窓ガラスはどの種類がおすすめ?

  • 2021年03月22日更新

ひとくちに「窓ガラス」と言っても、その種類は様々。一般の住宅に使われているものだけでも、板ガラスに合わせガラス、複層ガラスなど、窓の形や用途、取り付け場所などにより、それぞれに特徴があります。すべての住まいに欠かせない存在のガラスですが、どこにどのガラスを付けるのが良いのでしょう。

ガラスも進化している

すべての住宅の窓に使われていると言っても過言ではない、ガラス。最早あって当たり前の存在になっていますが、100年前の洋館など、古い建物の窓にはまっているガラスを見ると、薄くて、何かがあたっただけで簡単に割れてしまうようなものであることに気づきます。私達の住まいに使われるガラスも、昔に比べて、厚さや性能などが進化しているのです。現在の住まいの中で用いられるガラスは、大きく2種類に分けられます。ひとつは、「一般ガラス」。一般的に「ガラス」と言われて思い浮かべる、透き通った一枚板の「板ガラス」や、草花などの模様が描かれたり曇ったような加工が施されたりしていて、透過性を落としている「型紙ガラス」、金網を挟んだ「網入板ガラス」などがこれに該当します。もうひとつは「機能ガラス」。自動車のフロントガラスなどに使用され、割れると粉々になってケガをしにくいように加工されている「強化ガラス」や、2枚の板ガラスで特殊なフィルムを挟んで防音・防災性を持たせた「合わせガラス」、板ガラスを重ねた「複層ガラス」など、一般ガラスに加工を施して機能性を高めたガラスを指します。板ガラスに機能性を持たせているなら、家中すべて機能ガラスにすればいいのではないか、と思えるかもしれませんが、機能ガラスは機能面が加わっている分、価格も上がるのと、場所および窓の種類によっては、単純な板ガラスで十分というものもあるので、一概にそうとも言い切れません。

室内には一般ガラス、外には機能ガラス

例えば、室内の間仕切りに、断熱性などを持たせた合わせガラスを用いても、全く意味がありません。また、リビングと庭を隔てる窓のガラスに、薄い板ガラスをはめると、透明なので庭を眺めるためには適していますが、簡単に破られてしまうために防犯面で期待できません。室内の間仕切りには、可視性の低い型紙ガラスを使えば適度に視線を遮ってくれますし、外とつながっている窓には、防犯面などを考えて、割れにくい加工を施した合わせガラスを使えば、窓を破って侵入されることを防げます。お風呂場のように、湿気が多く、密閉された空間であるがゆえに結露などが気になる場所には、断熱性を高めた「複層ガラス」を使うと、結露を防ぐ効果があります。キッチンのように、火を使う場所では、火災が起きたときに延焼を防ぐため、金網を入れた機能ガラスが多く使われます。北海道など寒さが厳しい地方では、窓ガラスそのものに断熱性を持たせた「防音ガラス」を、室内と室外を隔てる窓にはめこめば、室内の温度を保てます。このように、窓の用途や場所などにより、ガラスは使い分けられるのです。窓ガラスも、それぞれの特徴を活かして適材適所で使い分けることで、住まいの快適性と性能を高める一助となっていることが分かります。割れない機能ガラスをどこに使うかで、家族で意見が「割れない」ようにすることには気を付けてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事