北九州市最大の人口を誇る行政区、八幡西区の魅力

北九州市八幡西区は、北九州市の副都心・黒崎地区を中心とする行政区です。北九州市を構成する7つの行政区の中でも最大の人口を誇り、その数は実に北九州市の約25%以上にものぼります。そんな素晴らしい住環境を持つ北九州市八幡西区の特徴とおすすめのスポットを紹介していきたいと思います。

北九州市は九州の最北端に位置し、福岡県の県庁所在地であり九州最大の都市である福岡市に次ぐ、県下第2位の人口を誇る政令指定都市です。その北九州市の西部に八幡西区があり、区の北側を東西に走るJR鹿児島本線及び、国道3号線に沿うように黒崎や折尾といった中心エリアが集まっているのが特徴です。また、黒崎駅からは中間市方面に向かう筑豊電鉄が、折尾駅からは北九州市若松区や直方市方面へアクセスできるJR筑豊本線が走っており、八幡西区近郊の交通の要所として機能しています。北九州市八幡西区の中心地区である黒崎駅の南側には、八幡西区役所や西部整備事務所、西部市税事務所、休日急患センターなどが入るコムシティや、大型デパートである黒崎井筒屋、駅前のアーケードのある商店街などがあり、行政や商業の中心となるエリアとなっています。また黒崎駅の北側、四大工業地帯の一つである北九州工業地帯の一角を担う洞海湾の沿岸部には、三菱化学などをはじめとする多くの企業が集まっています。居住エリアは八幡西区の西部から南部にかけて広がっており、折尾駅周辺を中心に多くの人が生活の拠点をこの場所に置いています。学生の街として知られる折尾駅近郊には、産業医科大学・九州共立大学・九州女子大学などをはじめとする多くの大学や、八幡西区エリアを代表する進学校である東筑高校など多くの学校が集まっています。また、折尾駅からのアクセスも可能な隣の若松区ひびきのにある北九州学術研究都市周辺は、都市機構による区画整理事業により大規模な開発が行われ、どんどん新しい住宅が増えており、近年、八幡西区のみならず北九州市においても一番の盛り上がりを見せるエリアとなっています。八幡西区内には、JCHO九州病院や産業医科大学病院といった大きな医療機関、ギラヴァンツ北九州のホームスタジアムでもある本城陸上競技場や的場池野球場といったスポーツ施設、瀬板の森公園といった大きな公園など生活を豊かにしてくれる施設が充実しており、住環境の整った人気の高いエリアとなっています。

ますます注目度の高まる八幡西区をご検討ください

このように多くの魅力が集まる北九州市八幡西区は、素晴らしい住環境の整った人気のエリアとなっています。特に、北九州学術研究都市周辺を中心とするエリアはどんどん街が広がっており、上記でご紹介した他にも、カーニバルなどのスーパーマーケットやコメダ珈琲店などの飲食店、雑貨屋、美容室など多くのお店が次々と新しく建てられ、さらなる賑わいを見せています。このエリアを中心に、今後ますます八幡西区への注目度は高くなっていくでしょう。もし、あなたが北九州市への移住をご検討中なら、八幡西区を候補地の一つとして加えてみてはいかがでしょうか。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.