自然に恵まれた福島第一の経済都市・郡山市

郡山市は、空港や高速道路といった交通網の集結地です。その地の利を生かし、福島の経済の中心となっています。一方、周囲を布引高原や安達太良山をはじめとする豊かな自然で囲まれているため、自然と利便性のバランスがとれた住みやすい街となっています。

郡山市は福島の経済の拠点です。商業事業所数、年間商品販売額ともに福島県1位です。人口は、福島県では第1位、東北地方では仙台に次ぐ第2位です。首都圏から新幹線で約80分という時間でアクセスすることができるほか、主要な鉄道や自動車道が市域で交差しているため、「陸の港」とも称されます。中核市にも指定されており、郡山駅周辺を中心にビルが建ち並ぶ都市ですが、市域には、奥羽山脈や猪苗代湖といった自然環境がいまも息づいています。 市域は安住平野及び郡山盆地に広がっています。しかし、典型的な盆地型の気候ではなく、加えて湿度は低くなっています。また、1年を通して風が吹くため、夏は比較的過ごしやすくなっており、冬の冷え込みも他の東北地方と比べて厳しいものではありません。 経済都市郡山は、商品や情報、知識の交流点となるべく、コンベンション都市を目指し、展示会や学会の誘致などに力を入れています。こうした取り組みによって、郡山市に訪れる人の数を増やし、地域をさらに振興させることが市のねらいです。 また、市は民営の事業所数も福島1位を誇っています。こうした長所をさらに伸ばすために、産業振興およびベンチャー企業への支援にも精力的です。近年最も精力的なのは、国、県がともに手を携えて取り組む再生可能エネルギー、医療産業分野です。 再生可能エネルギーは、先の東日本大震災による被害のことを考慮したものであり、どちらも雇用創出・経済振興の点で復興の柱となっているものです。 また、郡山市は子育てのしやすい街でもあります。そのシンボルとなっているのが「郡山市こども総合支援センター」です。福祉・教育・保険といった、子育てに必要な支援を包括的に受けられる施設で、建物の1階から5階がすべて子育てと子どものためのスペースになっています。地域住民の方からは「ニコニコこども館」という愛称で親しまれています。毎月第3土曜日とその翌日以外は毎日開館しているのもうれしいですね。

自然に恵まれた経済都市・郡山市の教育

郡山市は経済都市としての豊かな財源を生かし、先進的な教育への取り組みや、自然環境へ配慮した都市機能の創設に積極的に取り組んでいます。2015年度には市内の全小中学校にタブレット端末が配備されて全校に導入されています。 また、小中学校の区単位で研修会を定期的に行い、各校で行われている指導方法の共有、実践報告などを行い、市全体で子どもたちの学力向上に取り組んでいます。 加えて、市教育委員会は、保護者向けに教育施策についての説明を行い、意見交換を行う「地域教育懇談会」を実施しています。こうした取り組みにより、子どもたちの学習の場が学校に限定されるのではなく、家庭、地域といった広範囲・包括的な教育を実践することが可能になっています。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.