【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

簡単に薫製が作れる!インスタ映えのホットプレート?最新の調理家電事情

  • 2018年08月08日更新

炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ、ホットプレート……ここらへんは台所家電の「定番」、たいていの家庭ではそろえていると思います。

これに何かを加えるとしたら?

油を使わずに揚げ物ができるフィリップスのノンフライヤーが登場して以来、家電メーカー各社とも、新機軸を作り出そうと、いろいろな製品が投入されました。中には、「緑茶の葉から抹茶を挽いて淹れる」とか、「木片を使って、煙を出さずに本格薫製ができる」とか、なんだか微妙な製品もいろいろありましたが、最新の便利な調理家電事情が気になる・・・

ヨドバシカメラ・マルチメディアAkibaの三浦卓マネージャーということで都内最大の家電量販店、ヨドバシカメラ・マルチメディアAkibaの三浦卓マネージャーに、オススメの調理家電事情についてお伺いしました。
※記事中の価格は2017年11月取材時点の価格です。

最新の便利な調理家電BEST3

  1. タイガー「本格コーヒーメーカー・グランエックス」
  2. プリンセス「インスタ映えするホットプレート」
  3. パナソニック「チャーシューや薫製が作れる!ロティサリーグリル&スモーク」

いろいろ出ていますが「定番」「便利」「おしゃれ」なものは?

タイガーの本格コーヒーメーカー、グランエックス(ACQ-X020 WF・税込2万1,384円)は売れていますし、オススメできます。

最新の調理家電事情

抽出温度は3段階、浸し時間5段階で15通り、抽出量も4段階から選べて、好きなコーヒーができます。

豆に応じて、「マイベスト」の淹れ方を模索してみるのも楽しいですよ。通常のコーヒーメーカーと変わらないサイズ感で、設置スペースの問題もありません。週末は、店頭で実演もしていますよ。

最新の調理家電事情

家で手軽にカフェ気分、というのはいいですね

カフェ系で、Sirocaのハイブリッド・オーブントースター(ST-G111・税込24,300円)も安定した人気があります。

最新の調理家電事情

トーストに特化した商品で、ふわふわモチモチに焼いてくれます。価格も3万円以下とお手頃ですし、こちらもオススメです。

最新の調理家電事情

おしゃれ家電だと?

「インスタ映え」するものだと、プリンセスというメーカーが出しているホットプレート(103030・税込21,600円)が人気です。

最新の調理家電事情

オシャレなデザインで、最近黒が出ました。カウンターなんかがあるキッチンで使うと、映えると思います。鉄板焼きや、チーズフォンデュを作ったり……。ちゃんと下に油が落ちるようになっていて、機能面もしっかりしています。

プリンセスはオランダのインテリア家電メーカーですが、ドライフルーツを作る機械や、ケトルも作っているので、性能面でもちゃんと信頼できます。

「これが家で作れるようになる」系だと?

パナソニックの「ロティサリーグリル&スモークNB-RDX100」(税込5万9,180円)が人気です。

最新の調理家電事情

パナソニックは薫製を作る「けむらん亭」というのを出していたのですが、それにグリル機能が加わったものです。固まり肉をくるくる回して焼けます。

お店のTwitterアカウントからも動画をアップしましたが、かなり大きな反響がありました。

最新の調理家電事情

例えば、豚肉のブロックを焼き肉のたれで3時間漬け込み、55分焼くと、チャーシューができます。あと、ローストビーフサイズなんかも得意です。

ホームパーティーで出す料理を作るのに活躍すると思います。少し大きいのと、6万円近い価格がネックかも知れませんが、予算と設置スペースに余裕があるのなら、面白い商品だと思います。

まとめ

コーヒータイムや朝食のグレードを上げる商品や、オシャレな空間を演出するホットプレート、本格チャーシューが家で作れちゃうグリルなど、「定番」以外にも、いろいろなキッチン家電が出てきていますね。

ちょっと懐に余裕のある時期に、買い足してみるのもいいと思います。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事