【キッチンの引き出し収納術】スッキリ片付く3つのコツと実例25選

  • 2019年06月20日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

キッチンの引き出し収納がスッキリ片付くと、料理がしやすく気持ちがいいですよね。しかしキッチンには収納するものが多く、効率的に収納するのは意外と難しいものです。

そこで今回は、前半ではヨムーノライターYOUさん宅でのキッチンの引き出し収納事例を、後半では収納の達人が実践する、収納アイデアをお伝えします。

YOUさん宅のキッチンの引き出し収納事例

お料理中は必要なものをすぐ手に取りたいので、キッチンの収納はできるだけワンアクションで取り出せるようにしています。

ポイントは、「シンクで使うものはシンクの下」「調理台で使うものは調理台の下」「ガス台(IH)で使うものはガス台の下」と、使う場所の近くに収納することです。

そこで今回は、ワンアクションで取り出せるキッチン引き出し収納術を紹介します。

キッチン収納術(1)引き出しは「詰め込みすぎない」ことを意識する

キッチン引き出し収納術1

キッチンの引き出しの中には詰め込みすぎず、一目で収納しているものが分かるようにしています。

余裕を持たせることで、出し入れがしやすく、使い勝手が良くなりました。

また、細々した消耗品やストック品などは、市販のケースなどを利用して、できるだけスッキリさせるようにしています。

キッチンのシンク下の引き出し収納

キッチン引き出し収納術2

調理に使うボウル・ザル・鍋は、キッチンの引き出しスペースの関係で重ねて収納。

まな板と包丁は、引き出しの扉側にまとめています。

キッチン引き出し収納術3

さらにその下の引き出しには、ポータブルコンロや鍋、水切りラック、ケトルを収納しています。

キッチン引き出し収納術4

計量カップ・計量スプーン・ハサミ・ピーラーは調理台下の引き出しに収納して、作業中に「サッ」と取り出せるようにしています。

ガス台(IH)下の引き出し収納

キッチン収納5

ガス台(IH)下の引き出しにはフライパンとツール、液体調味料(醤油・日本酒・本みりん)、シンク下に収納しきれなかったお鍋を収納しています。

キッチン引き出し収納術6

下の引き出しにはストウブ鍋と鍋つかみ、スキレットと天ぷら鍋を収納しています。

キッチン収納術7

スキレットと天ぷら鍋は使用後にシーズニングをするので、バスケットにタオルを敷き、汚れたら交換するようにしています。

収納に使っているのは、無印良品の「ステンレスワイヤーバスケット」です。

小物は細かくまとめて収納

キッチン収納術8

シンク下のスライドトレーにティッシュ、キッチンペーパー、後片付けに使うポリ袋や水切りネット、レジ袋などを並べています。

キッチン収納術9

レジ袋は、ニトリの収納ケース「ブラン」に放り込む形で収納しています。

キッチン収納術10

水切り袋やポリ袋を収納しているケースは、楽天の店舗(mon・o・tone)で購入しました。最近は、100均(セリアなど)でも同じタイプのケースが販売されているようです。

キッチン収納術11

キッチンペーパーが少なくなってくると、横に並べているケースが倒れやすくなるので、無印良品の「仕切り板」で押さえています。

キッチン収納術12

食洗機と調理台下の引き出しには洗剤やスポンジのストック、油凝固材やポット洗浄液など雑多なものをまとめました。

キッチン収納13

雑多なものはジップバックに入れて、ニトリの「ブラン」に収納しています。

キッチン収納術(2)調味料は「利用頻度」でしまう場所を決める

キッチン収納14

液体調味料と利用頻度の多い粉物は、アクセスの便利な調理台下の引き出しに収納しています。

キッチン収納15

液体調味料は、引き出し内の汚れを防ぐ目的でバスケットにまとめています。

バスケットは100均(セリア)で購入。ソフト素材なので、サイドに丸みのある引き出しにもフィットします。

キッチン収納16

消費の早い調味料やスパイスは、グリル横の引き出しに収納しています。

キッチン収納17

その他のスパイスは、湿気対策として冷蔵庫に保存するようにしています。

キッチン収納術(3)食器棚も「ワンアクション」を意識する

キッチン収納18

食器は、キッチンの後ろにあるトールキャビネットにまとめています。

キッチン収納19

利用頻度の多い食器やグラス類は、ワンアクションで取り出せる棚に。お皿の収納に使っている台は、無印良品の「アクリル仕切り板」です。

キッチン収納20

その他の食器は、下の引き出しに収納しています。食器を収納しているバスケットは、100均(キャンドゥ)のものです。

キッチン収納21

キッチンの形状やサイズ、引き出しの数によって、収納方法は変わってきます。

今回ご紹介した内容が、みなさんのキッチンに「ピタッ」とくる収納のヒントに繋がれば嬉しいです。

ライター:YOU(ゆう)
平屋のお家から、住宅・インテリア・収納のことを発信中!「白黒×ちょっと北欧」のシンプルモダンなインテリアと、使いやすい美・収納を目標に頑張ってます。
Instagram:@sh.atyou
YOU(ゆう)
ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事