周辺相場との比較が高く売るコツ

家やマンションを売る際には、少しでも相場より高く買ってもらいたいというのが真実です。さらに、売り手にローンの残金など、必要な経費がある場合どうしてもその金額に気持ちが引っ張られてしまします。しかし、その金額は周囲の相場とかけ離れてはいませんか。買う側はあなたの事情を考慮してくれるわけではありません。自分の財布の都合と相場を見て決めるのです。家を売りたいと思ったら、まずは周辺相場と比較して生活圏の適正相場を知るというのが売買の基本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産会社から出る査定額は一定ではない

家を売ろうと思ったら、まずは不動産会社に査定をしてもらいます。しかし、査定額は会社によって開きがあるものです。査定額=周囲の相場価格ではないのです。
なぜ、相場と開きがあるのでしょうか、それは、もしかするとあなたが正しい情報を与えていなかった可能性があります。家の査定には間取り、築年数、土地の地価などさまざまなファクターがあります。ですから、まずは自分の物件の周囲の状態、すなわち相場を正しく知るというのが、あなたに求められるスタンスです。
また、売り物件に対して正しい状況を把握し、公平に情報を伝えたとしても査定額に周辺相場と開きがあることがあります。それは不動産会社の担当者が相場より高く査定し、決定してもらいたいという心理的要因の場合があるからです。

仲介による不動産売買では査定額=販売額ではない

数社に査定をお願いした場合、周辺相場と違っても一番高く査定をしてくれた会社に仲介をお願いしたくなるのが売主の心理です。
しかし、売値を決めるのは不動産会社ではないのです。実際に売却できる現実的な額なのか下調べしてくとこが重要です。いくら、不動産会社の担当者がこの金額で売れると言っても、買い手の想定金額や周囲相場からかけ離れていては売れません。

周囲の相場状況を見極めよう

買い手の想定金額はどのようにつくられるのでしょうか。その一つのファクターに周囲相場があります。周囲と言うのは同一学区や買い物事情の一帯を指します。
例えばあなたが家を1,000万円で売りたいとします。しかし周囲相場が500万円だったとしたらどうでしょうか。周辺相場の倍ですから、現実的に売れる相場からはかけ離れているということになります。
相場額とかけ離れている場合、買い手が納得する為には特別な希少価値が必要になります。つまりプレミアです。プレミアが相場に対抗するものですが、一般住宅にそのようなことはほぼありません。
しかし、周囲相場から逸脱しなければ、あなたの家を高く売る強みがきっと存在します。相場の1.1から1.2倍程度であれば充分に高く売れる場合があります。
例えばバス停に近いとか、コンビニに歩いて1分と言う事例は、周囲相場よりも少し値段をあげるファクターとなります。周囲の状況に合わせて、あなたの家の強みを訴える事が、現実的にあなたの家を相場より高く売ることになるのです。

持家を出来るだけ高く売るためには、まず売れる価格、すなわち相場を知らなければなりません。周囲での相場を知るためにはリサーチが必要です。あなたの売りたい金額が周囲相場より高いという場合だけでなく、周囲相場よりも低いということもあります。周囲相場より低い場合は損をしているということになります。
より高く売りたい場合は、周囲相場から逸脱しない範囲であなたの家の強みを訴えてみましょう。日当たりが良い、眺望が良いなど、あなたがその家の好きだった点を買い手に伝えるのです。それが、現実的に物件を売り、さらに少しでも相場より高く売る方法です。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート