注目ショップ続々進出の立川!駅周辺はアートたくさんのおもしろスポット!

  • 2018/02/02

注目ショップの進出ラッシュで注目の、東京の立川市。

実は、立川駅の周辺はおもしろい形をしたアート(オブジェ)がたくさん立っている、ユニークなスポットなのです

そこで今回は、立川駅周辺のおもしろアートをいくつか紹介します!

近年、注目ショップが進出している立川

ここ数年、注目ショップの進出ラッシュで、「盛り上がりっぷり」が凄まじい東京の立川!

この盛り上がりは、2008年、駅ビルに「クリスピー・クリーム・ドーナツ」がオープンしたのを機に加速しています。

駅ビルの「ルミネ立川」「グランデュオ立川」「エキュート立川」内に人気ショップが相次いで入り、最近では「IKEA立川」「ららぽーと立川立飛」と大型ショップ・ショッピングモールもオープンし、東京西エリアの“おしゃれ番長”に踊り出ています。

交通事情が大変よく、都心から離れているため、車でのショッピングが可能です。また、中央線や南武線、立川モノレールが通っているため、老若男女問わずアクセスしやすい場所に位置しています。

知られざる、駅周辺の「おもしろアート(オブジェ)」

立川駅北口を歩きまわると、野外におもしろい形をしたアート(オブジェ)がたくさん存在するって、知っていましたか?

実は、1994年に米軍基地跡地の再開発事業ファーレ立川によって、街全体の美術館構想が具現化されたのです。

街のあちこち、手の触れられる距離にアートがあったり、子供が遊べる場所にあったり、さらにはクールに自分を演出できるインスタスポットにもなっているんですよ。

それでは、おもしろアートを紹介しましょう。

セルタイプス、オーガネル、オーガニズム(Cell Types,Organelle(Cell groups)、Organism)/作者:トニー・クラッグ(Tony Cragg)

立川おもしろスポット1

浮くかたち-赤/垂(Floating Form-Red/Vertical)/作者:植松奎二(Keiji Uematsu)

立川おもしろスポット2

自転車もどき VI(Bicycloid VI)/作者:ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)

立川おもしろスポット3

会話(The Conversation)/作者:ニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle)

立川おもしろスポット4

赤い作品“母と子を殺した父親のようなもの”(“Like a Father Who Has Killed His Wife and Child”)

青い作品“父親に殺された子を受精させた父親のようなもの”(“Like a Father Who Fertilized the Child He Had Killed”)

作者:彦坂尚嘉(Naoyoshi Hikosaka)

立川おもしろスポット5

黒い竜-家族用(Black Dragon-for family use)/作者:マリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramović)

立川おもしろスポット6

星座又は星の宿(Constellation, or Star Shelter)/作者:片瀬和夫(Kazuo Katase)

立川おもしろスポット7

ダブルベンチ(Double Bench)/作者:アレシュ・ヴェゼリ―(Aleš Vešelý)

立川おもしろスポット8

山(Mountain)/作者:アニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)

立川おもしろスポット9

耳の椅子(Ears with Chair)/作者:藤本由紀夫(Yukio Fujimoto)

立川おもしろスポット10

キャラクター名:ウドラ

立川おもしろスポット11立川おもしろスポット12

ウドラとは、立川うどを怪獣化した、立川市公認なりそこね「ゆるキャラ」です(w)。

天気のいいお休みの日は、旦那さんや子供、お友だちと一緒に立川駅北口からIKEA立川店へちょっと寄り道しながら散歩して、これらのアートに触れてみてはいかがですか。

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

特集記事

この記事に似ている記事があります

新着記事