• 2018/10/20
  • PR

アドバイザーおすすめのクローゼット収納術!1年間着なかった洋服は処分しよう

Closetclean

冬の寒さにも慣れてきたこのごろ。

早くも店頭には春物の洋服が並んでいて、そのカラフルさに目を奪われてしまいますよね!

でも洋服を買おうとする前に、一度立ち止まって、クローゼットの収納がどうなっているのかよく考えてみましょう。

クローゼットの中は洋服を詰め込みすぎて、すでにいっぱいなんて人も多いはず。

そこで今回は、整理収納アドバイザーがおすすめするクローゼット収納術をご紹介します。

【クローゼット収納術1】始める前に、まずは掃除から!

クローゼットの掃除をするなら「上から下に」!

毎日身支度を行うクローゼットは、洋服の脱ぎ着で意外とホコリがたまりやすい場所です。

そんなクローゼット収納の見直しをする前に、まずは衣類などを全部出して掃除をしましょう!

クローゼットの収納術1

汚れは上から下に落ちて行くため、上から掃除を始めるのが正解。

中にあるものを全部出して何もなくなった棚のホコリを、まずは掃除機などで吸い取り、その後、水拭きしてからしっかり乾燥させてください。

引き出しも同様に、中にある洋服を全部出すところから

クローゼットの収納術2

引き出しも、まずは中にある洋服を全部出すところから始めましょう!

引き出しの中は、洋服から出たホコリがたまりがち。

棚のときと同じく、まずは掃除機でホコリを吸い取り、拭き掃除をしてしっかり乾燥させましょう!

クローゼット内の洋服を出すのは、「少しずつ」で大丈夫!

「いきなり全部出すのはハードル高すぎ!」という人も多いのでは?

クローゼットには、たくさんのモノが収納されています。いきなり全部出すのは勇気がいるもの。

そんな場合は棚1段から、引き出し1つから、掃除と見直しを始めてみましょう。

限られた範囲なら全部出すのも苦ではないし、少ない時間でも見直しをすることが可能です!

【クローゼット収納術2】洋服の見直しをする!

「1年以内に着たかどうか」が判断基準

クローゼットの棚や引き出し内を掃除して乾燥させている間に、出した洋服などを見直してみましょう!

クローゼットの収納術3

洋服の見直し方法はとっても簡単。「1年以内に着たかどうか」を基準に分けていくだけ。

1年間も着ていないものは、来年になって着るとはなかなか考えられません。

そういった洋服は思い切って処分し、今着ているものだけに厳選しましょう。

洋服の見直しでほかに考慮する判断基準

クローゼットの収納術4

クローゼット内の洋服を見直す際には、こんな点も判断基準にしましょう!

  • 取れない毛玉ができていないか
  • 首回りがよれて伸びていないか
  • 黄ばみや色褪せはないか
  • 経年劣化による「疲れ」はないか

洋服は消耗品なので、着続けているとどうしても悪くなってしまいます。

気に入っている洋服でも上記のような状態なら、“お疲れ様”の気持ちを込めて、思い切って手放しましょう。

捨てられない原因はいろいろだけど……

1年以内に着てはいないけれど手放せない。そう思う原因はいろいろあります。

「高かったから」「もしかしたらこれを着るシチュエーションが現れるかも」「体型が変わったら……」

どんなに高かった洋服でも、今着ることができないなら「タンスの肥やし」でしかありません。

「もしかしたら……」と思っている洋服も、着る機会が訪れることは少ないと考えるべきでしょう。

クローゼットの収納術5

流行は繰り返すと言いますが、実際に繰り返された流行は生地も形も色も異なるものです。

また、その分自分自身も年齢を重ねているので、果たして同じものを着ることができるのか、冷静に考える必要がありますよね。

見直しで迷ったら、一度袖を通してみよう!

もし手放すのを迷っているなら、一度袖を通してみることをおすすめします!

着用して鏡の前に立てば、洋服を客観的に判断することができるはず。

それでも迷うようなら、着たまま外に出ることができるのかを考えてみてください。

「着てみてしっくりこない」「外には到底出ることができない……」

着てみてからそう判断した洋服は、スッキリ手放すことができますよ。

【クローゼット収納術3】洋服を手放すほかの方法も検討してみる

クローゼットの収納術6

処分する以外に、洋服を手放す方法はほかにもあります。

  • フリーマーケットに出す、またはフリマアプリを活用して出品する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • ブランド品買取サイトを利用する
  • NPO法人などを通じて発展途上国に寄付する
  • ユニクロやGUの商品なら、店頭引き取りでリサイクルしてもらう
  • H&Mの店頭にあるリサイクルボックスを利用する

捨てると思うと後ろめたく感じられる洋服も、「誰かの役に立つ」と思えば潔く手放せるものです。

これらの方法を、積極的に利用してみてください!

クローゼットの収納術7

洋服の詰め込みすぎは、風が通らず湿気がこもり、虫やカビの原因になってしまいます!

毎日の身支度を整えるクローゼットは、洋服もホコリも溜まりがち。

定期的に掃除をし、ついでに洋服の見直しもできれば、いつでもキレイな収納空間を保てます。

季節の変わり目に、掃除と洋服の見直しをする習慣を持つといいですね!

大切な衣類を守るためにも、今着ている洋服だけにして、風通しの良い、使いやすいクローゼット収納を目指してみてくださいね!

ライター:我が道ライフ 大木聖美
横浜在住の整理収納アドバイザー。 整理収納アドバイザー2級認定講師です。IKEA、無印良品、整理収納と掃除が大好き!北欧風シンプルモダンな、我が道インテリアです。「収納を美しく!使いやすく!!」
Instagram:@wagamichilife
我が道ライフ 大木聖美

Large
我が道ライフ大木聖美

横浜在住の整理収納アドバイザー2級認定講師。イケア、無印良品、整理収納と掃除が大好き!北欧風シンプルモダンな、我が道インテリアです。「収納を美しく!使いやすく!!」

Instagram:@wagamichilife

我が道ライフ大木聖美 の記事一覧を見る

この記事の関連するキーワード

関連する記事があります

新着記事