少林寺拳法の総本山を抱える仲多度郡多度津町

仲多度郡多度津町は香川県中部に位置する人口2.3万人程度の町です。 JR四国の始点、そして少林寺拳法の総本山があることでも全国的に知られています。 ここではそんな仲多度郡多度津町の魅力溢れる特徴をご紹介していきます。

香川県仲多度郡多度津町は、古くから海上と陸上両方の交通の要所として栄えており、現在もJR四国土讃線の起点とされる多度津駅などもあります。 また、少林寺拳法の総本山総本部があることでも有名です。
香川県の中ほどに位置しており、南は讃岐平野と、北は瀬戸内海国立公園にそれぞれ隣接しています。
塩飽諸島の高見島、佐柳島も瀬戸内海の行政区部内として管轄されています。
明治22年に丸亀琴平間の約15.5kmに、国鉄であり後にJRとなった路線の中では四国で初めての鉄道が通され、四国鉄道発祥の地としても広く知られています。
町の総面積は約24km²で、そのうち島嶼部は約4km²強です。
町の人口はおよそ2.3万人程度で、ここ数十年の間に緩やかに増加してきています。
古くから天然の良港として機能し、港を中心に発達てきました。
明治に入ってから、四国最初の鉄道が開通したことにより、鉄道と港両方の利点を生かした西讃交通の要衝として発展を遂げてきました。
昭和の臨海土地造成事業を受けて、近代工業都市へと年々変貌を遂げてきています。
明治23年に多度津村と新町村を併せることで多度津町は誕生しました。その後1942年には豊原村と、1954年に四箇村と白方村、1956年に高見島村と佐柳島村を合併する経緯を経て、いまの町に至ります。
交通機関としてはJR多度津駅へは岡山駅より50分、大阪駅より2時間、高松空港からも約50分程度です。
大正13年から1963年までは琴平参宮電鉄多度津線も運行されていましたが、現在はJR四国予讃線と土讃線のみが運行されており、町内にある駅は多度津駅と海岸寺駅(予讃線のみ)の2つです。
道路網では国道11号線が唯一の国道で、他は県道が複数通っています。
航路では塩飽諸島(高見島・佐柳島)へフェリーが通っており、三洋汽船が運航しています。
四国横断自動車道善通寺ICから車で10分程度となっています。

仲多度郡多度津町の公共施設について

瀬戸内の豊かな海と自然、特色ある歴史に恵まれた仲多度郡多度津町での暮らしに必須である公共施設についてもご紹介しましょう。 多度津町にある図書館は町立明徳会図書館と名付けられています。 幼少期から本を身近に親しんでもらうための事業として、また地域住民が教養や文化を高めることを目的として図書を選定、継続的に提供するために開設されています。 多津町民会館は、多度津町の文化の中心施設として1991年から利用され、劇団四季のファミリーミュージカルをはじめ、クラシック演奏会など音楽会が年間を通じて随時開催されています。 リハーサル室、楽屋室、会議室などがあり、比較的低料金で利用できるのも魅力です。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.