歴史と文化が息づく人気の観光地

年間600万人以上の観光客が訪れる人気の都市、川越市。歴史や文化を堪能できる観光スポットが数多くあります。また、川越祭りは大規模なイベントで、市外からも多くの見物客が訪れます。そんな川越市の特徴や施設などについてご紹介します。不動産や賃貸選びの参考にされてみてください。

川越市は、武蔵野台地の東北端に位置する都市で、人口は34万人以上にものぼります。 東京都心からは約30kmの首都圏に位置しており、ベッドダウンとして機能する一方で、近郊農業や流通業、商工業、観光産業など様々な都市機能を有しており、埼玉県南西部の中心都市になっています。そのため、さいたま地方法務局や川越県税事務所など、国や県の出先機関が集中しています。 また、埼玉県有数の工業都市でもあり、機械類の生産や化学工業が多く、自動車部品や食品、化粧品など様々なジャンルの工場があります。農業は近郊農業が盛んで、特に紅赤と呼ばれるさつまいもや、県内有数の収穫量を誇るカブや枝豆、ほうれん草などの栽培を行っています。福原や大東周辺では葉物野菜を、山田や芳野、名細などでは稲作が盛んです。川江戸ブランド産品を認定する制度があり、小江戸川越地鶏や小江戸川越黒豚などを飼育しています。 川越駅の東側には、商店街が広がっており、平日でも学生や高齢者など数多くの人で賑わっています。 市内には、東洋大学や東京国際大学、埼玉医科大学など5つの大学のキャンパスをはじめ、教育機関が充実しています。市内の大学は、彩の国大学コンソーシアムを結んで、埼玉県西部にキャンパスのある18の大学間で公開講座や単位互換制度を実施しています。 図書館や博物館、美術館などの文化施設や、映画館、ゴルフ場などレジャー施設も充実しています。 東武東上本線や川越線、西武新宿線が乗り入れる鉄道駅が、川越駅を中心に10以上も配置されています。各駅の近くには、市営駐輪場があり、パークアイランドが整備されているので通勤や通学に便利な環境です。さらに、4つの路線バスに加え、2つの市内観光バスや20以上もの高速バスも運行されています。そのため、近場へのお出掛けに限らず、東京や千葉、富山など遠方へのアクセスにも便利です。 川越一番街を中心に、1999年度グッドデザイン賞(アーバンデザイン賞)を受賞しており、町並み委員会によって街並み保存の活動が行われています

海外からも人気の観光スポットと江戸時代から続く名産品

川越市は、国賓に日本の代表的な町並みとして紹介された経歴もあります。また、観光ルネサンス事業にも指定されており、外国人富裕層の誘致促進を行っています。外国からの観光客に向けたPVのコンペも開催されており、優秀作品は海外へと配信しています。また、小江戸川越検定を開催しており、多くの人が受験しています。名産品はさつまいもや和菓子、川越団子、川越茶などです。特にさつまいもは、江戸時代からの特産品で、さつまいもを使った芋菓子は埼玉三大銘菓になっています。他にも芋うどんや芋おこわなどさつまいもを使った様々な料理やお菓子が開発され、市民や観光客に人気です。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.