2019年カルディ人気商品!マニアおすすめカレー・おつまみ・ワイン・デザートまとめ

  • 2019年04月05日更新

カレーなど夕飯をリッチにみせる人気商品

Roi Thai ロイタイ マサマンカレー 250ml168円(税込)

公式オンラインショップによるとカルディのカレーカテゴリで1番売れている商品。

おうちで本格的なタイカレーを楽しみたいなら、カルディで断トツ人気のロイタイシリーズがおすすめです。 人気の秘密はもちろん、本格的な味にもありますが、作り方も簡単なことも大きな魅力です。

1パックあたり約2人前のスープカレーが入っています。 あけて鍋に入れ、そのまま好きな具財食材を煮込むだけで完成です。

甘辛い味ととろみが特徴のカレーです。 お肉は鶏肉でも豚や牛肉でもOK。

ロイタイ グリーンカレー250ml198円(税込)

個人的に食べた感想ですが、辛さは5段階の4くらい。えびの香りがほんのりします。 はじめはスパイスの香りがぐっときて、辛さがあとでくる感じです。 くせがないので、いろんなお野菜とアレンジするのがいいかも。

ロイタイ レッドカレー250ml198円(税込)

こちらの辛さは5段階の5を付けたいと思います! 結構最初からえびの味と一緒に辛さもがつんときます。辛いものが好きな方には本当におすすめ!

ロイタイ イエローカレー250ml198円(税込)

グリーン、レッドと比べると、一番味は甘め、辛さも辛過ぎず丁度いい感じです。

イエローはえびが入っていません。 なので、くせが本当になく、どんな具材にも合うと思います。

カルディオリジナル レモンチキンカレー

カルディオリジナルのレトルトカレーはどれも一ひねりあるものばかり!

4種の香辛料とスパイスの香りがあるので本格的なチキンカレーです。 そこにレモンの甘酸っぱさがプラスされているので、夏バテ気味ならおすすめです。

カルディオリジナル シークヮーサーポークカレー180g288円(税込)

次にご紹介するのは、最近のイチ推しシークヮーサーポークカレー。 日本人の好きな、とろりとしたシチュー系のルウです。

沖縄をイメージし、豚肉とゴーヤを入れてじっくり煮込んであります。 さらにシークヮーサー果汁を加えることで、シークヮーサー特有の香りとスパイスの香りが融合し、爽やかな酸味が楽しめるカレーとなっています。

カルディオリジナル パクチーカレー180g308円(税込)

パクチー好きにはたまらないカレーとなっております!

カレーとパクチーって合うの?なんて思っていましたが、これがとっても合うのです! ベースは鶏ひき肉の中辛カレー、その中にパクチーが入っています。

スータイ プーパッポンカレー160g378円(税込)

プーパッポンカレーは、タイで人気のカレーです。 蟹をベースに玉ねぎ、ピーマン、ココナッツミルク、唐辛子等をカレー粉で炒め、最後に卵でとじています。

ヒカリ「甘口カレーが熟辛なカレーになっちゃうソース」289円(税込)

ウスターソースの熟成において沈殿する、香辛料・野菜・果実をたっぷり含んだエキス分をソースにしました。 甘口カレーに適量かけるだけでスパイシーな辛口カレーに仕上がります。

スータイ「タイグリーンカレーチキン200g」332円(税込)

ハーブやココナッツミルクなど本場の味を楽しみたい方にもおすすめです。 また、マクワポァン(スズメナス)のコクのあるスープタイプのカレーは本格的な辛さが特徴です。

実際に袋から出してみた感想として、しっかりとした具の大きさ、香辛料やココナツミルクの香りなど、味覚の前に嗅覚で楽しませてくれる印象ですね。

また、スープタイプなので、今回のようにご飯の横に流すのではなく、別容器に入れるのがいいかもしれませんね。

カルディオリジナル「インドカレーキーマカレー180g」286円(税込)

炒めた玉ねぎとひき肉がしっかり食感として残るのが特徴の「インドカレーキーマカレー」は辛さの中に酸味が残る後味のスッキリとしたカレーです。

香辛料の味をしっかり残して香りはスーッと通るのもいいですね。キーマカレーなので、ご飯以外でも相性は抜群です。

カルディオリジナル「インドカレーバターチキン180g」342円(税込)

日本人の口に合っているというのが一番分かりやすい表現になるのかと思いますが、辛さもマイルドで辛すぎず口当たりも優しいのが特徴です。

そこまで強調したバター風味がなかったのが食べやすかったですね。

また、チキンがごろっと入っているのもレトルトカレーでもボリュームを感じるところでした。

カルディオリジナル「洋食屋さんのビーフシチューの素」378円(税込)

スパイスでより本格的な味わいになる、ワインを使用した本格的なビーフシチューです。

開封すると「ビーフシチューソース」「炒め用スパイス」「煮込み用スパイス」の3つが入っています。とことんスパイスですね。

※ビーフシチューソースはレトルトパウチ商品です。開封後は1回で使い切ってください。

かなり色味は濃いめで、確かに洋食屋さんっぽいですね。

パッケージには”洋食屋さん”とあるので、ちょっと可愛らしく子どもの夕飯でもOKかなと思いましたが、「炒め用スパイス」「煮込み用スパイス」の連続投入で、スパイスが効いた、ほぼ大人向けのビーフシチューという感想です。

カルディオリジナル「ザンギの素2p」168円(税込)

カルディオリジナル「ザンギの素2p」

ザンギというネーミングと美味しそうな唐揚げのイメージ画像が目立ちますが、よくみると熊2頭のイラストが唐揚げを持ち上げているのがカワ(・∀・)イイ!!

※北海道では、揚げ物をザンギといいます。

カルディオリジナル「ザンギの素2p」

本品にはザンギの素が2袋(40g×2袋)入ってます。

カルディオリジナル「ザンギの素2p」

カルディオリジナル「ザンギの素」は、北海道の丸大豆醤油を使い、生姜、にんにく、昆布エキスをあわせた”ザンギたれ”です。

お弁当屋さんなどで食べる唐揚げとは違い、味が濃く(漬け込み時間で変わると思います)、たれの甘辛さが1個1個に染みわたっていて、こんな味付けの唐揚げは新鮮でおいしかったです。

味の濃さ(甘辛さ)は漬け込み時間を調整することで、家族の好きな味付けを実現できると思います。

カルディオリジナル「混ぜるだけカレー飯131g」

カルディオリジナル「混ぜるだけカレー飯131g」

炊いたご飯に混ぜるだけで、簡単にカレー飯が楽しめる具材入り合わせ調味料です。
鶏肉と赤ピーマンが入ったどこか懐かしい味わい。ドライカレーでもカレーライスでもない新感覚の混ぜご飯です。

白米2合を通常よりやや少ない水の量で炊きます。

カルディオリジナル「混ぜるだけカレー飯131g」

箱の中にはレトルトでよく見かけるような袋が1つ(本品)入ってます。

カルディオリジナル「混ぜるだけカレー飯131g」

盛り付けてみました。卵黄はついていませんが、お好みで。 お米を炊いただけですが、具もしっかり入ってます。 カレー飯なのですが、スパイシーな刺激もなくカレー……にしてはパンチ力が弱い。また、カレールウのようなとろみもないので、ドライカレーかな……というとそうでもない(笑)。

確かに新感覚の飯なのですが、どこかで似たような味を食べたことがあるようなと思わせる懐かしさがあります。

カルディオリジナル プルコギの素 約2~3人前135円(税込)

フルーティーな甘みとニンニクの香りがマッチしたコクのある味で、ご飯がすすみます。
辛くないのでお子さんも一緒に食べられますよ。
安いこま切れ牛肉も柔らかく仕上がりました。1袋の値段も安いので、いくつか常備しておくと忙しい時にさっと使えて便利です。

カルディオリジナル「ご飯に混ぜるだけ」シリーズ ルーローファン2合用

ルーローファン2合用

ルーローファン2合用は、炊いたご飯に混ぜて、数分蒸らして出来上がり。 しっかりと味のついた豚肉、たけのこ、しいたけがご飯に絡みついて、台湾の屋台を思い出します。

カルディオリジナル 混ぜるだけパエリア 魚介サフラン 2~3人前298円(税込)

カルディオリジナル「ご飯に混ぜるだけパエリア魚介サフラン2~3人前」

「パエリア魚介サフラン2~3人前」298円(税込)は、炊いたご飯に混ぜるだけで本格パエリアが楽しめます。
あさりやいかなどの具材も入っているので、本当に混ぜるだけで完成です。

カルディオリジナル「ご飯に混ぜるだけパエリア魚介サフラン2~3人前」

味はサフランの風味が効き、本格パエリアそのもののクオリティです。
そのままでも充分美味しいですが、お好みで野菜やシーフードを足してアレンジも楽しめます。

もへじ「サラダの旨たれ 290ml」

ゴマがたっぷり入っていて、にんにくが食欲をそそる、サラダの旨たれ。
小学生の子どもも大好きで、普段はあまり食べない野菜サラダもこれならパクパク。我が家では必ず予備もストックしているぐらいです。

チャーハンの味付けもこれ一本でばっちり決まるので、料理初心者にも心強い一品です。

カルディオリジナル フリット粉 100g172円(税込)

普通に作っても、軽〜い衣のフリットができますが、もっとサクサクにするコツは、フリット粉を、炭酸水でとくこと。

袋に書いてある水の分量と同量の炭酸水を使うと、炭酸水に含まれた二酸化炭素が油の中で蒸発し、衣の中に細かい気泡ができます。

これがサックサクの食感に繋がるのです。炭酸水で粉をとく時は、混ぜすぎ注意。
だまが出来ていても気にせずに、炭酸水の泡が消える前に、ササッと揚げましょう。

カルディオリジナル 塩レモンパスタソース 30g124円(税込)

カルディの塩レモンパスタソースも、我が家の定番調味料。
2017年に「マツコの知らない世界」で紹介された時は、入荷待ちの札がついた棚の前で、がっくりと肩を落とし「また品切れ!なぜテレビで紹介するのだ!」と恨めしく思ったものです。

最近は、品薄状態も解消されましたが、まだまだ人気商品!見つけたら、即買いが正解です。

こちらは季節限定の「ペペロンチーノソース エビ風味30g」124円(税込) ローストガーリックの香りに誘われて一口! 海老の旨みが広がり、これは美味しい♡唐辛子もピリリとほどよく辛く、10分でこの味ができるなんて、嬉しすぎます。

旬菜まんま亭「信州松代産とろろフリーズドライ6.4g」150円(税込)

旬菜まんま亭「信州松代産とろろフリーズドライ6.4g」

お蕎麦やご飯にかけたり、まぐろと合わせたりとアレンジも様々。

旬菜まんま亭「信州松代産とろろフリーズドライ6.4g」

1個6.4gという量もちょうどよく、お家に常備しておくと便利です。

カルディオリジナル「麺にかけるだけ梅しそじゃこつゆ160g」

カルディオリジナル「麺にかけるだけ梅しそじゃこつゆ160g」

茹でた麺にそのままかけるだけのストレートタイプのつゆ。さっぱりとした梅風味で、ちりめんじゃこもしっかり入っています。

カルディオリジナル「麺にかけるだけ梅しそじゃこつゆ160g」

1袋が1人前になっているので、一人暮らしでも使いやすいですよ。麺を茹で過ぎてしまった日の翌日に、味を変えてちょこっと食べるのにもオススメです。

カルディオリジナル「ビビンバの素2人前」

なんてことでしょう♪ ごはんに混ぜるだけで、ビビンバができちゃうのです!

開封すると、「コチュジャンだれ」と「野菜ビビンバの具」の2つが入っていました。 具のインパクトすごいですね。

旨辛とはこのこと!! ごま油の香りとコチュジャンの旨みがたまらない絶品野菜ビビンバ。 ごはんを炊くだけで、お店で食べるようなビビンバができるなら、リピ買いしちゃいそうな逸品です!

カルディオリジナル「めんたいビビンバの素2人前」

こちらはめんたいビビンバの素324円(税込み)。

カルディオリジナル「めんたいビビンバの素2人前」

ほんのりめんたい風味で辛すぎず、美味しく頂けます。豆もやし、ニンジン、きくらげ、わらびなどの具がしっかり入っています。

ラ・ターボラ生パスタ フェットチーネ110g118円(税込)

ワンランクアップしたパスタを作るときに是非使って下さい! いつもは乾麺を使うのですが、ソースからこだわって作るときはこちらを使用しています。 オイル系よりはクリームソース・トマトソースに合います。

乾麺では表現できない、もちもちでコシのある麺がパスタ好きにはたまりません。

カルディオリジナル ウニの冷たいパスタソース 140g298円(税込)

想像以上にウニ! コクがあるのに、夏らしくサラッとしたソースで、食後も胃もたれしません。おうちにいながら、この満足度!

ラ・プレッツィオーザ ダイストマト缶400g 98円(税込)

こちらの商品は、他のトマト缶に比べて甘いのが特徴です。 カルディの通販サイトでは「そのまま食べてもOK!」というキャッチフレーズも。

口に入れると、生トマトならではのえぐみ(野菜の中に含まれているアク)のようなものはなく、自然な甘みと程よい酸味が広がります。 私の周りのトマト嫌いママたちも、この商品なら食べられる!とのこと。

ホールトマト缶400g98円(税込)もありますよ。

クアンプルン フライドオニオン90g298円(税込)

お料理の仕上げに使用するこちらも個人的にかなりオススメ。 サラダやスープ,オムレツやハンバーグなどなど、何にでも合います。

こちらもおしゃれなパッケージなので、手の届くところに置いて楽しみつつ……使いたい時にはさっと手に取れています。

ラ・カンティーヌ

おしゃれなパッケージでSNS映えするラ・カンティーヌ。 マルハニチロさんから展開されている商品ですが、こちらもカルディで手に入ります。

小瓶の容器にはバーニャカウダソース540円(税込)。 缶の容器は、鯖フィレエクストラバージンオイル367円(税込)で種類展開も豊富です。

カルディオリジナル「セビーチェの素60g」198円(税込)

「セビーチェ」という、ペルーやメキシコなどのラテンアメリカで食べられている魚介のマリネです。

塩とたっぷりのレモン果汁を細かく切った野菜と魚介にかけてよく混ぜ合わせたものになります。 お好みでオレガノなどの香草やオリーブオイル、唐辛子やにんにくを加えて味をアレンジします。

スータイ「ガイヤーンペースト50g」124円(税込)

こちらは主にタイの東北部で食べられている焼き鳥のことで、現地では屋台などで販売されているそうです。 「ガイ」は「鶏」、「ヤーン」は「焼く」という意味です。

調理方法は簡単で、鶏むね肉にペーストをすり込んで15分ほど浸けおきした後、油を引いたフライパンで火が通るまで焼き上げるだけです。

岩手県産「サヴァ缶170g」410円(税込)

2018年11月2日時点のカルディコーヒーファーム公式オンラインショップでは「在庫僅少のためおひとり様2点まで」状態。在庫数はあと17点の人気?商品。

国産サバのオリーブオイル漬けです。 クセがなくて食べやすいので、サラダやパスタなど洋風料理にも良く合います。

アオザイ「フォー(8小分けタイプ) 400g」313円(税込)

ベトナムの代表的な麺フォーは、米粉を原料としています。 小麦粉を含まない麺なのでグルテンフリーな食材なんです。

米粉でできたフォーのカロリーは1人分100g250kcal。 ちなみに、小麦粉でできたスパゲティのカロリーは1人分100g379kcal。ダイエット中に選ぶなら、断然スパゲッティよりカロリーが低いフォーをおすすめします。

もへじ「素材がおいしい 国産きのこごはんの素(2合用・2~3人前)」415円(税込)

もへじ「素材がおいしい 国産きのこごはんの素」は、ぶなしめじ・舞茸・エリンギ・椎茸の4種の国産きのこの風味と食感が楽しめます。

ごはんの素1箱だけで、国産きのこ4種と追加の具材で具沢山炊き込みごはんの完成です。 期待以上に具材が大きくて、お得感があります。

食感だけでなく、旨みもしっかりあります!

カルディオリジナル「黒麻婆豆腐の素100g」198円(税込)

トウチ、豆板醤、甜麺醤の旨味とコクに、麻辣醤の辛味が効いた黒麻婆豆腐の素を使って「麻婆豆腐」を作ってみました。

深めのフライパンでひき肉を炒め、黒麻婆豆腐の素を投入。 しっかりと絡めた後、豆腐を加えれば完成です。

一口食べた……正確には、口に含んだ時点で、辛っ、 辛い! 辛いけど、麻辣醤(マーラージャン)最高かよの旨さがあります。 この辛さが少しキツイと感じたら、ライスを投入して丼にすると少し食べやすくなります。

もへじ「あらほぐし焼鰤80g」「あらほぐし焼鯖80g」各448円(税込)

三陸産の定置網で漁獲された天然なぶりを使用した焼鰤です。 ”あらほぐし”と命名されたとおり、魚の身がゴロゴロッと入っています。

原材料に食塩や魚醤(魚介類)が使用されていますが、しょっぱさはほとんどなく、素材の味が本当にそのまま瓶詰された商品です。
お茶漬けにも合いそうです。

稀に小骨が混入しているので、子どものご飯にのせる時は十分注意してください。
鰤派、鯖派に朗報なご飯が進む逸品をこの機会に食してみてはいかがでしょうか。

味噌パウダー

おすすめの使い方として袋に書いてあるカルパッチョを作りました。赤味噌のコクのある味わいが淡白な魚介類によく合います。
パウダーを直接ふりかけるので、少量でしっかり味噌の味を感じられ、減塩にもなりそうです。価格が安く、1度に使う量が少ないこと、アレンジを考えるのも楽しいコスパが高い商品です。

白味噌パウダー 163円(税込)もあります。 カルディのおすすめレシピは、パン粉に混ぜて、白身魚にふりかけてオーブン焼きにしたり、チーズとあわせて和風チーズフォンデュにしたりと、お手軽でユニーク!

バニラアイスと味噌パウダーの組み合わせもおすすめされており、味噌の風味と塩気が、甘さを引き立てるという提案も面白いですよね。

石垣島 ペンギン食堂ラー油 100g1,198円(税込)

7年前、空前の大ブームになった調味料といえば、ラー油。
ラー油ブームを牽引し、あまりの人気で手に入らなかったのが、ペンギン食堂のラー油です。

今では、カルディで気軽に買うことができるのです(笑)。

萬有栄養 燻味塩(くんみえん) 40g162円(税込)

使い勝手がいいのが、この燻味塩です。
いつもの塩のかわりに、パラパラッと肉や野菜にかけるだけで、まるで燻製にしたかのような香ばしい風味がつくのです。

もへじ たまごにあうお醤油 150ml356円(税込)

目玉焼きは醤油派、ソース派、ケチャップ派など、ときどきSNS上で論争になりますが、醤油派の中でもさらにこだわりが増えそうですね。
ちなみに私は、醤油・ソース・ケチャップどれでもOK派というこだわりがない派です。

たまごにあうお醤油を使ったTKGは、黄身の旨みがぐわっと口の中に広がります。黄身をかきまぜたはずなのに、まるで黄身をそのまま食べているかのような美味しさが伝わります。

四季彩々「欧風だし」

ローストオニオンエキス、セロリ粉末、キャロット粉末、フライドガーリックなどを使用した欧風だしの素です。動物性素材不使用、化学調味料も無添加で、健康を気にするかたでも使用できます。

野菜をじっくりと煮込んだ味がするので、砂糖なしですが自然の甘みや旨味があります。

ボルシチやピラフ、ポトフ、カレーやシチュー、ロールキャベツなどのスペシャル感のある夕食メニューにも使うことができ、料理の味を一層美味しくできるだしの素です。

インディアン カレーパウダー 160g679円(税込)

数多くの市販のカレーにも砂糖が入っていますが、こちらのインディアンカレーには砂糖が入っていません。

こちらのインディアンカレーを様々な料理にかけるだけで、簡単に美味しいインドカレー味になるので重宝しています。

特におすすめなのが、このインディアンカレーパウダーで作ったバターチキンカレーです。 私はカレーに生のトマトを入れることで自然の甘みを出しています。

イバラ「グレープシードオイル」

グレープの種から作られたオイルです。 砂糖は入っていませんが、ほんの少しだけ甘い香りがします。 料理の邪魔にならない程度の香りなので何も気にすることなく使用できます。

おすすめは純りんご酢とグレープシードオイルを1対1で割ったドレッシングです(塩コショウはお好みで)。簡単なのに生野菜や海藻との相性が抜群!本格的なドレッシングになるところが魅力です。

そしてこのオイルのさらにいいところは、普通の油のようにドロドロと固まらないところです。油ものを洗うときの嫌な感じがなく、汚れ落ちが早いんです。このオイルには抗酸化作用もあるので体にもやさしそうですね。

スパイスアップ レモンペッパー(ミル付き)59g306円(税込)

カルディ名物・ミル付きの万能調味料といえば、スパイスアップ! 麻辣ペッパーやイタリアンハーブなど、人気のスパイスの中から、一番のお気に入りが、レモンの香りがする「レモンペッパー」です。

こちらは「ヒマラヤピンクソルト(ミル付き)」306円(税込)。 大容量110gなのに、好きすぎて、使いすぎてしまいます。 補充しなければいけません!

最初に購入した時はあまり期待していなかったのですが、この塩をかけるだけで料理が見違えるように美味しくなったので大好きになってしまいました。

チャオコー バージンココナッツオイル 大 405g1,350円(税込)

暖かいところでは液体になり、寒いところでは固体になる変わったオイルです。 ココナッツの自然の甘さがあり、サラダからデザートまで使えるオイルです。

私はココナッツオイルにプレーンヨーグルト、チアシードを入れて食べています。ココナッツオイルが液体の時も甘みを感じられて美味しいのですが、固体の時はプラスでココナッツオイルの食感を感じられるのでさらに美味しくなりますよ。

ベストフーズ リアルマヨネーズ 430g498円(税込)

ベストフーズやリアルマヨネーズなど、品質へのこだわりが感じられるネーミングですね。 カルディの白味噌パウダーと混ぜ合わせれば、とても美味しい味噌マヨネーズの出来上がりです。 焼きおにぎりにも合いますよ。

カルディオリジナル「ハリッサ(アリッサ)110g」415円(税込)

ハリッサ(アリッサ)はモロッコ生まれの唐辛子ペースト。 パプリカベースでコリアンダー、クミン、にんにく、オイルなどを加えてあるので辛すぎず、<やみつき万能調味料>として食べやすいのが特徴です。

カルディの公式ホームページには、塗ってピザトースト風にしたり、フムスと鶏肉と一緒にトルティーヤサンドにしたりといったレシピが紹介されていましたが、我が家の定番はひき肉と炒めてガパオライス風に使うこと!

「アンチョビペースト60g」367円(税込)

この商品は、チューブにアンチョビがペースト状になって入っているので、使いたい時に使いたい分量を出すだけという簡単さ。

もちろん味は本格的です。

冷蔵庫に常備しておくと、ペペロンチーノパスタやアンチョビポテト、バーニャカウダなど、本格イタリア料理も簡単に作ることができますよ!

「マイソルトコレクション」で変化をプラス

こちらのマイソルトコレクションも、ひと振りふた振りすることで、パッと香りがかわることで大人気に! 

しかも1本100円という価格が話題でした。(2018年11月現在、量が倍になって150円と、さらにお得に) 炒飯、おにぎり、サラダにも……、どんどん試したくなります。

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪
・「To May(トゥーメイ)マルチポット」が抽選で当たるキャンペーン♪オウチーノ公式Instagramアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事