気持ち良すぎて帰りたくない!自然素材のモデルルームに泊まってみた。

  • 2018年03月05日更新

家は人生で一番大きな買い物と言いますが、買う前に試しに住むことってしないですよね。しかし、実は宿泊体験ができるモデルルームがあることをご存じですか?

今回訪れたのは、来年創業360年を迎える老舗工務店・駿河屋さんの宿泊体感型モデルルーム。(駿河屋9代目当主・一桝社長のインタビューはこちら)場所は東京都墨田区向島、スカイツリーのすぐ側です。駿河屋さんのお店の2階にあります。

ホームページ

こちらのインタビューにあるように、元は江戸時代から続く材木屋だった駿河屋さんは、本物の素材にこだわった家づくりをされています。そんな駿河屋さんのモデルルームは、いったいどんな感じなのでしょう?ワクワクワクワク……!

オウチーノの池田・住みっ娘・清水がお邪魔させていただきました。

プロフィール

池田
1991年千葉県生まれ。執筆歴2年目のオウチーノ総研研究員。寝ることと動物が好き。
池田
住みっ娘
1993年大阪府生まれ。ゲーマーで執筆歴2年目。好きなマンガはジョジョ。特技はピアノ演奏。
村田
清水
1987年岐阜県生まれ。オウチーノの取締役 兼 女性活躍推進担当。趣味は茶道と着物、あと食べること。
村田

玄関

おじゃましま~す!

部屋に入ると

わぁ、すでに木の香りが……!

室内

やばい、超素敵な空間!そして良い香り~~~!

リビング、キッチン

キッチンも、木!おしゃれ~~~!

リビング、和室

畳の小上がりもある。素敵!このあったかいライトもいいですな。

床、和室

すごい、床がすべすべ~!木の種類によって手触り、やわらかさ、香りが全然違うんだ!(左が桧(ひのき)、右が杉です。)夏の暑い日でも、フローリングにそのまま寝転がりたいくらい、つるつるさらさらで気持ち良い。しかもやわらかいから、寝転んでも痛くない!

桧は脳を活性化させる香りだから勉強部屋に良いと言われていて、杉は落ち着かせる香りだから寝室が良いのだそう。他には、女性ホルモンを落ち着かせる成分を持つ木もあったり。駿河屋さんはそういったことも踏まえて、お客様に合った木をご提案されています。

床の説明、和室

フローリングには、静岡の天竜桧(てんりゅうひのき)が使われています。今は、木を伐ってからすばやく乾燥させて出荷してしまうことがほとんどなのですが、天竜では、長い年月をかけて昔ながらの自然乾燥を行っています。木の良い成分が失われることなく、色、艶、香りのよい木材になるんだそうです!

壁

土壁は、室内の湿度を調整してくれます。夏でも冬でも、湿度はだいたい30~60%におさまるのだそうです。湿度調整ができるとカビが生えづらく、ダニが発生しにくいのでアレルギーになりづらいのだとか。

壁の説明

これが土壁の素材なのですが、速乾性がハンパない!

土壁の素材

洗濯物を部屋干ししても、カラっと乾くそうです。花粉症のお客様は、花粉の時期に外に干さなくていいから嬉しい!と喜ばれるのだとか。

実際この日、外はとってもジメジメしていたのに、室内にいるとそんなことは全く感じませんでした。一歩外に出ると、その違いにビックリでした。

リビング

最高に心地良い空間です。

和室

畳も気持ちい~!いい香り~!ひたすらゴロゴロ……

畳の説明

畳に使用されているのは、熊本産のイグサ!今、市場に出回っている畳の80%は中国産のイグサを使っているそうです。国産のイグサはあと5年もたないとも言われているとか……。消費者が素材にこだわることも、大切ですね。

ソファ

家具は、木にこだわった家具づくりをされている愛知県の職人さんのもの!家のなかの空気は、建物の素材だけじゃなくって、室内にあるものの影響も受けますからねっ!(一桝社長の受け売りです)

家具の説明

こういう家具は値段だけ聞くと高く感じちゃうんですが、長く3世代が使えるもの、と考えるとまた見え方が違ってきますよね。

家具類

ブラインド

ブラインドも木っ!

お風呂

お風呂もかわいい!

キッチン

おしゃれキッチンでご飯を作りました。

布団

オーガニックのお布団と寝間着で、おやすみなさ~い!

一桝社長によると、やはり寝室は1日の疲れをとる場所なので、一番良い環境にした方がいいそうです。

あとは、家族が集まることの多いリビングや、特にお子様がアレルギーを持っている場合は、子ども部屋もこだわった方がいいのだとか。予算を抑えたいなら、廊下や玄関にはそこまでお金をかけないようにするなど、メリハリをつけることがポイントです!

宿泊体験を終えて

池田

今まで、家や家具に限らず、「安い」「かわいい」だけでなんとなく選択し、テキトーに家の中に放置していました。何も考えずに生活していたけれど、お話を聞いていると改めて「そうでしかないよな」ということばかり。

昔からアレルギーに悩まされ続けているので、もっと早く知りたかったです(笑)。生活を見直すきっかけになりました。

部屋はひたすら居心地が良く、穏やかな気分が続き自然と肩の力が抜けていくのを感じました。まさかここが東京だとは。私が今すぐ家を建てるのは難しいけれど、この1日を活かして今後自分の生活をより良く作っていきたいと思います!

住みっ娘

素材にこだわっている料理がおいしいように、床や壁などの素材にこだわっている部屋はなんとも言えない心地良さでした。

取材当時の天気は雨、湿気でジメジメしていましたが、この部屋に入った途端、外の息苦しさを忘れてしまうくらい快適空間で無垢素材のすごさを改めて実感しました。

私の家は室内のいたるところにカビが生えたりしてるので、今すぐ住み替えたいくらいです。カビがない暮らしがしたいです。

取材して一番心に残ったのが、「数日リフレッシュのために高いお金を払って旅行に行くより、この家に住む方が毎日リフレッシュできて良い」とおっしゃられた一桝社長のお言葉です。実際にモデルルームで過ごしてみたからこそ、とても共感してしまいました!

清水

私は実際にモデルルームに泊まらせていただきました。本当に本当に気持ちが良い、最高の宿泊体験でした。家が心地良いって、こんなにも素敵なんだ……!って感動しました。

モデルルームの床でゴロゴロしていたら、いつの間にかウトウト……。夜は、いつもより早い時間にものすごい眠気に襲われ、起きていられませんでした。そして朝は、とってもスッキリとした目覚め。仕事中も調子が良かったです。いつもは同じくらい寝てもなんだかスッキリしないので、驚きでした。

どうやらこれらも自然素材の効果なのか、特に女性は眠くなる方が多いようです。私はいつも寝るのがかなり遅いので、もっと早く寝て人間的な生活を送った方がいいよ、という自然からのメッセージだったのかも……。

家を買ったり借りたりする際にオシャレさや最新の設備にこだわることも良いと思うのですが、それ以前に、家族が健康で暮らせること、日々の疲れがリフレッシュできて明日も頑張れること、家族とコミュニケーションがとれることに、私たちはもっともっとこだわっていった方がいいと思いました。

私自身、一人暮らしで、かつ家にいる時間が少ないので「家=帰って寝るだけの場所」という認識でした。でも、そうじゃないんだと気づかせていただきました。あまり家にいないからテキトーでいいや、ではなく、家にいる時間が少ないからこそ家にこだわっていくことを、忙しい社会人にお勧めしたいです!

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事