【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】

「六本木」、「田園調布」、「軽井沢」、「湘南」、「無人島」…○○に住んでいそうな有名人ランキング!

  • 2018年03月05日更新

この度、オウチーノ総研(株式会社オウチーノ/本社:東京都港区/代表:井端純一)は、都心の一等地や、高級住宅街、有名別荘地など、庶民ではなかなか住めない憧れの地に住んでいそうな有名人のイメージ調査を行いました。対象は20歳~69歳男女、725名。結果、「六本木の超高層タワーマンション」に住んでいそうな有名人の第1位は元祖ヒルズ族「堀江貴文」、「田園調布の豪邸」はミスターこと「長嶋茂雄」、「軽井沢の別荘」は国民的女優「吉永小百合」、「湘南の海岸沿いの家」はサザンオールスターズ「桑田佳祐」、そして「無人島」にはよゐこ「濱口優」が選ばれました。

六本木の超高層タワーマンションに住んでいそうな有名人TOP5

木の超高層タワーマンションに住んでいそうな有名人TOP5">いつの時代も華やかなイメージを持つ六本木。そんな「六本木」の超高層タワーマンションに住んでいそうな有名人で第1位に選ばれたのは、2000年代に流行語にもなった「ヒルズ族」の代表格であった、ホリエモンこと「堀江貴文」。理由を聞いてみると、「六本木ヒルズのイメージが未だ拭えないから。」(41歳/男性)、「事実、住んでいたから」(51歳/女性)という回答が多く挙がりました。ここ2年近くは、六本木ヒルズではなく刑務所で生活を送っていたホリエモンだが、やはりメディアを賑わせていた時期のイメージが未だ強く残っているようです。
第2位以降は「叶姉妹」、「GACKT」、「石田純一」、「神田うの」が続きました。「セレブ」(24歳/女性)、「高級な場所が似合う」(27歳/男性)、「お金を持っていそう」(64歳/男性)といったイメージを持つ有名人が顔を揃えました。
また、こちらは少数派意見でしたが、「ネオヒルズ族」と言われる「与沢翼」や、「おじさんに買ってもらって住んでいそうなイメージ」(29歳/女性)といった理由で「壇蜜」の名前も挙がりました。

田園調布の豪邸に住んでいそうな有名人TOP5

田園調布の豪邸に住んでいそうな有名人TOP5次は、東の「高級住宅街」の代表、「田園調布」に住んでいそうな有名人を聞きました。第1位は、読売ジャイアンツ終身名誉監督「長嶋茂雄」。今年、国民栄誉賞を受賞した「ミスター」は、「住んでいそう」というよりは、「実際に住んでると聞いたことがあるから」(38歳/女性)といった声が多く挙がりました。
第2位は、「お金持ちそう」(26歳/女性)、「リッチな雰囲気が似合うので」(31歳/女性)などの理由で「デヴィ夫人」がランクイン。
第3位に選ばれたのは「タモリ」。多忙でありながら、「ゆったりした生活をしていそう」(45歳/男性)という「タモリ」のイメージが、23区内でありながら都会の喧騒から離れた「田園調布」のイメージと重なったのかもしれません。
第4位「北島三郎」は、「後輩たちの面倒をみるための大豪邸を持っていそう」(50歳/男性)と、多くの弟子や後輩を持つ「北島三郎」ならではの意見もありました。
同じく第4位は「お金持ちそうだから」(62歳/女性)、「一戸建ての豪邸に住んでいるイメージ」(47歳/女性)などの理由から、「高橋英樹」の名前が挙がりました。

軽井沢の別荘に住んでいそうな有名人 TOP5

軽井沢の別荘に住んでいそうな有名人 TOP5次に、日本の代表的避暑地である「軽井沢」の別荘に住んでいそうな有名人を聞いてみました。第1位は国民的女優、「吉永小百合」。「ちょっと都会から離れて生活を楽しんでいそう」(62歳/女性)というイメージと、軽井沢のゆとりある優雅なイメージが合致したのでしょう。
名誉ソムリエであり、ワイン好きであることが広く知られている第2位の「川島なお美」は、「軽井沢の別荘でワインを飲んで過ごしていそう」(29歳/女性)などといった理由からランクイン。
一方、第3位の所ジョージは、「アウトドア&自然が好きそう」(38歳/女性)というアクティブなイメージからランクインしています。
第4位、第5位は、「田園調布の豪邸に住んでいそうな有名人」にもランクインした、「デヴィ夫人」と「高橋英樹」が選ばれています。
また、5位圏外ではあるが、「軽井沢はテニスのイメージだから」(54歳/女性)という理由で、元プロテニスプレイヤーの「松岡修造」の名前を挙げた人もいました。

湘南の海岸沿いの家に住んでいそうな有名人 TOP5

湘南の海岸沿いの家に住んでいそうな有名人 TOP5次は、「湘南」の海岸沿いの家に住んでいそうな有名人を聞きました。第1位は、2位に圧倒的な差をつけて、サザンオールスターズの「桑田佳祐」が選ばれました。サザンオールスターズは、2009年以降、活動を無期限休止していましたが、デビュー35周年の今年、活動を再開し、地元・茅ヶ崎でのライブも行っています。曲中に多数、湘南の地名が出てきたり、茅ヶ崎には「サザンビーチ」という名を冠したビーチが存在するなど、「湘南といえばサザン」(46歳/女性)、「桑田さんしか思いつきません」(47歳/男性)」という人も多いようです。
第2位に選ばれたのは「加山雄三」。「元祖湘南ボーイ」(55歳/女性)として、特に50代以上からの支持を多く集めました。
第3位「木村拓哉(SMAP)」、第5位「山口達也(TOKIO)」は、「サーフィンをやるから」(25歳/男性)といったイメージが強く、ランクインしたようです。
第4位はTUBEの「前田亘輝」。「海と言えば夏。夏といえばTUBEだから」(34歳/女性)、「夏の歌を歌う人だから」(59歳/女性)と、曲のイメージから連想する人が多くいました。

無人島に住んでいそうな有名人 TOP5

無人島に住んでいそうな有名人 TOP5最後に、「無人島」に住んでいそうな有名人を聞きました。ダントツで第1位に選ばれたのは、よゐこの「濱口優」。選ばれた理由としてはやはり、「『いきなり!黄金伝説。』のイメージから」(30歳/女性)という意見がほとんどでした。
第2位の「なすび」も、「『電波少年的懸賞生活』時代のイメージがある」(41歳/男性)と、15年近く前のTV番組の印象が未だ強いようです。
第3位「武井壮」と第4位「小島よしお」は、「どこででも生きられそうだから」(29歳/女性)、第5位「さだまさし」は「実際に島を持っている」(49歳/男性)などの理由から、ランクインしました。

※調査概要
有効回答 20歳~69歳男女725名
調査方法 インターネットによるアンケート調査
調査期間 2013年9月6日(金)~9月13日(金)

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事