「交通の要所」工業が盛んな街、小牧市

愛知県の北西部にある、かつては農業で盛んだった街、小牧市は工業や大型商業施設で賑わいを見せ、新興住宅地なども建っています。 そんな「交通の要所」である小牧市の特徴や観光スポットなどを紹介していきたいと思います。

小牧市は、愛知県の北西部、名古屋市の北側に位置しているため交通の要所となりました。
濃尾平野のほぼ中央にあり、市の中部と西部は比較的平坦な地形が広がっていますが、東部と北部は丘陵地になっています。
人口は約150000人、約65000世帯で、交通の要所になってきたことや新興住宅地が建ったことで年々人口が増加しています。
主要産業は昔は稲作中心の農業でしたが、高速道路などが整備されたことや名古屋市の近くであることから積極的に工場誘致を行っています。
そのため、主要産業は工場産業です。
県営名古屋空港 、通称小牧空港があり、バスや電車などが交通網です。
このほかに、特に高速道路や都道府県道の整備がしっかりされています。
市立の医療機関である小牧市民病院が第3次医療機関として機能し、この他にも多くの病院・診療所が存在しているため、安心です。
イベントやスポーツ、レジャーなどに力を入れており、たくさんのイベントがあります。
例えば小牧山さくらまつり、桃花台まつり、田縣神社で行われる奇祭の豊年祭など…この他にも年間を通してたくさんのイベントが開かれています。
レジャー施設も豊富で、郊外型複合娯楽施設の小牧コロナワールド、小牧国際ボウル(ボウリング場)、市民温水プールなどがあります。
「名古屋コーチン」が名産です。
この他に、明治時代から栽培されている桃は日当たりの良い傾斜と赤玉によって全国でも人気の高いフルーツです。
いちじくやブドウ(巨峰やデラウエア)、梨や自然薯、えびいもなども特産品として扱われています。
かつて農業が栄えていた小牧市だからこそ、伝統の知識と技術を持って特産品の味を守っています。

工業で賑わっているとは言えど自然は豊か

工場産業を積極的に誘致しているとは言えど、まだまだ自然は豊かで自然とうまく共存を図っています。 また工場があるため、働く場所は多く、子どもが大きくなってから働きたいという家庭にもぴったりの街です。 さらに、子どもの教育にも熱心なため、安心して子どもを学校に任せられるという評判もあります。 愛知県の中では公共交通機関が整っている方で、利便性もよいです。また、徒歩圏内で色々揃うためアクセスに困ることはありません。 大型商業施設なども増えてきているおり、より生活が便利になっていく地域です。スポーツ施設や公園などが充実しているため、体を動かしたり出かけたりするにも便利な街です。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.