• 2017/04/27
  • PR

三軒家万智が帰ってくる!『家売るオンナ』SPドラマ放送決定

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
20170427 ieuru

2016年、日本テレビ系で放送されたドラマ『家売るオンナ』が、2017年5月26日(金)、SPドラマとして復活することが決まりました。

ドラマ『家売るオンナ』は、北川景子さん演じる「不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒家万智」が家を売りまくる、笑いあり!涙あり?の痛快お仕事ドラマ。
今回のSPドラマは、連続ドラマ最終回から2年後の設定だそう。

……って、三軒家万智がベイビーを抱いている!?

「売れない家はない」三軒家万智

三軒家万智はこれまで、様々な人に家を売ってきました。
おひとりさまや不倫カップル、険悪な仲の嫁姑とナイジェリア人にまで。常識にとらわれず新しい価値観を提案する三軒家万智に「売れない家はない」!

では、三軒家万智の「ダイナミックで時には感動的」な提案は、なぜ人々に家を買わせたのでしょうか。

心の底に隠れた、本当のニーズとは?

心の底に隠れた、本当のニーズとは?

三軒家万智の提案は、買い手の言葉にならないニーズに見事に寄り添ったものばかり。

例えば、病院近く(その他条件多数)の家を探していた共働きの医者夫婦と小学生の息子に対して、三軒家万智は条件にまったく当てはまらない家を勧めます。
それは、急な坂道に建つ、予算を大幅に下回る1LDKのマンションでした。

しかも、息子のために子ども部屋は必須条件だった夫婦に対して、あえて子ども部屋のない、「リビングin全部」の部屋を提案します。夫婦は、こんな坂の上の、条件をまったく満たしていない物件を案内されて不満げ。しかし窓の外に目をやると、その部屋からは夫婦が働く病院が見えるのでした。

仕事に忙殺される夫婦と、いつも1人で寂しい思いをしていた息子。でもここなら、家にいる時は必ずリビングで顔を合わせ、家にいない時もお互いの姿を見ながら電話ができます。

三軒家万智が提案したのは、家ではなく「家族の絆の大切さ」だったのでした。ニクいね!

家族week

さらに、引きこもりニートの息子(中年)とその将来を案じる両親には、息子の居住用にマンションを1部屋、両親の居住用にもう1部屋、計2部屋の購入を提案。引きこもりの息子のため、少しでも貯蓄を残しておこうと質素な家に移り住むことを考えていた両親でしたが、なぜ2部屋の提案が通ったのか……

なんと、1部屋は息子の城に、もう1部屋は両親が亡くなった後は賃貸にすることで、息子の住処と将来の収入源を同時確保でき、老後も安心、というプランを三軒家万智は提案したのでした。

現実は厳しい!

家売るオンナ

しかし現実は、ドラマみたいに上手くいくことばかりではありません。家を売りたい不動産会社に、「言葉にならないニーズ」はなかなか伝わらないでしょう。

だから、自分が自分のニーズに気づくしかないのです。
家を買う際、立地や間取り、子ども部屋や学区、治安や公共施設など、様々な条件を考え検討しなくてはなりません。しかし、そのような“家の情報”だけにとらわれず、自分や子ども、家族の「言葉にならないニーズ」に気づくことが最も大切なことかもしれません。

これからその家に住む自分と家族にとって本当に大切なことは何なのか、本質的なことを抑えるところから、家探しを始めてみませんか。

5月26日(金)が楽しみ……

テーコー不動産を去って2年。帰ってきた三軒家万智は、どんな家をどのように、濃ゆそうな客(キャストは近日発表だそう)に売るのでしょうか。そして、気になる三軒家万智と屋代大(仲村トオルさん)とベイビーの関係は?住もう君の活躍にも超期待!

帰ってきた『家売るオンナ』SP、今一度“自分と家族と家”について、見直してみるキッカケになるかもしれません。「GO!

5月26日(金)が楽しみ……

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事