市最多人口の文教都市、広島市安佐南区

広島市安佐南区は、大学や高校など多くの学校があり、教育に力を入れている地域としての一面を持つ行政区です。そして広島市最多の人口を抱える区としても知られています。この安佐南区にはどんな魅力があるのか、紹介していきます。

1960年台後半から大規模な住宅開発によって人口が増加し、広島市で最大の人口である約24万人まで拡大した都市、広島市安佐南区。都会化が進みながらも自然や歴史的建造物を残す昔ながらの一面も見せてくれる豊かな街並みが特徴的です。
区のシンボルマークは万年筆のペン先を模したようなデザインになっており、文化と教育に根ざした街であることを表しています。そのことを証明するように、区内には多くの学校があります。
1994年に創立された広島市立大学、その他にも長い歴史を持つ広島修道大学、広島経済大学など、いくつもの大学が立ち並んでいます。さらに区内だけで中学校は14校、小学校に至っては26校もあり、幼稚園や保育園まで含めるとかなりの数があります。人口が多いことが要因でもありますが、このように教育に熱心なまちづくりが行われています。そのため、区内は学生の街といってもいいほど、学生が多いのも特徴です。
都市であるため交通の便は多く、鉄道はJR可部線があり、さらに広島高速鉄道・アストラムラインという従来の電車とはまた違った新しいタイプの交通システムも導入されています。高速道路は山陽自動車道、広島自動車道などが通っており、遠方からのアクセスにも対応しています。
そして、広島県の特産品である「広島菜漬」が生産されているのも安佐南区です。九州の高菜、信州の野沢菜と並び、日本三大漬け菜として有名、安佐南区の川内という地域の農業によって採れた新鮮な野菜を使って作られています。このように近代的な都市感がありつつも一部では自然を残しているのが他の街とは違うポイントです。
都市ならではの大型商業施設もあり、中でも象徴的な「フジグラン緑井・緑井スカイステージ」は、居住棟とショッピングセンター、そしてシネマコンプレックスが一体となった複合商業施設です。他にも大規模ショッピングセンターである「イオンモール広島祇園」や「ゆめタウン祇園」などのショッピングセンターもあります。

学生の未来が期待される安佐南区

広島市の中心地とも言える安佐南区は、多くの学生が勉強に励み、それを応援するようにまちづくりが行われています。区が主催する学生向けの企業説明会などの催し物も多くあり、学生にとっては心強い街になっています。そして都市ならではの規模を生かし、大型の商業施設が並び、新しい交通システムが導入されるなどして、人々の暮らしがどんどん豊かになっています。その中でも農業が盛んで、神社や寺院といった建造物もしっかりと保存しているところも素晴らしい特徴です。より高度な発展を目指す近代化だけでなく、歴史的なものも重んじる姿勢もあり、融和性の高い街であるといえます。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.