• 2015/09/30
  • PR

郊外でのんびりと暮らしたい方にオススメな札幌市手稲区の地域情報

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Sapporoshiteineku01

札幌市手稲区は小樽市に隣接する区で、南に手稲山を望む、郊外ののんびりとした雰囲気漂う街並みです。北海道一の歓楽街ススキノにはちょっと遠いですが、自然にあふれた空気の美味しい地域で、子育て支援ワーカーズもあり家族で安心して暮らせる地域です。

札幌市手稲区は2015年3月現在、人口14万人で札幌市の西端に位置し小樽市と石狩市に隣接する区です。南に手稲山を望み国道5号線近辺はその麓の街として自然にあふれた街並みです。札幌市の中心街へは車で30分ほどかかりますが、小樽市に行くのにも約30分です。どちらかというと、小樽市の方が近く感じられます。北海道の歓楽街としてはススキノが有名ですが、ススキノからタクシーで5000円以上かかりますので、決して近くはありません。ススキノからは地下鉄とJRの乗り換えになります。終電は23時台ですので乗り遅れない様にしましょう。ナイトライフであれば、手稲駅周辺もバラエティーに富んだ店舗が並びます。手稲駅は北海道の乗客利用者数が札幌駅に次ぐ第2位の駅ですから、居酒屋さんを中心とした駅前グルメは穴場なお店が多いです。札幌市手稲区の生活面へ目を向けると、手稲区役所は手稲駅と西友に隣接しており、道路の混雑も少なく行きやすいです。医療施設では札幌市内でも有数な病院である手稲渓仁会病院があります。ドクターヘリ、放射線治療、ロボット手術など最新の設備を備えた病院です。手稲渓仁会病院を中心として多くのクリニックが連携をとって地域住民の健康を守る安心安全な医療体制を提供しています。また、北海道の小児医療の拠点である北海道立子ども総合医療・療育センター「コドモックル」があるのも手稲区です。手稲の子育て支援ではNPO法人北海道子育て支援ワーカーズ所属の「プーのいえ」があります。「プーのいえ」では子育てのベテランさん達が、優しく丁寧に保育を行ってくれます。夫の転勤などで札幌市に来たものの周囲に頼れる人もなく、一人で悩みがちなお母さんの良き補助者となってくれます。手稲区では毎年9月に手稲神社のお祭り「どじょうまつり」があります。大きなお祭りではありませんが、手稲商店街から手稲駅につづく道を歩行者天国で開放します。通りには露店がならび、駅前の飲食店も協力をして焼き鳥やビールなどを店先販売してくれるなど、人情味のあるお祭りです。冬になると札幌市の中で手稲区は道路関係の業者さんが多いこともあり、他の区に比べて除雪事情が良いです。札幌市手稲区は札幌市の中心街からは少し距離がありますが、手稲山を始め自然環境も良く、地域コミュニティが温かい生活環境が良好な地域です。

初めての札幌でもおおらかに包み込んでくれる街。それが札幌市手稲区です。

札幌市手稲区は札幌駅周辺などの札幌市中心街からは少し離れますが、その分自然環境に恵まれ、おおらかな時間を過ごせる地区です。買い物については札幌市西区のイオン発寒店に車で10分程度でいけますし、西宮の沢地区の追分通には大型のホームセンターや家電量販店がありますから不便はありません。生活面においては医療の質も高く、地域に子育て支援ワーカーズがあるので、初めて札幌に来た子育て中のママにも優しい地域です。また、札幌市の中では除雪、排雪環境が良いことも札幌市手稲区に暮らすことのメリットとなります。郊外で家族とゆっくり暮らしたいという方には合っている地域と言えます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事