海や山に恵まれた自然豊かな街、西尾市

愛知県の矢作川流域の南端に位置する西尾市は抹茶の生産が有名とされ、山や海に恵まれた豊かな自然のある街です。 自然の恩恵を受けた産業や工業が中心で、体験型の観光スポットやレジャー施設が豊富にあります。 この記事では西尾市の特徴や観光スポットなどを紹介していきたいと思います。

先述した通り、西尾市は矢作川流域の南端部に位置し山や海などの豊かな自然がある街です。八ツ面山や羽角山などの6つの山、9つの川が通っており、三河湾や知多湾などの海に面しています。
人口は2015年8月1日時点で約17万人、約6万世帯が暮らしています。
西尾市では住みよい街を作るためにアンケートを行っており、約78%の人が住み続けたいというくらい住みやすい、愛着の持てる地域です。 災害の少なさや自然が多いということ、愛着のある地域であることが主な理由に上がっています。
基本的な移動手段は車か、昼間はバスです。JRは通っておらず、名鉄(名古屋鉄道)のみが通っています。
そのため、西尾市は比較的車社会と言えるでしょう。
自然を使った遊びをするのには十分すぎるくらいの自然の豊かさです。
海あり、山ありのため、海水浴や潮干狩り、キャンプをしたりすることができます。この他に、西尾市は佐久島という島を保有しているため島遊びも可能です。 自然遊び以外にも、愛知こどもの国(総合遊園地)やホワイトウェイブ21(温水プールレジャー)、スケートリンクなどもありますし、ガラス作成などの体験ができる施設など体験型のレジャー施設も多いです。
イベントは西尾祇園祭(西尾まつり)を始めとした、4種類のイベントが毎年楽しめます。
交通の便改善のために、地自体がバスの運営助成金を支払っています。
そのため、昼間の交通の便はバスを利用すれば若干改善されつつあります。
医療制度は子ども医療制度という、指定された月齢の子どもの医療の自費負担分を支給し、同様に条件を満たした後期高齢者の医療自費負担を支給する後期高齢者福祉医療などがあり、子どもも高齢者も安心して病院を使える街です。
西尾市の名産といえば、やはり抹茶が第一で、日本の生産量の20%を占めています。この他に、うなぎや海苔の養殖、アサリなども有名です。
豊かな自然を利用して、綿スフ織物の生産が日本一であり、カーネーションやバラ、胡蝶蘭なども名産です。
観光地は、大規模な緑化ショッピングセンターである西尾市憩いの農園、西尾市バラ園、駿河工芸ガラス美術館などさまざまな観光スポットがあります。

子育てもしやすい街、西尾市

西尾市は自然が豊かな街で、たくさんの自然と触れ合うことができます。 また、子どもが色々なことを体験できる施設が多いことや、親同士の距離感も保たれているため、子育てがしやすく、お子さんがいる家庭やこれから子育てをしたいという家庭にもおすすめの地域です。 大型ショッピングセンターなどもあるため、車があれば買い物に不自由することはありません。 さらに、外食産業が盛んなため、飲食店が豊富です。一人暮らしの人から家庭を持つ人まで多くの人のニーズに合った飲食店が立ち並んでいます。 これらのこともあり、住みやすい街アンケートで78%もの人から住みやすいという回答を得ることができたのかもしれません。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.