美しい自然があふれるニュータウン、堺市南区

大阪府堺市南区は、美しい自然があふれるスポットが特徴的な街です。大阪府が計画・建設したニュータウンである「泉北ニュータウン」の地域としても有名で、郊外の市街地ならではの落ち着いた街並みと、緑豊かな公園や神社などが調和した空気感が特徴的です。

南区は、名前の通りに大阪府堺市の南に位置しており、丘陵地や農地などが多く見られる人口約14万人の地域です。また、「泉北ニュータウン」をはじめとする市街地が広がる場所もあり、商業施設などが立ち並ぶようなにぎやかな街並みを見ることもできます。このように、南区は都市的な側面と自然が融合した快適で住みやすいエリアになっています。
区内の地理は、石津川と和田川の侵食でできた上神谷・和田谷と呼ばれる2つの谷によって、泉ヶ丘・栂・光明池という3つの地区が分かれています。
特筆すべきは、昔から地域住民の人々に大切にされ、今も残る貴重な自然環境です。代表的なものとしては、甲子園8個分もの広さがある「ハーベストの丘」があります。「ハーベストの丘」は、季節によってチューリップ、バラ、あじさい、ヒマワリ、コスモスなどさまざまな花を鑑賞して楽しむことができる花畑をはじめ、ひつじやヤギなどとふれあうことができる動物広場、さらに観覧車やボート池など充実した施設が用意された農業公園です。他には、春になると約1600本もの桜を見ることができる「西原公園」、多くの種類の梅林が咲き誇る「荒山公園」、子どもから大人まで森林体験を楽しめる「堺自然ふれあいの森」など、自然とふれあうことができるスポットがたくさん残されています。
自然以外にも区民によって大事に受け継がれてきたものがあります。それは、堺市内唯一の国宝である「桜井神社」です。通り抜けができるようになっている風変わりな「割拝殿」の建物が国宝に指定されており、参拝者の目を引きます。また、「桜井神社」で奉納されるまつりである「上神谷のこおどり」は国選択・府無形文化財として指定されており、昔ながらの貴重な踊りを見ることができます。
自然あふれる場所や伝統的な観光スポットの他には、市街地に並ぶ商業施設があります。高島屋などのデパートは有名ですが、「クロスモール」という大型のショッピングモールがあり、飲食店やアパレル店、さらに映画館も用意されており、にぎわいを見せています。
鉄道の中心となる駅は「泉ヶ丘」駅です。区内には泉北高速鉄道が走り、泉ヶ丘・栂・光明池といった地区を繋いでいます。

自然の豊かさと共存する街

堺市の中でも特に自然豊かな地区が盛んな南区。訪れることがあれば、都市部では味わうことのできない自然体験をぜひ一度身体で感じてみると良いでしょう。また、自然だけではなく歴史的な建造物などの文化財も長い期間に渡って保存され続けているところも魅力的です。国宝である「桜井神社」の他にも「法道寺食堂・多宝塔」、「多治速比売神社本殿」、「源氏物語図」、「星曼荼羅図」など、貴重な文化財が多くあるのも見所。2009年以降は人口が減少気味ではありますが、自然と歴史を大切にし後世へ受け継いでいく、という人々の姿勢が今後の堺市南区をより豊かな街にしていくことでしょう。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.