【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

日本を脱出するならどの国に行きたい?10代の若者たちに聞いてみた!

  • 2018年03月05日更新

もしも日本を脱出するなら、あなたはどの国に行きたいだろうか?今回は将来に向けていろいろと考える時期であろう15歳~18歳の若者1641名にアンケートをとってみた。

脱出したい国に選ばれたのはこちら!

1位:アメリカ(265票)

  • 「ニューヨークとかで仕事するのがカッコよさそうだから」(男性/18歳)
  • 「自由の国だから」(男性/16歳)
  • 「食料自給率が高いから」(男性/16歳)
  • 「幼い頃住んでいて大好きだから」(女性/18歳)
  • 「本場のハンバーガーを食べてみたいから。アメリカの街並みが好きだから」(男性/17歳)
  • 「国土が広いし、いろいろ発達してるから」(女性/17歳)
  • 「数多くのバンドのライブに行けるから」(男性/17歳)
  • 「ディズニーワールドがあるから」(女性/16歳)
  • 「NBAを見たいから」(男性/17歳)
  • 「アニメの聖地に行ってみたい」(男性/15歳)

1位は堂々のアメリカ。とにかく自由なイメージが強いようで、一度は行ってみたいという意見が多かった。また男子はプロバスケットボールリーグ「NBA」の試合を観戦したいという理由、女子はフロリダ州にある「ディズニーワールド」、カリフォルニア州にある本場の「ディズニーランド」に行きたいという理由がいくつか見られた。ちなみに「アニメの聖地として行ってみたい」というのはひょっとして「ラブライブ」のことだろうか?

2位:イタリア(107票)

  • 「食べ物(イタリア料理)が美味しいから」(男性/16歳)
  • 「おしゃれな街並みが見たいから」(女性/16歳)
  • 「世界遺産が多くて観光にもなるから」(男性/18歳)
  • 「本場のカフェでコーヒーを飲んで忙しくない優雅な生活を送りたい」(女性/17歳)

ヨーロッパ大陸の中でも一番人気だったのが「イタリア」!食べものが美味しいことと景色がきれいなことが決め手のようだ。海外は食事が合わないと大変だが、イタリアであれば大丈夫そう、という人も多いだろう。

3位:オーストラリア(72票)

  • 「多民族国家で日本人でも住みやすいし、楽しいから」(女性/16歳)
  • 「海とかコアラを見たいから」(女性/16歳)
  • 「行ったことがあり、治安が良いから」(女性/18歳)
  • 「自然を堪能したいから」(男性/18歳)
  • 「日本よりも自由で、アメリカとかより格差もなく平和だから」(男性/18歳)
  • 「土地が安くて自然豊かだから」(男性/18歳)
  • 「地域によって気候が異なり、様々な景色や遊び、観光が出来るから」(男性/17歳)

広大な自然が広がるオーストラリアが3位!留学やホームステイの行先としても人気の国である。特に「治安がよい」という意見が多かった。オーストラリアでは国をあげて治安維持に努めているため、凶悪犯罪が少ないと言われている。そして、様々な民族が暮らしており、移民に優しい印象が強いようだ。

4位:イギリス(62票)

  • 「英国紳士になりたいから」(男性/18歳)
  • 「今脱出しないといけないなら、授業で一番深く習って知っていることも多い国が良いから」(男性/17歳)
  • 「オシャレなイメージだから」(女性/17歳)
  • 「ハリーポッターの国だから」(男性/17歳)
  • 「イギリス肌の白い人や鼻の高い人が沢山いるから、目の保養になる!」(女性/15歳)
  • 「好きなアニメで好きなキャラクターが行っていたから」(女性/17歳)

イギリスは日本で人気の映画やアニメの舞台として取り上げられることが多く、その影響で選択する人が多いように感じた。なお、「アニメのキャラクターが行ったから」というのは、ひょっとして「きんいろモザイク」のことだろうか。

4位(同率):フランス(62票)

  • 「エッフェル塔を見たいから」(女性/16歳)
  • 「キレイなイメージ、おしゃれなイメージがあるから」(女性/18歳)
  • 「ストライキ大国だから」(女性/16歳)
  • 「憧れでもあり、今観光客が少ないから」(女性/16歳)
  • 「本格的なスイーツが食べたいから」(女性/17歳)
  • 「綺麗で可愛いイメージがあり、一度行ってみたいから」(女性/17歳)
  • 「パンがおいしそうだから」(女性/17歳)
  • 「日本食の次にフランス料理が好きだから」(女性/18歳)

同率4位にフランスがランクインした。こちらもイタリアと同じく、食べ物がおいしいそうだからという理由がいくつかあった。特にフランスの場合はスイーツのイメージが強いようで、女性からの投票が非常に多かった。理由のなかにある「ストライキ大国だから」というのは本当らしく、フランスでは法律や雇用などについてストライキ、デモが頻繁におこなわれているようだ。フランスは昨年に残酷なテロ事件が発生したが、それでもなお人気の高さは健在だった。

6位から10位を発表!

以下6位~10位はこのような結果となった。

6位:ハワイ

  • 「日本人が多く、日本語で書かれたメニューや看板も多いため英語が少ししか話せなくても安心」(女性/18歳)
  • 「ずっと暖かいし海はキレイやしとりあえず楽しそう」(女性/18歳)
  • 「海が綺麗だから(女性/15歳)」
  • 「人が明るそうだし、住み心地が良さそうだから」(女性/17歳)

海外旅行先として定番ともいえる「ハワイ」が6位となった。ハワイは観光地として人気なため、ある程度日本語が通じることも人気の理由だろう。実際にハワイへ訪れたことのある人が多いようにもうかがえた。
と、ここまでハワイを紹介したが、ハワイは国名ではなくアメリカの州のひとつである。故意であるか謎だが、52名の方が「ハワイ」と回答していた。間違えないようにしよう。

7位:ドイツ

  • 「国民性が日本に比較的似ているので」(女性/18歳)
  • 「大学でドイツ語を習う予定なので、習ったことを使って喋ってみたい!」(女性/18歳)
  • 「難民を援助しているから」(男性/16歳)
  • 「サッカー留学したい」(男性/18歳)
  • 「ブンデスリーガが見たいから」(男性/15歳)

7位はドイツ。特にサッカー関連の理由が多かった。また気になった理由に「ドイツ料理が美味しくて優しい人が多く、日本人がいっぱい住んでいる町があるから」というのがあったが、どうやらその町というのは、ヨーロッパ内でも有名な日本人街「デュッセルドルフ」のことを指しているようだ。

8位:韓国

  • 「好きなアーティストがいるから」(女性/17歳)
  • 「コスメや服など安くてかわいいものが多いから買い物したい」(女性/18歳)
  • 「美容に興味があるから。BIGBANGが好きだから。食べ物が美味しいから」(女性/18歳)

韓国は日本でK-POPが浸透しているためか、アーティストによる影響で票を集めているように見えた。また、女性票が多かった。

9位:カナダ

  • 「自然豊かで自給自足できそうだから」(男性/16歳)
  • 「資源や食べ物も豊富で英語圏であり、生活しやすそうだから」(女性/16歳)
  • 「移民に対して寛容で、税金は高くとも日本よりは遥かに社会保障が充実しているから。学費も安く、日本のように若者を苦しめるだけ苦しめる社会ではない」(男性/18歳)

カナダを選んだ理由として主に「英語圏だから」という理由が目立った。カナダは広大な国土を持ち、自然豊かでオーロラも見ることができると言われている場所なので、その点も魅力的なようである。

10位:スイス

  • 「永世中立国で安全そうだから」(女性/16歳)
  • 「永世中立国など、周りのヨーロッパ諸国とは違った雰囲気があることに以前から魅力を感じており、アルプスをはじめとして自然豊かなことや、フェデラーやラオニッチなど、好きなテニスプレーヤーの出身地であることでとても気になっているから」(男性/17歳)
  • 「保険料が1番安い国だから」(男性/17歳)

スイスが選ばれた理由で最も多かったのが「永世中立国だから」というものだった。永世中立国とは「将来もし他国間で戦争が起こってもその戦争の圏外に立つことを意味するものであり、自国は中立の立場である事を宣言し、他国がその中立を保障・承認している、永世中立の立場を取る国家(Wikipedia参照)」という意味だそうだ。戦争に巻き込まれたくない、という思いから多くの人がスイスを選んだのだと思われる。ただ戦争に巻き込まれない一方、自国が攻撃された時には自国のみで防衛しなければならない、という事実も知っておきたい。
この他にもスウェーデンやスペイン、台湾、シンガポールなども票を集めた。

総評

アメリカが1位になるのは大体予想できたが、同じ大国でも票数を獲得しなかったのが「中国」。わずか2票と、お隣「韓国」と比べても大きな差が開いた。これは中国に対するイメージが若者にとって良くないという表れなのだろうか。また、どの国にも行きたいくないという人が4割ほどおり、そのうち「日本が1番だから」という理由が6票あった。そして一般的に旅行先として人気の東南アジアは上位にランクインしておらず、10代の欧米に対する憧れの強さが垣間見えた。

※調査概要
有効回答 全国の15歳~18歳の男女各1641名
調査方法 インターネットによるアンケート調査
調査期間 2016年3月9日(水)~3月16日(水)

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事