自然が近い暮らしが可能な広島市西区

広島市西区は市を構成する8行政区のうちのひとつです。 緑あふれる住宅地の間に商業施設が所在し、工業や商業の発達、また産業の流通における重要拠点となっています。 ここでは広島市西区の魅力と特徴をご紹介したいと思います。

広島市西区は市内8つの行政区のうちのひとつです。
広島市内南西部に位置しており、東は天満川、西には八幡川という2つの川に挟まれた場所で、面積はおおよそ35.7km²、人口は約18.8万人ほどとなっています。 
1980年に、広島市が政令指定都市に移行した際に西区として発足しました。
かつての広島市の一部であり、1956年ごろまでに広島市に編入・合併された安佐郡三篠町、佐伯郡己斐町、草津町、古田村、井口村などの旧町村域が大部分を占め、旧市内と区別される西半部を構成する地域です。
比較的古くから宅地化が進められてきましたが、現在も住宅地のあいだには寺社が点在している状態が広く残っています。
また、三滝山などは自然散策コースとして多くの人が訪れるスポットとなっています。
区の中央には太田川放水路が流れており、三滝山から鈴ヶ峰周辺へと連なる山に囲まれた恵まれた自然環境下にあり、かつて広がっていた西国街道沿いの街並みや、三瀧寺などの歴史的文化資源も豊かに存在しています。
東部には住宅地と商業工業機能が複合している市街地が造られており、西部には緑豊かな山地丘陵が広がり、充実した住宅街が形成されています。
己斐地区および横川地区は、主に交通ターミナル機能や商業機能を生かした地域の拠点として、そして西部商工センター地区はトラックターミナル、中央卸売市場など、一大流通団地や商業街区を擁する市の経済と流通のひとつの拠点として、さらなる発展も期待されているエリアです。
東の中広地区からは、広域拠点でもある西風新都に向けて、広島高速4号線(別称広島西風新都線)が通っています。
北西部の竜王地区には、市の中心部を望める総合公園(竜王公園)が整備されており、太田川放水路の河川敷の運動公園とともに市民のレクリエーションスポットや、憩いの場として広く利用されている場所があります。
そして、南東部の南観音地区はウォーターフロントとして、ヨットハーバーや商業施設が設置されており、多くの人が訪れる賑わいのある場所の形成が進められています。

広島市西区にある他のスポット

このように、住宅地を中心に区民の暮らしの拠点として広く利用されている広島市西区には他にも魅力溢れるスポットがあります。 コカ・コーラウエスト広島スタジアムは、広島県総合グランドメインスタジアムという正式名称で、西区に所在する広島県総合グランドの敷地内にある陸上競技場です。 通称を広島スタジアムといい、施設の命名権がコカ・コーラウエストホールディングスへと売却されたために、2008年より「コカ・コーラウエスト広島スタジアム」と新たに名付けられました。 かつてはJリーグのサンフレッチェ広島のホームスタジアムでしたが、現在は天皇杯や皇后杯など全国規模の大会、全広島サッカー選手権大会、高円宮杯U-18プリンスリーグ中国などの地方規模の大会や、広島県サッカー協会主催のサッカー公式戦会場として利用されています。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.