【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

【京都】五条大橋で「弁慶」と「牛若丸」になってみた

  • 2018年10月01日更新

こんにちは。かのうしゃちょうです。

加納社長

突然ですが、みなさんは「弁慶」と「牛若丸」ってご存知ですか?

この2人が誰か分からなくとも、名前を耳にしたことはあるのではないでしょうか。

牛若丸と弁慶

2人とも、平安後期~鎌倉時代に実在した人物です。弁慶は「内弁慶」「ネット弁慶」「弁慶の泣き所」などの弁慶で、“強い人”の比喩としてよく知られています。
牛若丸は、「源 義経(よしつね)」と言えば分かるでしょうか。NHKの大河ドラマにもなっているあのお方です。「牛若丸」というのは「源義経」が小さい頃についていた名前なのです。

五条大橋での出会い

五条大橋での出会い

そんな2人にまつわる、ある有名なエピソードがあります。

「五条(京都)の大橋での決闘(出会い)」

五条大橋

▲京都の五条大橋にある弁慶(左)と牛若丸(右)の像

この話は、あの『まんが日本昔ばなし』や童謡にもなっているので、有名な昔話なのだと思います。

現在の五条大橋

▲現在の五条大橋

その内容はというと、後に生涯のパートナーとなった牛若丸と弁慶が初めて出会った場所、それが京都の五条大橋だというもの。
かんたんに4コマ漫画にしてみました。

【刀を1000本集めるぞ】

刀を1000本集めるぞ

ざっくりこんな感じです。

実は五条大橋はなかった?

かのうしゃちょう

しかし調べてみると、”この”五条大橋で出会った、というのはどうやら間違った説らしい!

なぜなら、弁慶と牛若丸が出会ったのは1170年頃のはなし。現在の五条大橋が完成したのはだいたい1589年頃。

牛若ひろばのかのうしゃちょう

▲橋の手前には「牛若ひろば」なる名前の公園

つまり、弁慶と牛若丸が出会ったであろう1170年頃には、まだこの場所に橋は存在していなかったのです!

旧・五条大橋が正しい?

松原橋

▲現在の松原橋(旧・五条大橋) 五条大橋から2本ほど北にある

では五条大橋は存在しなかったのでしょうか?いや、存在します。
もともと、五条大橋という名前の橋は、現在の「松原橋」がある場所にあったようで、のちに移築して今の五条大橋がつくられました。

松原橋

▲ここで弁慶と牛若丸が出会った……?

つまり!昔話に登場する「五条の橋」は、今の五条大橋ではなく、現在の「松原橋」だったとする説が最も有力です。

そもそも五条大橋ではない説

清水寺

さらに調べていくと、書物によってはそもそも出会った場所が五条大橋でないとする説もありました。西洞院という場所、 五條天神社という神社、さらには清水寺などなど、他にもいろんな説を唱える人たちがいるようです。

真実はいつも1つ

かのうしゃちょう

な、なんだって!?じゃあこの昔話はウソってことじゃないか!こんなにも堂々と2人の像があるのに!本当はこの場所になんの縁もないなんて……。
しかも、「牛若ひろば」なんて公園もつくっちゃったりしてるし、いろいろとまずい!気がする!!

かのうしゃちょう

はああああああ!!

かのうしゃちょう

歴史っていうのはなあ!

かのうしゃちょう

自らの手でつくるんだよ!!

歴史をつくろう

なんということだ!これは下手をすると、あの大好きな『まんが日本昔ばなし』が大嘘つきということになりかねない!?それに童謡や像、公園をつくった人たちの信用も危ない……。

なんとしても、今の五条大橋で弁慶と牛若丸が出会ったということを証明せねば……。

・・・・・

・・・・

・・・

・・

現代の弁慶と牛若丸

と、いうわけで弁慶さんと牛若丸さんを呼びました。
今回の作戦は以下の通りです。

・五条大橋で弁慶と牛若丸が戦う
・それを見た通行人が「五条大橋に弁慶と牛若丸が! 」とSNS上でつぶやいてくれる(はず)
・新たな歴史の誕生
・みんなハッピー

この投稿が認識された瞬間が、新たな歴史の誕生です。

とりあえず再現してみる

弁慶と牛若丸

それでは早速、2人には昔話を再現してもらいます。

媒体によって差はあるものの、書かれてあることはほとんど同じだったので、今回は、童謡「牛若丸」の歌にそって再現しました。ぜひ童謡「牛若丸」の歌を聴きながら読んでみてください。

1000本まで残り1本

よし、1000本まで残り1本……

牛若丸が来る

(ザッ、ザッ、ザッ…)

笛を吹く牛若丸

ピ~ヒョロロロ~♪

刀に気付く弁慶

ん?あれは、刀……!!

牛若丸の刀

その刀をワシによこせ!

その刀をワシによこせ!

いやです

いやです

力づくで奪うまでだ!!

なんだと!?なら力づくで奪うまでだ!!

笛を吹く牛若丸

♪ピーヒョロヒョロヒョロ~♪(めんどくさいなあ~)

※ここからは童謡「牛若丸」を聴きながら読むと、さらに楽しむことができます。都合上ここには載せられなかったので、「牛若丸 童謡」と検索して聴いてみてください。

「♪京の五条の橋の上 ~♪」

「♪京の五条の橋の上 ~♪」

「♪大のおとこの弁慶は~♪」

「♪大のおとこの弁慶は~♪」

「♪長い薙刀ふりあげて~♪」

「♪長い薙刀ふりあげて~♪」

「♪牛若めがかて斬りかかる♪」

「♪牛若めがかて斬りかかる♪」

「♪牛若丸は飛びのいて~♪」

「♪牛若丸は飛びのいて~♪」

「♪持った扇を投げつけて~♪」

「♪持った扇を投げつけて~♪」(※もってません)

「♪来い来い来い 欄干の~♪」

「♪来い来い来い 欄干の~♪」

「♪上へあがって手を叩く~♪」

「♪上へあがって手を叩く~♪」(※あぶないので上がれません)

「♪前やうしろや右左~♪」

「♪前やうしろや右左~♪」

「♪ここと思えば またあちら~♪」」

「♪ここと思えば またあちら~♪」」

弁慶

弁慶と牛若丸

「♪燕のような早業に~♪」

「♪燕のような早業に~♪」

「♪鬼の弁慶あやまった~♪」

「♪鬼の弁慶あやまった~♪」

弁慶と牛若丸

はたして歴史はつくれたのか

弁慶と牛若丸

よし、これだけやれば新たな歴史がつくれたはずだ。さてさて、SNSでチェックしよう。
「弁慶 五条大橋」検索っと……。

かのうしゃちょう

あっ!これは……!

インスタグラム

インスタグラム

というわけで……

かのうしゃちょうと弁慶と牛若丸

【結論】新たな歴史を生み出すことに成功!!!

みなさん、ぜひ京都で新しい歴史を感じてみてください。現代によみがえった弁慶と牛若丸に会えるかも……しれません。

弁慶と牛若丸

めでたしめでたし。

おしまい

ライター/かのうしゃちょう カメラ/こなつ イラスト/ぱたお モデル/パケタ・jona3
衣装協力:時代や さま

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事