【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

無印良品やセリアにも!おしゃれなランドリーバスケットまとめ

  • 2018年10月01日更新

数年前に爆発的にヒットした「タブトラッグス」や「ランドリーバスケット」は、“そのまま部屋に置いておいてもインテリアになじむもの”が選ばれるようになってきました。
道具がおしゃれになれば、洗濯だって楽しくなるはず!

そこで、今人気のランドリーバスケットをご紹介します。
無印良品や100均セリアのものもありますよ。

ドイツのコインランドリー「フレディレック」のバスケット

フレディレック ウォッシュサロン」は、もともとドイツ・ベルリンのカフェを併設したおしゃれなコインランドリー。

日本では、学芸大学駅そばにその店があります。

そのグッズとして販売されている数々のランドリー商品が、インスタをはじめインテリア好きに大人気。
ホワイトの流行とともに、「その青いロゴがかわいい」「洗濯に使いやすい」と選ばれています。

持ちやすい「スリム」は、ランドリー棚に置きやすい!

「ランドリーバスケットスリム」はバッグ型なので、持ち運びに便利。
ベランダに洗濯物を干しに行くときも、まるでお買い物に行くかのように片手で運べます。

棚にもすっぽりはまる形がナイスですね!

バッグ型は家族一人ひとりに用意しやすい!

細長いスリムな形は、横幅をとらずに置けるのがポイント。
家族ひとり分ずつ用意をして、洗濯物を分けたり、クローゼットに持ち運んだりと自由自在!

■商品名:フレディレック ウォッシュサロン「ランドリーバスケット スリム」
■サイズ:27×48×36.8cm(ハンドル含む)
■参考価格:1,728円(公式サイト)

ホワイトナチュラル派に人気の「トスカ」

白い脱衣所には大人気の、山崎実業の「トスカ」シリーズ。ランドリーバスケットのMサイズとLサイズがランドリーワゴンとセットになって、2段で使いやすい!

ラウンドタイプはドラマでも放送されて人気に

プロのスタイリストの目に留まり、ドラマでも使用されるほど、スタイリッシュな雰囲気を持つのがトスカのバスケット。

ワゴンセットとはまた違った、幅広のスチールがチェック柄のようで素敵。このようにリビングにおいても、絵になりますね。

■商品名:山崎実業 「トスカ ランドリーバスケット丸型」
■サイズ:約40×40×45cm(ハンドル含む)
■参考価格:6,246円(Amazon)

「バルコロール」はインテリアとしても秀逸!

もともと「ランドリーバスケット」限定ではなく、「マルチバスケット」として販売されているバルコロール。持ち手がロープになっているのが、おしゃれと大人気です。

yukariさん(@na.h____)がシェアした投稿 -

並べるとかわいい! サイズもカラーも多様なことから、その家庭のインテリアに合ったものが選べるはず。
ランドリーだけでなく、部屋の整理整頓にもおしゃれポイントにもおすすめです。

洗濯物だけでなく、子どものおもちゃまで「おしゃれ」に片付けてくれますね!

■商品名:八幡化成「バルコロール M」
■サイズ:40×27×30.5cm
■参考価格:1,944円(Amazon)
※Sサイズ、Lサイズもあります。

無印良品「ステンレスランドリーバスケット」はシンプルで丈夫

ちまたでよく見かけるラウンド型のワイヤーバスケットは、ワイヤーが底面で放射状に組まれていることが多いのですが、無印は格子型。

@snow_kikuchiがシェアした投稿 -

これこそが、頑丈な作りである証拠です。
ユーザーからは、「他のメーカーより高かったけれど、5年以上毎日使っているのに新品同様のまま」という声もあるほど。
シンプルで、洗濯機まわりがすっきりします。

■商品名:ステンレスランドリーバスケット
■サイズ:(大サイズ)約42×37.5cm
■価格:4,500円(公式サイト)
※小サイズもあります。

100均セリアは「ランドリーバッグ」が大人気!

100均ショップでも、ランドリーバスケットが販売されています。

ダイソーでは600円商品が人気。でも、せっかくなら100円で素敵なものが買いたいですよね。
同じ100均ショップのセリアにおいては、全部が100円!現在、こちらの袋状のランドリーバスケットの人気が急上昇中。

マチのついた袋状だから洗濯物はもちろん、隠したいものを包んで床に置いておくだけでもおしゃれ!
洗濯物を入れるのとは違う目的で、購入する人も多いそうですよ。

■商品名:セリア ランドリーバスケット
■サイズ:(30Lサイズ)40×30×20cm、(45L)44×40×25cm
■価格:100円(税別)

デザインGOODなランドリーバスケットで、洗濯も楽しく!

ランドリーバスケット

洗濯は毎日のことだから、「今日は面倒だな」という日も。
そんなときだって、インテリアに映えるランドリーバスケットだったら元気が出そう!

サイズや使い勝手を考える際には、ぜひデザインも意識しておしゃれなランドリーバスケットを選んでみてください。

木月 ハチ
ヨムーノライター
木月 ハチ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事