• 2017/06/08
  • PR

【いくら?買取の時は?】不動産売却にかかる仲介手数料

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
20170608 baikyakutesuuryou

不動産を購入する際に支払う仲介手数料は、売却時にも必要になります。いったいいくら支払うことになるのか、売却額別にシミュレーションをしてみました。さらには、仲介と買取の場合で違いがあるのかもお伝えします。

不動産売却でも、仲介手数料はかかる?

不動産売却でも、仲介手数料はかかる?

賃貸の場合だけでなく、一般に不動産の売却でも仲介手数料が発生します。これは国土交通省の「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売却等に関して受け取ることができる報酬の額」に金額の取り決めが記載されているので、これにのっとった金額でのやり取りがほとんどです。
この金額が上限であり、この金額より低いことはあっても高く受け取ることは法律で禁止されています。この金額より多く支払いを求められても払う必要はありませんし、その不動産仲介業者には注意が必要です。

仲介手数料は不動産仲介業者の収入源のひとつととらえられます。その金額を具体的に見てみましょう。
料率は200万円以下が5%+消費税。200万円以上400万円以下が4%+消費税。400万円越えが3%+消費税です。

これを簡単な計算式に表すとこうなります。
(売却金額×3%+6万円)+消費税

支払いのタイミングですが、契約したとしても取引が成立しなければ成功報酬としてみなされません。
アフターフォローをしっかりやってもらうためにも、先に全て支払うのは待った方が得策です。あくまでも仲介手数料は成功報酬なので、契約の時に半分お支払いして引き渡しの時に残り半分を支払うパターンが多いようです。

実際に計算してみよう!

実際に計算してみよう!

具体的に売却価格を想定して仲介手数料の上限を算出すると、このような金額になりました。
・1,000万円で売却できた時の仲介手数料の上限は
(1,000万円×3%+6万円)×消費税1.08%=388,000円となります。
・2,000万円で売却できた時の仲介手数料の上限は
(2,000万円×3%+6万円)×消費税1.08%=712,800円。
・3,000万円で売却できた時の仲介手数料の上限は
(3,000万円×3%+6万円)×消費税1.08%=1,036,800円。

これは売却価格に対しての仲介手数料なので、消費税が売却価格にあらかじめ含まれていないか注意しましょう。(※この金額は消費税率8%で計算されています)
消費税率が変わったらその都度計算しなおし、また、不動産仲介業者によっては仲介手数料が安い場合、さらには無料の場合もあります。しかし安いからと飛びつかない方が良いでしょう。何か理由があるかもしれません。
集客目的で仲介手数料が安く売却価格も安いとなれば、結局損をします。しっかり見極めましょう。

「買取」の場合、仲介手数料は発生する?

「買取」の場合、仲介手数料は発生する?

不動産売却で、「仲介」とは不動産仲介業者が売り主から物件を預かるイメージで、不動産の買い主を探す形になります。「買取」の場合は、不動産仲介業者や個人が不動産を買い取ることで、売却後の不動産は買い主の所有となります。
「買取」の場合にも、仲介手数料はかかります。しかし、最近では手ごろな価格で買い取るためにもこの手数料をもらわない業者もいるようです。企業のイメージアップや集客ににも繋がるようです。

不動産の仲介手数料は、売買価格によって決められます。売っても買っても手数料がかかりますが、消費税や決められた金額以上でないか、きちんと把握しておきましょう。簡単な計算式で金額が出るので、自分でも確かめて、不動産会社を判断しましょう。

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事