九州最大の繁華街を持つ福岡市中央区

古くから商業の街として栄え、今でも多くの商店や飲食店が集う福岡市中央区は、居住区としても県内トップクラスの人気エリアです。ショッピングや食べ歩きなどさまざまな楽しみが揃い、市の中心的なアクセスポイントでもあるため多くの人が訪れています。

福岡市中央区は、九州における最大規模の繁華街と言われる天神を中心に、古くから商業地として発展を続けています。
九州一のファッションエリアとして人気が高く、九州圏内では天神にしか出店しないブランド店などを目当てに、他県から訪れる人も多数。国内にとどまらず、アジアに近い地理も功を奏して、海外からの買い物ツアーの対象ともなっている有名なショッピングスポットです。
住居エリアとしても注目度が高く、オフィスや店舗が多く集まる天神周辺以外のほとんどが住宅地であり、公園や交通網が整備されて住み良い環境が整っています。特に39.8haという広大な敷地を生かして作られている大濠公園は豊かな緑と水をたたえ、市民や観光客の憩いの場として機能。周辺地域は、中央区内でトップレベルの価格帯を誇る高級住宅街となっています。
天神や博多駅などの中心部へも、副都心として活気がある西新や香椎、大橋方面へも、区内どこからでもアクセスが良いのが利点。バスの本数と停留所の多さは福岡市内の中でも特に高く、日常の足に困らないことも、広い年代が好んで住居を構えるポイントとなっています。
子育て支援の助成や設備も整っており、市が運営する「こども総合相談センター」では子どもに関するさまざまな相談を受け付けて、子育てで悩む家族が孤立しないようサポートに努めています。
区内には多くの進学校があり、大手予備校や塾などが集中して教育環境が整っているのも特徴のひとつ。天神には大人が通えるサテライトキャンパスを開設している大学もあり、一生を通じて豊かな学びを得られるエリアです。
福岡市は食文化が豊かなことでも有名ですが、中央区には評判の良い飲食店が集まり、全国のグルメファンが訪れることでも知られています。夜になると路上に並ぶ屋台では、とんこつラーメンや焼きラーメンなどのご当地グルメを楽しむことができ、市民や出張・旅行で訪れた人たちが集う名物のひとつとして賑わいを見せています。

今も人口の増加が見られる福岡市中央区

175,000人の人口を抱える福岡市中央区(2014年現在)ですが、2000年から2006年までの5年間では10%もの増加率を見せ、今も他エリアから移り住む人が増え続けています。 区内の施設や都市環境は常に改善を目指して整えられており、六本松にある九州大学教育学部跡地は、その広い敷地を有効活用すべく開発計画がスタート。長く学生街として機能していた跡地周辺に、将来的には青少年科学館や九州大学法科大学院など、学びの場とともに複合商業施設や住宅等が建設される予定です。 六本松は地下鉄が乗り入れているアクセスの良いエリアで、再開発後には新たな住宅地として機能することが期待されています。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.