転勤が決まったらマイホームは売却?それとも賃貸?

ついに念願のマイホームを購入し、さあこれから仕事を頑張るぞ!と意気込んでいたその矢先、遠方への転勤が決まってしまった……。こんなとき、あなたならどうしますか?賃貸に出すか、それとも思い切って売却し住み替えるべきか、悩んでしまいますよね。今回はそんなお悩みを抱える皆さんのために、賃貸と売却、それぞれのメリットやデメリット、そして判断のポイントについてご紹介します。

転勤が決まったらマイホームは売却?それとも賃貸?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸と売却、どちらにもメリット・デメリットがある

マイホームを持つ人にとって、転勤が決まったときにまず頭に浮かぶのが「残った住宅ローンの支払いをどうするか?」という悩みです。マイホームを手放したくないからといってそのままにしておくと、住み替え費用や転居先での家賃に加え、住んでいないマイホームのローンまで二重に払うことになり、大きな負担が生じます。
この場合、取るべき選択肢は主に2つ考えられます。
1つ目は、「賃貸に出し、得られた賃料をローン返済に充てる」という方法。住宅ローンを返済しつつ、マイホームを手放さずにすみます。

ただし賃貸の場合、借り手が見つからない期間は賃料が得られない点には注意が必要です。また人に貸すことで設備や内装などの劣化が進み、いざ売却しようと思っても期待した価格で売れないケースも考えられます。さらに、固定資産税や修繕積立金、管理費(マンションの場合)などの出費を含めた場合、毎月の収支が赤字になる可能性があることも覚えておくべきでしょう。

その他の注意点としては、住宅ローンの返済が残っている物件を金融機関の承諾を得ずに賃貸に出すことはできない点です。この場合には、金融機関に相談をして、賃貸物件用のローンに切り替えましょう。金融機関に黙って賃貸をしてしまうと、住宅ローンを一括で返済するように言われてしまうこともあります。これは、住宅用に供するために破格の金利で貸しているという事情があるからです。

2つ目の選択肢は、「売却して転勤先に住み替える」です。売却する場合の最大のデメリットは、二度とその家には戻れないということです。せっかく手に入れたマイホームを手放すのはつらいかもしれませんが、その覚悟さえ決まれば、売却した利益で残ったローンをすべて支払える可能性もあります。また、売却をする場合には売却が完了する際にローンを一括返済しなければいけません。売却した価格がローン残高を下回ってしまった場合には、足りない分を貯金などから補う必要があります。

状況に応じた選択をしよう

状況に応じた選択をしよう

賃貸にも売却にもメリット・デメリットがありますが、どちらにすべきかを判断するいくつかのポイントがあります。

  • (1)住宅ローンが残っているかどうか
    賃貸には前述したような借り手不在による空室期間のリスクがあるので、住宅ローンの残債がある場合は思い切って売却する方が安心です。ただし、ローン残債があとわずかであり、万一賃料収入が得られなくても返済のめどが立つ場合は、賃貸を検討するのも手でしょう。なお売却する場合は、築浅の方が査定額は高くなりますので、ローンの残債がまだまだあるという人は早めに決断する方がよさそうです。
  • (2)転勤は短期か長期か
    2年や3年など、転勤の期間が明確に短期であると分かっている場合は賃貸に出す方がよいでしょう。もし借り手が見つからなかったとしても、短期間であれば負担も小さくて済みます。逆に戻ってこられるか分からない、戻ってきてもまた転勤の可能性がある場合は、売却してしまったほうがよいでしょう。
  • (3)都市部か郊外か
    マイホームが郊外にある場合、特に戸建て住宅の場合は、地域にもよりますが賃貸に出しても借り手が見つからない可能性があります。都市部の住宅やマンションの場合は比較的借り手が見つかる可能性が高いため、これも判断のポイントとなるでしょう。

マイホームを買った後の転勤はつらいものですが、この先も人生は続いていきます。あまり悲観的にならず前向きに対策を練りましょう。判断の主なポイントは、住宅ローン残債の有無、転勤の期間や頻度、マイホームの条件などです。住宅ローン残債がなく、家に戻る可能性があり、借り手が見つかりそうな場合は賃貸を検討、逆にローンが残っていて、家に戻れる可能性が低い場合は早期に売却を検討することをおすすめします。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート