• 2015/09/30
  • PR

豊かな自然と落ち着きのある街並み「札幌市西区」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Sapporoshinishiku01

地下鉄東西線沿線のにぎわいを軸に、周辺には住宅街や商業施設が発展している札幌市西区。手稲山をはじめとする雄大な山々を身近に感じながら生活できるエリアです。生活の利便性と落ち着きある環境のバランスがとれた札幌市西区についてご紹介します。

札幌市西区は札幌市内の西寄りに位置する区で、75.10平方k㎡という南区に次いで2番目に大きな区域面積を有し、中央区と南区、1989年に分区した手稲区と隣接しています。

西区内には市営地下鉄東西線の二十四軒駅から宮の沢駅までの4駅があるほか、琴似、発寒の両地区にはJR駅もあり、札幌の都心部へもスムーズなアクセスが可能です。また、地下鉄の各駅にはバスターミナルが併設されており、近隣地区へと運行されています。札幌と小樽方面とを結ぶ交通の要、北5条手稲通(旧国道5号線)が区内を走り、沿線には飲食店や各種大型店舗などが数多く立地するため、車での買い物にも大変便利な環境を持ちあわせています。

西区の南西部には手稲山をはじめ、三角山、五天山といった山々が連なっています。区の中央を流れる琴似発寒川は、その山々から流れ出るいくつもの河川を集めて流れる西区のシンボル的存在です。流域にはいくつもの河畔公園があり、遊歩道やサイクリングロード、緑地などが美しく整備されています。近隣住民の積極的な活動できれいな環境が保たれ、秋には鮭の遡上が見られる貴重な川でもあります。

西区は、大きく分けて7つの地域に区分することができます。その中でも、琴似地区は歴史も古く、明治時代に屯田兵が入植し開拓したことで栄えていった地区であり、西区の中心的存在です。区役所があるほか、地下鉄駅とJR駅とを結ぶ約800mは、琴似のメインストリートとしてスーパーや飲食店、ホテルなど多くの商業施設でにぎわいをみせています。対面販売の風情ある市場が残る反面、タワーマンションの建設が続くなど、新旧入り混じった魅力をもち、また、中心部へ出ずとも区内で用事が足せる快適なエリアとして注目されています。また、1999年の地下鉄延伸により誕生した宮の沢駅周辺地区は、西区の中でもいちばん新しい発展を遂げているエリアで、駅周辺にはマンションが多く立ち並んでいるほか、買い物施設や医療機関もあり、生活しやすい環境が整っています。また、観光客でにぎわうお菓子のテーマパーク「白い恋人パーク」も宮の沢駅周辺エリアにある人気スポットです。

大学生PR隊が西区の魅力を発信

西区では、区の魅力を広く紹介するための広報活動として冊子「にしく、いこ」を刊行しています。これは、大学生による「西区PR隊」が、企画から取材、記事執筆など冊子作成のすべてを担当した情報誌です。札幌市では、若者がもっと市民自治に関われるようにと、大学生とタッグを組んだまちづくりの推進をおこなっており、「にしく、いこ」もその一環の活動です。グルメスポットやパワースポット、自然、文化など幅広いジャンルを対象とし、若者の視点で西区の魅力を分析、紹介しています。中身が濃く、ユニークでカラフルな構成は、行政が制作したとは思えない親しみやすさがあることでも注目されています。冊子は、区役所やまちづくりセンター、掲載店舗などで無料配布されています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事