交通の要衝「中川区」の住まいで快適ライフ!

もともと、河川を中心として、交通の要衝であった「中川区」では、現代においても、鉄道・バス・幹線道路など交通網の整備が充実しています。通勤や通学に便利なベッドタウンである中川区について、住まい関連情報を含めてご案内してまいりましょう。

名古屋市中川区は、市内の16に分かれる行政区のひとつで、名古屋市内の西部に位置する、面積32.02km²のエリアです。
中川区内には、庄内川や新川など7つの河川が流れており、河川を多く持つ地形的特徴が中川区のシンボルマークにも反映されています。また、地名の由来となっているのは、昭和初期から水上交通の要衝として栄えていた「中川運河」からだと言われています。
現代における中川区内の公共交通網に関しても、鉄道・バス・幹線道路の整備はすべてにおいて充実しています。
鉄道に関しては、名古屋市内を東西に走っている市営地下鉄東山線が整備されているほか、JR東海道本線・関西本線や近鉄名古屋線といった長距離を結ぶ鉄道の整備もなされています。さらに、名古屋市営バスは、名古屋市内の各エリアを結ぶ重要な市民の交通手段として、重宝されています。幹線道路に関しても、南北方向に走っている名古屋環状2号線や、国道1号線、東西方向に走っている東名阪自動車道などが充実しています。
名古屋市の公式ホームページによると、2015年7月1日時点における中川区の人口は219,793人、総世帯数は95,484世帯となっています。
中川区内は、全体的に平坦な土地となっており、区内東部のエリアは、古くから続いている商店街と、中川運河沿いに広がる工業地帯や倉庫が並ぶ商工業地区となっています。
中川区の中央エリアは、区役所などの行政サービス機関が充実しています。また、市営地下鉄「高畑」駅周辺は、新たなショップやスーパーが立ち並ぶ商業区域となっており、常に進化し続けています。
中川区内の庄内川より西側にあたる西部エリアに関しては、土地区画整理が実施され、新たな宅地造成が進められています。名古屋市内に通勤・通学をされる方のベッドタウンとしても発展し続けており、単身者用からファミリー向けに至るまで、さまざまな間取りの一戸建て住居や賃貸・分譲用マンション・公営住宅が建設されています。
中川区における近鉄名古屋線「戸田」駅・「伏屋」駅・「烏森」駅周辺の新築一戸建ては、4LDKクラスで2000万円台から3000万円台となっています。また、地下鉄東山線「高畑」駅周辺の物件では、3LDKクラスで3000万円台後半が相場の目安となっています。※2015年8月1日時点。

街をあげて子どもを育てる環境が充実!

中川区には、地域ぐるみで子どもたちの健やかな成長を促進するための環境づくりが、区の取り組みのひとつとして企画されています。 例えば、「なかがわ子ども村」の催しでは、子どもたちのために、実際に区内の街が開放され、そのエリア内で買い物や出店体験を行い、社会経験を積む機会を得ることができます。 また、「富田地区ウォーキング大会」では、富田地区内の各学区を対象として、毎年ウォーキング・コースを変えて大会が実施され、それぞれの名所旧跡の魅力を発見し、区民の交流をはかる場として親しまれています。 「ソフトボール大会」などのスポーツ大会の支援に関しても、区が積極的に行っていることも特徴のひとつです。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.