• 2017/08/25
  • PR

マンションの売却価格について知っておくべき3つのこと

20170127 baikyakukakaku 02

マンションを売却するうえで、最も気になるのが「いくらで売れるか」でしょう。
やはり、なるだけ高く売りたいものです。お得に売却するためにも、売却価格の決まり方や、査定と売却価格の違いなどを抑えておきましょう。

1.マンションの売却価格の決まり方

マンションの売却価格の決まり方

マンションを売却する場合、まず仲介役となる不動産会社に査定額を出してもらいます。
この査定額をもとに実際の売却額を決めていくのですが、必ずしも2つの価格が一致するというわけではありません。

査定額は、過去の売買状況などをもとに不動産会社が出した参考価格です。
一方、売却額は、査定額をもとに日当たりや間取りなど様々な条件を考慮した価格であり、最終的には不動産会社と売主が綿密に話し合いを行ったうえで決定されます。そのため、2つの価格に差が生じることがあるのです。

2.「仲介」と「買取」、どちらが価格的にお得?

「仲介」と「買取」、どちらが価格的にお得?

仲介業者を使いマンション売却する場合、「仲介」又は「買取」どちらかの方法を取ることになります。

「仲介」とは、売主に依頼された不動産会社が買主を見つけ、契約を成立さえる方法のことです。
この場合、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があったり、買主が見つかるまで時間がかかったりするといったデメリットが発生します。また、広告などで宣伝をするため、売却の事実を周囲の人間に隠すことは難しいです。

一方、「買取」は、依頼された不動産会社自身がマンションの買主となります。そのため、仲介のときとは違い、仲介手数料が発生しない契約形態をとっていることも多いです。さらに、買主を探す必要がないので、早期売却が可能となり、早ければ数日で現金を手にすることができます。

ここまで見た限りだと買取の方が売主のメリットが大きいように感じますが、一概にそうとは言い切れません。買取は仲介と比較すると、売却価格が安く設定されるというデメリットが生じます。これは、不動産会社側が事務手数料や発生するはずだった仲介手数料、買取後のリフォーム費用などを差し引いて価格を算定しているためです。

このように、売却額という側面で2つの方法を比較するのであれば、仲介の方がお得であると言えます。「仲介」と「買取」2つのメリット・デメリットをよく考えたうえでマンション売却を検討しましょう。

3.価格を知りたいなら、まず一括査定!

価格を知りたいなら、まず一括査定!

一括査定は、複数の不動産会社の査定額を一度に見ることができるので、相場感を把握することに繋がります。O-uccinoの売却査定なら、地域密着型から大手まで様々な不動産会社と提携しているのでオススメです。

また、一括査定は、不動産会社の絞り込みができるという点も大きなメリットの一つと言えるでしょう。不動産会社によって、得意・不得意な分野というのがあるので、マンション売却が得意なところの方がよりお得に売ることができるのです。

マンションを売却する際は、「仲介」と「買取」どちらかの方法を取ることになりますが、いずれにせよ不動産会社に査定額を出してもらう必要があります。O-uccinoの売却査定を上手く使い、少しでもお得にマンションを売却してはいかがでしょうか?

ライター/ヨムーノ編集部
Large
ヨムーノ編集部

暮らしと住まいの情報マガジン「ヨムーノ」の編集部スタッフがお届けしています。
Twitter:https://twitter.com/yomu_no

Instagram:https://www.instagram.com/ouccino.jp/

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

新着記事