自然と産業が織りなす街、浜松市南区

浜松市南区は砂丘や海、植物など自然環境が豊かな地域でありながら、農業はもちろんのこと製造や運輸関係などの工業も発達しており、それらがうまく共存しています。 また、外国人が多いことでも有名で国際色も豊かです。このような浜松市南区の特徴や観光スポットなどを紹介していきます。

浜松市南区は海に面しており、豊かな自然と工業地帯がうまく共存している地域であることは先述しました。
遠州灘海浜や天竜川の河口付近では、アカウミガメや野鳥、海浜植物などが見られ、風による美しい曲線が見られる中田島砂丘なども存在し、自然が豊富です。
工業は大企業から中小企業まで多くの製造・運輸関係の企業が存在し、製造品出荷額は浜松市全体の約20%を占めています。
農業も盛んに行われており、農地は区の面積の半分を占め、稲やエシャレット、たまねぎやさつまいもなどが主な特産品です。
人口は約10万人で約37000世帯が暮らしています。そのうち約3.5%は外国人で、ブラジル人、中国人、ペルー人、フィリピン人が多く住んでいます。
遠州浜町においては小学校の児童の約3割が外国人のため、国際色が豊かです。
小学校数や中学校数も多く、高校は2校存在しています。
浜松市南区は児童や乳幼児、高齢者に対する助成制度なども扱っており、負担を軽減しようという姿勢が見られます。
大きな病院は医療法人社団綾和会が運営する浜松南病院や医療法人社団あずま会が経営する浜松東病院、医療法人好生会の三方原病院や医療法人弘遠会のすずかけセントラル病院の4つが中核的な医療を担っている病院です。
交通面は駅がJR東海道線のみになりますので、車が生活の中心となります。
浜松まつりと言われるゴールデンウィーク中に行われる大凧をあげるイベントや日本3大砂丘のひとつである中田島砂丘などが観光スポットとして有名であり、この他にも車が作成される工程を展示したスズキ歴史館や日帰り温泉を楽しむことができる遠州浜天然温泉「八扇乃湯」などもあるため観光スポットも豊富な地域です。

自然やさまざまな商業が調和している街

豊かな自然、工業地域、農業や商業が融合し調和している浜松市南区。 医療制度や住みやすい街づくりを行っているため、住みやすい地域です。 浜松市南区は明治時代の英国難破船ジェームズ・ペイトン号の救出でも知られ、当時欧米人へあまり良い感情を持っていなかったのにも関わらず勇敢な行動がイギリスやオーストラリアの新聞で評価されました。

任意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県に関連する情報

もっと見る

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.