• 2015/09/30
  • PR

人と自然が共存する心地いいさいたま市南区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Saitamashiminamiku01

さいたま市南区は、さいたま市内でも有数の人口を誇り、南の玄関口としての役割を担っています。様々な交通機関が集まる交流拠点都市として活気を見せる一方で、河川や水路周辺には公園や緑道が整備され水と緑の空間も広がっています。そんなさいたま市の特徴について紹介します。

さいたま市南区は、市の南端、関東平野の中に位置しています。全体的に標高が低いのが特徴で、土地の50%以上が宅地に利用されており、荒川堤外地以外の場所に人口が集中しています。南区の人口は、2015年時点で約17万9200人です。
武蔵浦和駅周辺と南浦和駅周辺には、商業施設が集積しており、特に武蔵浦和駅周辺はさいたま市の副都心としての役割を担っています。さらに、武蔵浦和駅周辺の南側には、工場や物流施設、超高層マンションも数多く立ち並んでいます。製薬会社や食品会社など企業が本社を置くほか、ガス会社や生命保険会社など数多くの企業が支店を置いています。
千葉ロッテマリーンズ2軍球場のロッテ浦和球場や武蔵浦和ラーメンアカデミーなどがあり、市内外から訪れる人も多くいます。また、図書館が併設されているサウスピアやさいたま市民文化センター、豊かな自然が広がる浦和記念公園や別所沼公園、冬にはスケート場として利用できる沼影市民プールなど、幅広い年齢の人から親しまれる施設も充実しています。
内谷や曲木、沼影などは、南北朝時代に鶴岡八幡宮に寄進されたことをきっかけに、経済基盤として発展してきた場所です。市有形民俗文化財の広田寺本村縁起絵馬などの文化財があり、散策にぴったりです。さらに、逆さイチョウの伝説がある真福寺のイチョウなど市指定天然記念物も点在しています。
区内には、東西に武蔵野線が、南北には埼京線や京浜東北線が走っています。さらに、東京外環自動車道や首都高速道路埼玉大宮線をはじめとする道路網や、路線バスが整備されているため、交通の便がよく、生活しやすい地域といえるでしょう。
11月初旬には、浦和競馬場で南区ふるさとふれあいフェアが行われており、フリーマーケットや熱気球体験など様々なイベントが開催されています。健康づくりと南区探索を目的としたハイキングを主催したり、健康増進のためのガイドブックを配布したりと、市民の健康的な生活を積極的にサポートしています。

幅広い年齢層に親しまれる公園が充実

南区を代表する公園といえば、浦和記念公園や荒川彩湖公園、別所沼公園などがあります。浦和記念公園は、浦和競馬場のコース内に設置されており、サッカー場や野球場になっています。競馬の開催日以外は入場可能です。別所沼公園は、別所沼の周辺に整備された公園です。児童広場には大掛かりな遊具があり、多くの子どもたちで賑わっています。また、別所沼公園と武蔵浦和駅の間には、散策路が整備されており、桜やアジサイ、紅葉を見に多くの人が訪れる人気スポットとなっています。公園の北西部には別所沼会館があり、夏はビアガーデンが人気です。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事