その時、中には1社だけ高い査定、もしくは安い査定を出してくる場合があります。高い査定が出ると心が動かされるかもしれませんが、査定額は実際に確約された金額ではありません。相場より高い金額では結局売れず、大幅に値下げをしたり安い値段で不動産会社に引き取られたりしてしまう場合があります。中には最初からそのつもりで依頼を受けようと考えている業者もいるので注意しなければいけません。また安い査定の場合もそのエリアでの情報をつかみ切れていない業者だと考えられます。

どのような販売活動をしているか

マンションを確実に売却するためにはできるだけ多くの見込み客の目に触れる必要があります。そのためには不動産会社が充実した宣伝活動をしているかどうかが重要です。一般的に不動産売却の情報はレインズという不動産物件情報データベースに登録されます。これによって全国どこの不動産会社の物件であろうと情報は流通する仕組みです。しかしそれだけでマンションが売却できるわけではありません。やはり不動産会社独自で広告やインターネットを使った販売活動をしていることが必要です。またそのエリアの見込み客を多く持っている営業マンがいるかどうかなど、不動産会社に確認すると良いでしょう。

まとめ

マンションの売却を有利に進めるためには、自らが信頼できる不動産会社を探す業者選びが大切です。まずは複数の業者で査定を依頼し、同時にインターネットのホームページなどでその業者の情報を収集することから始めましょう。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート