• 2017/07/07
  • PR

横浜市で住みやすさNo.1の街「都筑区」の魅力とは<PR>

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
20170707 nakamachidai

「住みたい街」として人気の高い神奈川県横浜市。その横浜市なかでも、「暮らしやすさNo.1の街」(※1)に選ばれたのが都筑区です。
事実、都筑区は20年間人口が増え続けています。「1世帯あたりの人員」は2.62人で18区中第1位、平均年齢は40.49歳と最も低く、特に若いファミリー層に人気が高いことがうかがえます。(※2)
多くのファミリーに「住みたい」と思われる街の魅力は、いったいどこにあるのでしょうか?

都筑区人気の秘密は、港北ニュータウンにあり!?

横浜市で住みやすさNo.1の街「都筑区」の魅力とは

▲仲町台駅周辺の街並み

横浜と聞くと、異国情緒漂う街並みを想像する人も多いのではないでしょうか?そんな横浜のなかでも、まるでヨーロッパの郊外都市のような趣ある雰囲気を感じることができるのが、港北ニュータウンです。
「人間と自然」をテーマにつくられたこの街には、多くの公園や緑地が整備された住環境と、充実した買い物環境や交通環境が揃った利便性が、美しい街並みのなかに調和しています。

「人間と自然」をテーマに、計画的に開発された港北ニュータウンの街には、豊かな自然のなかに閑静な住宅街が形成されています。駅前から続く遊歩道は石畳が敷かれ、電線は地中化、ヨーロッパの街並みのような雰囲気を演出しています。

そんな港北ニュータウンは、子育てしやすい街でもあります。住民に配慮した取り組みをふたつ、ご紹介します。

1.「歩車分離」により、子どももドライバーも安心・安全!

美四季橋

▲美四季橋

港北ニュータウン内は、緑道や遊歩道などの歩行者・自転車専用の道路が整備され、幹線道路とは陸橋やトンネルで立体交差しており、自動車と交わることはありません。大きな道路を渡らずに、住宅エリアまで移動することができます。
車の危険がない広い歩道は、子どもと歩く際はもちろん、ベビーカーを引いてのお散歩も快適で安全です。フラットアプローチやエレベーターが多いのもポイント。子育て中だけでなく、老後も安心です。暮らしは一生続くものですので、長く快適に過ごせるのも嬉しいですね。
車道も広々とした幹線道路が整備されており、車の運転に自信がなくとも不安は少なさそうです。ドライバーとしても安心ですね。

2.「グリーンマトリックスシステム」でつくられた、緑のネットワーク

茅ヶ崎公園

▲茅ヶ崎公園

港北ニュータウンの基盤になったのが、「グリーンマトリックスシステム」です。これは、エリア内に点在する公園・緑地を緑道で結びつけて緑地帯を形成する手法のひとつ。
総延長約15㎞、約90㏊(日本最大(※3)、東京ドーム約19個分!) もの緑のネットワークが、港北ニュータウンを囲むように巡っており、駅・商業地域~住宅地~学校~公園が安全な遊歩道で結ばれています。日々、緑を感じながら暮らすことができますね。

以上のような、住民の生活を第一に考えた取り組みをしている港北ニュータウンですが、魅力はこれだけではありません。ここから、さらなる「暮らしやすさ」の秘密に迫っていきます。

駅前に生活施設が大充実で、とっても楽ちん!

港北ニュータウンには、大規模複合施設が充実しているセンター南・北があります。
まずは「センター南駅」周辺から見てみましょう。

街を代表する「港北TOKYUショッピングセンター」

港北TOKYUショッピングセンター

▲港北TOKYUショッピングセンター

「港北TOKYUショッピングセンター」へは、駅出口から屋根のある歩道が続き、雨の心配も無用です。
約120店舗が入っており、「アカチャンホンポ」や「しまむら」「ユニクロ」「GAP」「ダイソー」「3コインズ」「カルディ」など、ママに嬉しいお店が多数揃っています。雨の日も忙しい日も、様々な買い物が1ヶ所で済ませられるのは助かりますね。
「スタジオマリオ」も入っているので、記念日の撮影もここでばっちりです。

また、遊びながら英語が学べるプレイランド「あんふぁにぃ」や子ども英会話の「ミネルヴァ」、小学館の幼児教室「ドラキッズ」など、習い事も充実しています。
映画館「109シネマズ港北」も入っており、ここでは毎月「ふれあいシネマ」という、小さな子ども専用の上映会が開催されています。照明・音響などに配慮し上映されているそうで、「映画初挑戦」の子どもも安心ですね!親子で1日中楽しむことができそうです。

おしゃれな「サウスウッド」

サウスウッド

▲サウスウッド

次世代型の新しい商店街、「グリーン・ネイバーフッド」がコンセプトになった「サウスウッド」はセンター南駅前に位置しています。
個別指導塾や英語で預かる学童保育、キッズスポーツなどが集まった複合型スクール「やる気スイッチグループ」や、バレエ教室、英会話スクールなどの習い事や、小児科や内科、歯科、レディースクリニックなど、医療機関が充実している施設です。

センター南駅周辺には他にも、2017年夏にリニューアル予定の「トイザらス」「スポーツオーソリティ」「ドミノピザ」で構成された「キーサウス」や、スーパー「食品館あおばセンター南駅前店」など、どんな買い物にも困らない環境が整っています。

横浜市都筑区総合庁舎

▲横浜市都筑区総合庁舎

さらに、センター南駅前には都筑区総合庁舎が構えられています。様々な手続きや書類の受け取りが駅前でできるのは、いざという時にも助かります。

次は、「センター北駅」に向かいましょう。

観覧車が屋上に!?「モザイクモール港北・都筑阪急」

モザイクモール港北・都筑阪急

▲モザイクモール港北・都筑阪急

ベビーから大人まで、多くのアパレルショップが入店しています。普段着はもちろん、フォーマルな装いも揃うため、イベント前などはここに来れば大丈夫!強い味方になりそうです。
完全個室になっている授乳室やオムツ交換室、調乳スペースが設置された「ファミリールーム」や、授乳やオムツ交換、親子で休憩ができる「ベビールーム」が4階にそれぞれあり、親子で安心してお買い物できそうです。
また「チョッキンズ」という、子ども専門美容室があるのも嬉しい!首の座った0歳児から、対応してもらえるそうです。
屋上にはなんと観覧車が。建物に組み込んで設置されているそう。びっくりです。

駅直結!「ショッピングタウンあいたい」

センター北駅から直接入ることができます。英会話スクールやダンススクール、学習塾など、習い事環境が充実しています。子どもをひとりで通わせる場合も、「駅直結」だと安心ですね。都筑区子育て支援センター「ポポラ」も入っています。

他にも、シネマコンプレックスのある「ノースポートモール」があったりなど、センター北駅周辺には個性的な商業施設が集まっています。

子ども向けだけでなく、「港北TOKYUショッピングセンター」にはカルチャーセンターが、「ショッピングタウンあいたい」にはゴルフスクールがあったりなど、大人も趣味を楽しめる施設が揃っています。
港北ニュータウンに住めば、安全かつ緑豊かな街で暮らすことができ、駅前で買い物や習い事も済ますことができる。これは、暮らしやすさで高評価を受けるのもうなずけます!

遊び場も教育も医療も、港北ニュータウン内で完結!

前途の通り緑に囲われた港北ニュータウンは、季節の変化とともに子どもの成長を感じることができる環境です。

広大な公園で、四季や生命を感じる

街のなかには複数の公園があります。なかでも港北ニュータウンを代表する大規模な「茅ヶ崎公園」は、4つのエリアから成り立っており、毎週訪れても飽きないほど。円形プールや子ども用プールも設置され、たくさんの家族連れで賑わっています。これからの季節にぜひ訪れたい公園です。

茅ヶ崎公園プール

▲茅ヶ崎公園プール

他にも、カモやコイがいる大きな池があり、生命を感じることのできる「せせらぎ公園」などがあり、それらの公園と駅が緑道「せきれいのみち」でつながれています。

多彩な幼稚園と、緑の中で過ごせる小中学校

子育てするうえで最も気になるのは、やはり保育園や幼稚園、小学校ではないでしょうか。
港北ニュータウンが位置する横浜市都筑区は、待機児童0を達成しています。(平成29年4月1日現在)

都筑区には保育園だけでなく幼稚園も多く点在しており、「バイリンガル幼稚園」をはじめ英語教育に力を入れている幼稚園や小学校受験に対応している幼稚園、のびのびとした教育方針を掲げる幼稚園など、個性的な幼稚園のなかから各家庭に合った幼稚園を探すことができます。

茅ヶ崎小学校

▲茅ヶ崎小学校

茅ヶ崎公園の隣という緑豊かな立地に「茅ヶ崎小学校」が、隣接して「茅ヶ崎中学校」があります。子どもたちは9年間、変わらない環境で過ごすことができます。

子どもから大人まで、いつでも安心の夜間診療

港北ニュータウン周辺には代表的な大きな病院が2つあります。「昭和大学横浜市北部病院」と「横浜市北部緩急病センター」です。
いざという時、どんな時間帯でも頼ることができる病院があるのは、子育てをするうえで大きな心の支えになるでしょう。
緊急事態は子どものみに起こりえるとは限りません。自分自身に何か起こった際や年を重ねてからも頼れる病院がある、ずっと安心して暮らせる環境です。

抜群の暮らしやすさ、港北ニュータウンに住まう

自然と都市機能が見事に調和した港北ニュータウン。ここに、敷地約18,400㎡、全405邸の大規模マンション「シティテラス横濱仲町台弐番館」があります。
隣には緑道「せきれいのみち」が通り、車と接することなく駅や公園、学校、ショッピングに行くことができます。
茅ヶ崎公園へは徒歩約4分、茅ヶ崎小学校へは約6分、最寄駅「仲町台駅」へ11分、商業施設が充実している「センター南駅」へは15分と、徒歩圏内で暮らしが完結させられます。

港北ニュータウン立地概念図

「仲町台駅」には横浜市営地下鉄ブルーラインが通り、横浜駅まで直通15分。「センター南駅」からは横浜市営地下鉄グリーンラインも利用でき、より利便性が広がります。
また公共交通機関だけでなく、東名高速道路「横浜青葉インターチェンジ」や第三京浜道路「都筑インターチェンジ」が近く、車による移動にも大変便利です。子どもが小さい時は車移動が便利な場合も多く何かと助かりそうですし、レジャーの充実度も高まりそうですね。

さらに、港北ニュータウン内の仲町台駅~センター南駅間には、複数の路線バスが通っています。フラットな遊歩道での徒歩移動もスムーズですが、雨の日や荷物が多い時、また将来を考えると老後も、快適に街の中を移動することができます。

緑が豊富で、安全性に配慮されていて、生活施設も充実していて、教育や医療機関も揃っている。そんな子育てにぴったりの街・港北ニュータウンなら、子育てや日々の生活を楽しむ仲間たちと心地よい暮らしが送れることでしょう。
現地に足を運べば、きっと、よりその魅力を感じるはず。ぜひ一度、港北ニュータウンと「シティテラス横濱仲町台弐番館」に訪れてみてはいかがですか?

▲外観完成予想図(※4)

気になる人はこちら!

シティテラス横濱仲町台弐番館
0120-951-732

提供:住友不動産株式会社

※1:平成26年横浜市民意識調査より

※2:平成27年度版都筑区統計要覧より

※3:横浜市ホームページより(平成27年12月現在)

※4:掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。
敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
外構・植栽計画、家具・調度品等の形状・色等は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
建物等の状況がわかりやすいよう、電柱等を透視して描いています。
一部敷地外(街路樹等)を合わせて着彩しています。また、周辺建物を概略ラインのみ表現しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事