自然を活かした観光都市と暮らしやすい環境が魅力の藤沢市

南部を相模湾と接する藤沢市は、湘南エリアの中心地として親しまれています。穏やかな気候と自然環境が共存する過ごしやすいまちであり、人口が多いエリアとしても知られています。ビーチバレー発祥の地としても知られる藤沢市は、観光スポットやレジャースポットに恵まれ、多くの観光客が訪れる人気のエリアです。

神奈川県のほぼ中央に位置する藤沢市は、市域全体に住宅地が広がっています。市内のほぼ中央を小田急江ノ島線が南北に走る藤沢市は、東海道本線など交通網が発達しており、横浜市など多方面へのアクセスがしやすいエリアです。古くから東京のベッドタウンとして発展してきた藤沢市は42万人を超える人口を誇り、暮らしやすい環境として人気があります。市の中心部は藤沢駅であり、駅の周辺にはさいか屋藤沢店や小田急百貨店藤沢店、藤沢オーパなどさまざまな大型商業施設が集中しているのが特徴です。また藤沢駅南口側には飲食店が多く立ち並び、賑やかな繁華街が広がっています。
国道47号線沿いなど市内の各地には、湘南ライフタウンショッピングセンターなど郊外型ショッピングセンターが点在しており、お買い物には困りません。
他にも慶應義塾大学や日本大学など名門大学のキャンパスが多くあり、文教都市としての性格も兼ね備えています。
北部には、緑地など自然が残された場所があるのが特徴で、長久保公園都市緑化植物園など都市の中でも緑豊かな自然に触れられるまちづくりが進められています。また広大な土地を利用して、いすゞ自動車藤沢工場など工業が盛んなエリアです。
相模湾に接する南部エリアは、湘南の名で親しまれ、片瀬西浜海水浴場などレジャーが充実しており、多くの人々が訪れます。比較的穏やかな気候に恵まれ、過ごしやすい藤沢市は古くから要人の別荘地として親しまれており、文豪芥川龍之介や芸術家岸田劉生が創作活動を行った地としても知られています。また「東洋のマイアミビーチ」の異名が表すとおり、海岸部ではサーフィンなどのマリンスポーツを楽しめるのが特徴で、観光都市として発展してきました。新江ノ島水族館など人気スポットもあり、年間を通して観光を楽しめるのが魅力です。
暮らしに必要な施設と豊かな自然環境を兼ね備える藤沢市は、利便性が高く住みよい町として人気の高いエリアです。

藤沢市の今後、より豊かで住みよい環境を目指して

藤沢市は日本最古の市民オペラを行ったことでも知られています。オペラコンクールの主催やプロのソリストを招いた公演など、藤沢市民オペラは現在も活動を継続しており、芸術文化事業が活発なエリアです。観光産業が盛んな藤沢市では、市の経済のさらなる活性化を目指し、ふじさわ元気バザールなどのイベントを開催しています。またリサイクルプラザ藤沢フェアなど、次世代を担う子どもたちに環境への関心を持ってもらうべく、啓蒙活動を活発に行っているのが特徴です。市内北側に位置する厚木基地の騒音問題に対する取り組みなど、より住みよい環境を目指し、市を挙げたまちづくりを行っています。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.