マンションを売りたい!ベストなタイミングはいつ?

マンションの売却を決断した人ならまず考えるのは、できるだけ早期に確実に売りたいということではないでしょうか。なかなか売れないどころか内覧希望者もいない、という事態はできるだけ避けたいものです。そのためには購入見込み客が多いと考えられる時期を狙って売却するという方法を検討してみてもよいでしょう。しかしマンション売却のベストなタイミングはいつなのでしょうか?不動産業界の動向から探っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的には春先と秋がシーズン

一般的に不動産取引が多くなるのは1~3月の春先と9~11月の秋に動向が活発に動くシーズンと言われています。これは特にファミリー層において4月が転勤や進級・進学などの時期となるため、それに合わせて9~11月ごろから情報を収集し始めたり、1~3月に購入を検討する人が多いことが考えられます。またこのシーズンに購入を検討している層は3月までの入居を目途にはっきりとした購買意欲を持っているため、条件がマッチングすれば早期の購入が見込まれます。そのため昔からこのシーズンはマンションの売却にはベストなタイミングと言われてきました。したがってこうした層を狙っている場合は秋ごろから情報を開示していくとよいでしょう。しかしながら現在ではこうした動向は賃貸物件には当てはまりますが、マンションの売却に関しては期待するほどには影響しないとも言われています。

金利の動向に注目する

むしろ中古マンションの購入見込み客としてはライフスタイルの変化よりも金利の動向に影響されることの方が多いようです。中古マンションの購入にあたっては住宅ローンを借りるのが一般的ですが、住宅ローン控除減税対象額の変動は購入見込み客にとって購入のタイミングを決める物差しになります。また消費税アップの前も駆け込みで不動産を購入する人が増える時です。中古マンションの購入のような高額の買い物は消費税が2%違えば大きく差がでます。また消費税が課税されるのは中古マンションだけでなくそれに付随する様々な手数料や新しく購入する家具や家電にまで及ぶので、購入見込み客の背中を押すには充分でしょう。

景気の上昇に注目する

長い景気の低迷期を経て、景気が上昇していると言われています。景気が上昇していく時には中古マンションの価格も上昇します。そのためマンションを投資用と考えている場合はできるだけ高値で売却するために売り控えをする人が増え、一時的に供給が減るという現象が起こるのです。しかし購入見込み客側からすればマンションの価格が上昇する前に、できるだけ底値で購入したいと考えるでしょう。そのため中古マンションの売れ行きも上がっていきます。もしあなたがマンションを投資用ではなく、確実に売却したいと考えるなら景気が上昇していくタイミングは売却に適しているといえるでしょう。景気が上昇しているかどうかは客観的には日経平均株価で確認することができます。

まとめ

景気や金利の動向を見るのは難しいかもしれませんが、不動産会社とまめに情報を交換することでベストなタイミングがいつか知る事ができます。エリアによっても売り時は違ってくるので、まずは信頼できる不動産会社に相談しましょう。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート