• 2015/12/17
  • PR

庭の樹木、どれくらいで剪定するべき?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
20151217 sentei

庭を持つ家では、植えられている樹木の管理が必要です。庭の樹木を剪定する重要さや、心がけたい剪定の周期など、基本的な知識は持っておいて損はありません。これらの樹木の剪定に関する情報をご紹介します。

そもそも庭の樹木に剪定は必要?

庭に植えられている樹木は生き物であり、成長を続けています。そのため、樹木の変化に合わせて管理が必要です。そもそも剪定が必要かどうかの疑問はあるものの、庭の環境の維持には実は欠かせないものです。剪定を行う目的には、美観を維持する効果があります。自然に伸びた枝葉は、見た目によくありません。またさらに別の理由として、機能面の理由もあります。成長を続けた枝葉が敷地外にまで広がり、周囲の交通に不便を生じるのは問題です。庭の管理者の責任として、きちんとした剪定が求められます。その他、剪定の重要な目的として、樹木の成長を助ける要素が大きいです。きちんと樹木の手入れを行わないと、害虫の発生リスクが高まります。また地面に近い植物に太陽の光を当てるためにも、樹木の手入れは必要です。庭木を剪定するメリットを知ると、その重要性の高さがよく分かります。

どれくらいの周期で剪定?

庭の樹木を剪定するには、効果的な周期を把握するのが有効です。タイミングに合わせて手入れを行えば、管理の手間やコストを最小限に抑えられます。木々は、自然のサイクルにより成長します。そこで、庭木の剪定を行う周期として、少なくとも1年に一度のタイミングで実施した方がいいでしょう。一般的には、冬と夏が剪定の時期にあたります。基本的な手入れは冬の間に行い、また夏を迎えた頃に軽い剪定を実施するのが標準的です。加えて必要であれば、春や秋の時期にも手入れの作業を実施することもあります。庭の樹木の剪定について詳しい知識を持たなくとも、専門業者に任せれば確実です。樹木に合わせての適切な手入れが必要なため、専門知識を持った庭師に依頼し、定期的な周期で作業を行うと庭が整えられます。こうして、手入れの周期に合わせて作業を実施することが毎年の積み重ねとなり、庭の美しい景観が守られます。

ライター/ヨムーノ編集部
Large
ヨムーノ編集部

暮らしと住まいの情報マガジン「ヨムーノ」の編集部スタッフがお届けしています。
https://twitter.com/yomu_no
https://www.instagram.com/ouccino.jp/

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事