• 2016/05/26
  • PR

事故物件に入居したら、ヤツが大量発生した話。

先日、引っ越しをしたオウチーノの女性社員A。引っ越した先は、中央線N駅徒歩6分、6畳1K。バス・トイレ付き、フローリング、4階建ての2階。収納豊富でリノベーション済。家賃、4万5,000円。

中央線N駅でこの条件のマンションがこの家賃。何か違和感を覚えないだろうか。
……そう、事故物件なのだ。

前の入居者の方が自然死でお亡くなりになられていたのだという。(ちなみに、大島てる氏のサイトには載っていなかったらしい。)その後、大家さんがリノベーションをされた。

本来は5万5,000円~6万円の物件だったそうだが、入居募集時は5万円となっていた。そこからさらに値引きしてもらえた。

Aは、事故物件であると説明を受けたうえで、「幽霊とか見えたことないし、大丈夫だろう」と判断して、この物件への入居を決めた。
引っ越したのが2016年3月12日(土)。Aの想定通り、幽霊とは出会うこともなく2週間が過ぎた。
そんなある日、ヤツが部屋に現れた。

ハエ

ハエだ。

最初は1匹、部屋を飛び回っていた。でも、当時は3月。窓を開けることはないし、他にヤツが入ってこれるような隙間もない。「どこから入ってきたんだろう……?」とAは不思議に思った。しかしそこまで気にも留めず、ヤツを退治した。
そしてその翌日、またヤツが現れたのだ。「あれ、また?」そう思いながら退治するが、翌日もまたいる。何度も退治するのだが、どこからともなく現れる。

室内

▲ヤツがよく出没していた出窓。

「さすがにおかしい」。そう思ったAはこの部屋を借りた不動産会社に連絡をした。
4月2日(土)、不動産会社が害虫駆除の会社を呼んでくれた。そして、綺麗に駆除してもらった。
「これで大丈夫!」そう思った3日後、Aの目に入ってきたのは……

駆除したはずのヤツだった。

ハエ

「こないだ駆除してもらったばかりなのに……」。朝、ヤツが羽ばたく音で目が覚めることもあった。

そして4月9日(土)。前日は友人宅に泊まり、帰宅をすると……ヤツが大量発生しているではないか!
今までよく出没していた出窓に加え、玄関横の窓にもいる。しかも、窓と網戸の間に。だが、サッシはしっかりはまっており、入り込む隙間などないはずなのだ。

間取り図

すぐさま不動産会社に連絡した。別の業者を手配してくれた。その時、不動産会社には「何かあったときにすぐに入居できるように、別のお部屋を探しておきます。次の初期費用は、今回お支払いいただいた分を充てますので」と言われた。Aは念のため、その日のうちに内見を済ませた。

4月10日(日)、Aが入居する前にこの部屋をリノベーションした業者が来てくれた。業者の方も、玄関横の窓を見て「どうやってこんなの入ってきたんだろう」とつぶやいていた。
Aは、「クーラーとか換気扇から入ってきたりしないんですか?」と聞くが、業者の方からは「それはないです」という回答。
「原因を探るなら、床板をはずして躯体を見るしかない」と言われ、結局どこからヤツが発生しているか分からなかった。

「プロの業者さんも分からないと言っているし、不動産会社さんも引っ越したほうがいいと言っているから、もう引っ越そう!」と、ついに引っ越しを決意。4月15日(土)に引っ越すことになった。
月曜~金曜でバタバタと引っ越しの手続きを済ませ、金曜に隣駅の部屋を契約。翌日には引っ越しが完了した。

直接はお会いしていないが、大家さんもビックリしていて「なぜなの?どうしたらいいんでしょう」とお困りだったそう。契約金はすべて返済してもらえた。お金をかけてリノベーションしたのに入居させられないなんて、大家さんが一番大変だろう……。

結局、幽霊には一度も出会わなかったそうだが、謎のハエ大量発生の方がリアルすぎて恐怖だ。もしかしたら、あの部屋のどこかに、何かが……(自粛)。
皆さんも、事故物件を借りる際は慎重に。

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

新着記事