名古屋市のベッドタウン「海部郡大治町」の魅力!

町の花として、「サツキ」がシンボルの海部郡大治町は、名古屋市に隣接するベッドタウンとして、閑静な住宅街や土壌豊かな田畑が多く見られる地域です。一戸建てやマンションなどの物件情報も交えながら、大治町の魅力に迫ります。

海部郡大治町は、名古屋市の西隣に位置しており、名古屋市中村区や中川区、あま市に隣接しています。
大治町の公式ホームページによれば、町の面積は6.59km²にわたり、2015年8月1日時点での人口は総勢31,356人、そのうち男性は15,882人、女性は15,474人、総世帯数は12,502世帯となっています。
名古屋市にも近い立地であることから、名古屋市内へ通勤・通学をする人々のベッドタウンとしての役割も担っています。
名古屋駅までは5kmほどと近く、名古屋市営バスや名鉄バスも走行しており、公共交通手段にも比較的恵まれています。名古屋市営地下鉄東山線の「中村公園」駅が名古屋駅への最寄りの駅となっており、20分程度で到着可能です。
海部郡大治町内には、主要幹線道路も整備されており、車でのアクセスも便利な地域となっています。大治町の西部には、南北方向に名古屋第二環状自動車道が走っており、大治町の南端に位置している名古屋西JCTで、名古屋高速5号万場線と東名阪自動車道につながっています。
大治町の東側には、庄内川と新川が南北方向に流れており、西側には福田川が流れています。濃尾平野の豊かな土壌を生かして、田畑などの農地も開拓され、専業農家や兼業農家も多数存在しています。
海部郡大治町の特産物や伝統野菜としては、「かぶとまい」と呼ばれるブランド米に加え、赤しそやホウレンソウ、モロヘイヤ、愛知縮緬かぼちゃなどが挙げられます。
海部郡大治町の賃貸物件に関しては、月々の家賃2万円台~14万円台の物件が幅広く提供されています。間取りに関しては、単身者向けの1Kや1LDKに加え、ファミリー向けの2LDKや3LDKなどもあり、新築の物件も比較的多く見られます。
JR関西本線の「蟹江」駅や、近鉄名古屋線の「戸田」駅や「富吉」駅などの駅周辺を中心として、大治町の近隣エリアにおいても、新築のマンションやアパートが点在しています。

子育て支援施策も充実している海部郡大治町!

海部郡大治町内では、子育て支援施策も積極的に行われています。 町内の総合福祉センターには、乳児から小学生および中学生までのお子様が、自由に遊べる施設として、「児童センター」が設けられています。 さらに、子育て支援センター「はるっこ」も併設されており、子育て中の親御さんが、育児に関する専門的な情報収集ができるよう、配慮されています。 育児と仕事を両立させたい家族のサポートを地域全体で実施するシステムとして、「ファミリー・サポート・センター」が考案され、あま市と大治町が共同で運営しています。ファミリー・サポート・センターに、子育ての援助を受けたい方と援助をしたい方が会員登録することによって、お子様の送迎や会員の自宅でお子様を一時的に預かるサービスなどを実施しています。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.