• 2015/09/30
  • PR

札幌駅北側から北海道大学、そして郊外エリアへ。変化に富む緑豊かなまち・北区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Sapporoshikitaku01

市の中心・札幌駅北側に位置する札幌市北区は、1972年に札幌が政令指定都市となった際に誕生した7区のうちの一つです。区内北側にはかつて、典型的な田園風景が広がっていましたが、現在では都市基盤整備が進み、商業地・住宅地としての利用が多くなっています。北海道大学はこの北区にあります。

札幌市街地から北部に位置する北区は、区境に川が多いのが一つの特徴です。北側の石狩市と当別町との間に発寒川・茨戸川・石狩川が、東側は創成川を挟んで東区に接し、西区と手稲区との区境には新川が流れています。また、南側、中央区との境界はJR函館本線です。北区の区域は札幌で三番目に広く、人口は最も多くなっています。交通環境についても、北区は利便性が高く、市営地下鉄南北線の5駅が北区内にある他、JR札沼線(学園都市線)が区域の多くをカバーしていますし、バスも利用できます。南部はもとより、中北部地域からも札幌市中心部へのアクセスが便利です。また、区境に近い東区の丘珠空港を利用すれば、道内各地や本州へも比較的楽に出かけることができます。土地は平坦で起伏が少なく、土地は粘土質の土や泥炭地が多くなっています。水資源に恵まれている北区は、茨戸地区の美しい水郷風景や、屯田防風林、創成川沿いに続くポプラ並木など、緑深い風景が点在しています。ちなみに、北区のシンボルマークにはポプラ並木と北極星がデザインされています。ここ数十年で、北区は北部地域の農地の宅地化、道路・上下水道などインフラの整備が進みました。道営・市営の公共住宅団地も数多く造られました。住宅地化に伴って学校や図書館、地区センター、商業施設なども増え、北区はより暮らしやすい街へと変化し続けています。また、南部地域では、従来札幌駅北口エリアの開発が進まない原因となっていた、線路による交通渋滞が、1988年の鉄道高架事業完成によって解決しました。以来、公共施設やオフィス、飲食店などが入る高層ビルが次々と建ち、従来から賑わっていた南口側とともに、繁華街らしい華やかさが見られるようになっています。

そして、北区は教育施設の多い文教地区としても知られています。大学だけでも、北海道大学はもとより、北海道大学札幌校や藤女子大学という伝統校、医療系の北海道医療大学あいの里キャンパスも北区内にあります。高校も、札幌北高など北海道立が6校、市立が1校、私立が2校あります。

急発展と開拓の歴史が身近に感じられるまち

札幌駅の繁華街に接する北区ですが、区内にはあと二箇所、歓楽街として知られている場所があります。ともに地下鉄南北線の駅がある、北24条駅周辺と終点の麻生駅のエリアです。昭和初期から電車が通り、いち早く発展したこともあり、ファストチェーンと並ぶ、昔ながらの個性あふれる飲食店なども点在しています。すすきの界隈や札幌駅周辺とはまた違う雰囲気が楽しい、北24条と麻生地区です。人口増による発展、教育施設があることで若者が集まる地域環境など、札幌の中でも元気のいい北区ですが、区独自の取り組みで活性化を図るなど、今後もますます魅力ある街づくりが進められていきます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事