• 2015/09/30
  • PR

都心へのアクセス抜群、川口市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kawaguchishi01

川口市は、発達した交通網を持つ、都心へのアクセスに優れた埼玉県の特例市です。かつては鋳物の工業都市としての顔が強かった川口市ですが、現在は再開発により高層マンション、大型ショッピング施設の建設が進んだことで暮らしに便利な街となりました。親子で楽しめる大型の公園やレジャー施設も整っています。職住近接の都市型ライフを実現できる川口市の特徴と、おすすめスポットを紹介していきます。

川口市は埼玉県南東に位置し、荒川を挟んで東京都北区と隣接しています。鉄道はJR京浜東北線・武蔵野線、埼玉高速鉄道が走り、首都高速川口線、東京外環自動車道といった道路やバス路線網も発達している、交通の便が良い市です。京浜東北線は東京駅・新橋駅・品川駅といった東京都心に直通しているため、東京への通勤・通学者も多くいます。人口は約57万人で、2001年に特例市に指定されています。地形は、市のほとんどをしめる低地部分と東部の台地部分があり、低地は住宅地として、台地は畑・樹木畑などの近郊農業地として利用されています。市域中央を縦断するように新芝川が流れています。市街は江戸時代に日光御成街道の宿場がおかれていた川口宿に端を発し、近代以降は鋳物の工業都市として発展しました。川口の鋳物の工業街は映画「キューポラのある街」の舞台となり、また1964年の東京オリンピックでは川口の鋳物で聖火台が作られました。1970年以降より、中央地区では工場跡地に中高層の集合住宅が建てられる傾向が続いています。現在はエルザタワー55などの超高層マンションも多数見られます。一方で、昭和の趣を残す公団団地や、鳩ヶ谷駅東口の鳩ヶ谷本町付近の歴史的な建築物や町並みが残る地域もあります。川口駅・蕨駅・東川口駅などの駅前から周辺には商業地域が形成されています。川口駅周辺は再開発によって生まれ変わり、大型ショッピングモールや飲食店が密集しました。そのほかいくつもの商店街や、郊外の川口芝園ショッピングモールなどがあり、商業施設は充実しています。青木地区の中北部には青木町公園総合運動場、川口オートレース場、SKIPシティ(NHKアーカイブス、川口市立博物館)など大規模なレジャー施設が立地しています。名物は鋳物のほか、安行の植木、十勝の甘納豆、太郎焼が有名です。毎年8月にオートレース場で行われる「たたら祭り」や12月に川口神社で行われる「酉の市(おかめ市)」のほか、B級グルメ大会・世界グルメ大会など多くの人でにぎわう催事があります。

川口市の取り組みと今後の展望

このように、さまざまな魅力にあふれる川口市。川口市の取り組みとしては、水と緑があふれるオアシス空間を作ることをテーマとした「歴史自然公園整備事業」、公共事業で市産品の使用を促進し地域経済循環の活性を図る「川口市産品公共工事活用促進制度」、SKIPシティでの「国際Dシネマ映画祭」といったイベント企画などがあります。今後の展望として、市は個性を活かし自立した「元気なまち川口」をつくるため、2018年4月に中核市へ移行することを目指しています。中核市への移行が実現すれば、県の仕事の6割が市に移譲され、より幅広くきめ細やかなサービスが提供できるようになります。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事