【バッグと鞄の収納術】ニトリや無印を活用したアイデアまとめ

  • 2017/11/30

プチプラバックから、お出かけ用バッグなど、気づけば増えて埋もれていくカバンたち。
バッグ収納は形が均一でない、形を保てないなど、なかなか難しいものです。
収納を工夫して見つけやすくなれば、使わなくなっていたバッグを再発見するかもしれません。

今回は、グッズ別にカバン収納の方法をたくさん集めてみました!
あなたの生活スタイルに合ったアイデアを取り入れて収納をすっきりさせてみませんか。

ハンガーやボックスで収納するなら無印・ニトリ・イケアが使いやすい

1.無印良品の3連ハンガー

3連ハンガー

使わない時は引っ込められる便利な3連のフック。
ナチュラルな木の表情が、どんなインテリアにもなじみそうです。
ピンを使って取り付けられるので、簡単に付けられますね。

2.ニトリのバッグハンガー アコール

ジョイントバッグハンガー アコール

日常使うバッグはかける収納が1番。
かける場所はおうちのインテリアの事情によって様々です。
壁に掛けたり、ハンガーラックにかけたり、扉フックにかけたりと、あちこちで利用できるニトリのジョイントバッグハンガー「アコール」は超優秀。

しかも、バッグかけが6個入りで、ジョイントできるので、扉や利用サイズに合わせて長さを変えられるのも嬉しい。
例えばシーズンオフのものはクローゼットの中かける、デイリーに使う物は扉の外につるすなどしてもいいですね!

3.ニトリのすべりにくいバッグ・スカーフハンガー

すべりにくいバッグ・スカーフハンガー

もっと手軽に、あるいは、ポールに引っ掛けるだけであれば、すべりにくいバッグ・スカーフハンガーが落ちなくて便利。
一般のS字フックだと揺れてバッグが落ちやすいのが難点、そこを解決してくれています。

4.ニトリのすべりにくい省スペースレディースハンガー

すべりにくい省スペースレディースハンガー

ニトリには滑りにくいシリーズがあります。
衣類用のハンガーですが、これにバッグをかけて収納するのがおすすめ!
使わない時は、衣類用として利用できるので、増えたり減ったりするカバン用に、買い足しなどしなくても良いのが嬉しいですよね。

5.ニトリの収納ケース フラッテ

収納ケース フラッテ

ふたを付けてスタッキングもできる収納ボックスで、カバンをすっきりしまえそう。
一番上の段は蓋なしにしても、小ぶりな手持ちバッグがすっと取り出せて便利かもしれません。
カラフルな色が揃い、部屋の雰囲気で選べるのは、うれしいポイントですよね。

6.イケアのMULIGヴァレットスタンド

MULIGヴァレットスタンド

肩がついて上着が掛けやすいスタンドタイプの見せる収納がこちらのタイプ。
このフックには、普段使っているハンドバッグやトートバッグをかけられます。

背の高さも97センチから145センチと調整可能なので、子どもの園バッグや園グッズを準備するスタンドにも使いやすそうです。

7.イケアのルームディバイダー

ルームディバイダー

せっかくのIKEA、デザインを楽しみたいという人は、ルームディバイダーを利用してみて。
傷もそのままにしてある自然な感じが、風合いになっています。

フックでかけるのもよし、足元の布ラックにおくのもよし。移動式なので、インテリアに合ったバッグを飾って、仕切りとして使ってみても

8.イケアのSKUBBボックス

SKUBBボックス

小さめバックを仕分けしてくれる、イケアの小分け収納BOXのバッグ収納アイデア。
ひとつ約30センチ四方の持ち手つきのBOXが3つセットになっています。

使わない時はファスナーを閉じて折りたためるので、シーズンオフのバッグをしまっておくのによさそうですね。

8.100均グッズでストレージ収納

100均の布製のストレージ収納を並べてすっきりしたバッグ収納スペースにしている人も多いようです。
カラフルなカバンをシンプルなモノトーン収納にできるので、クローゼットもすっきりします。
クローゼット上部に棚のある場合に活用したいアイデアですね。

ヨムーノ編集部

2019年5月7日までサーティワンアイスクリームギフト券が抽選で当たるキャンペーン開催中!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事