札幌そして北海道の中枢を担う「札幌市中央区」

北の大都市、札幌市の最も中心部に位置する中央区。商業・行政・文化など札幌市のさまざまな機能の中心を担います。活気あふれる都会的な街並みと美しい自然とが共存しているエリア、札幌市中央区についてご紹介します。

札幌市中央区は市の最も中心部に位置し、市の人口約190万のうちの約24万人が暮らしている区です。東西に長い地形をしているため、ビルが立ち並ぶ都心部や市内を一望できる藻岩山や円山といった自然豊かなエリアなど、さまざまな表情をもっている区でもあります。

道内各方面からの列車の玄関口として1日に約9万人の人が利用するJR札幌駅があるほか、市営地下鉄3路線が中央区内を通るため、中央区には10を超える地下鉄駅が存在するほか、市営の路面電車も往来しています。また、市内をはじめ札幌近郊や都市間を結ぶバスターミナルもあり、札幌の交通の拠点にもなっている区です。

自然と都市機能が共存している街並みも魅力で、市民や観光客の憩いの場として知られ四季を通して多くのイベントが開催される大通公園や、札幌まつりでにぎわう中島公園、また動物園や北海道神宮とも隣接した円山公園など、緑の豊かな大型公園を有しています。

明治時代、計画的に街づくりがすすめられたことから、中心部の街並みはきれいな碁盤の目状に整備され、大通や駅前通りには区画に沿って商業施設や大型ビルが建ち並んでいます。札幌中心部のシンボルでもある札幌テレビ塔の展望台からは、その美しい街並みを眼下に確かめることができるでしょう。JR札幌駅周辺と地下鉄大通駅周辺は、大型のファッションビルやデパートが並び、多くの人で賑わう札幌の一大ショッピングエリアです。札幌駅と大通駅は、地下歩行空間と呼ばれる地下通路で結ばれているほか、中心部には二つの地下街があり、全国有数の歓楽街として知られるすすきの方面とも地下で結ばれています。そのため、このエリアでは雪の降る冬期間でも快適な往来が可能です。 また中央区内には、明治時代の歴史的建造物も多く残されています。当時は演舞場として建設された札幌時計台をはじめ、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)、開拓使が洋風ホテルとして建設した豊平館など、明治時代の美しい建築様式が随所に見られ、いずれも国の重要文化財に指定されています。

さまざまな年代に住みよい環境が備わったエリア

札幌市中央区は、地下鉄、市営電車、バス、JRなどの公共の交通手段が整い、大通など市内中心部へも移動しやすい環境にあります。また、地下鉄駅周辺や幹線道路沿いには日常生活の買い物に利用できるスーパーマーケットや商業施設、または医療機関が点在しているため、一人暮らしからファミリーにまで、住環境にもすぐれていると言えます。2015年度末には、北海道新幹線が道南の函館まで延伸の予定となっており、札幌中心部への人の往来も今後さらに多くなることが予想できます。札幌市の多くの機能を担う中枢の区として、ますます便利に、さらに魅力ある街づくりがすすめられることが望まれています。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.