• 2015/09/30
  • PR

生活を豊かにする施設やイベントが充実した所沢市の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Tokorozawashi01

所沢市は、航空発祥の地として知られています。市内では、お祭りなどのイベントが開催されたり、レジャー施設、史跡など生活を豊かにしてくれるものがたくさんあります。そんな所沢市の特徴や、人気のスポットなどについてご紹介します。

所沢市は埼玉県の南西部に位置しており、東京からは30km圏内です。柳瀬川や東川が流れており、年間を通して概ね温暖な気候です。市内には、鎌倉時代に鎌倉幕府と新田義貞の軍勢が戦った古戦場や、江戸時代に作られた三富開拓地割が残っています。また、1911年には日本で初めての飛行場が作られた地でもあり、日本航空発祥の地として知られています。東京のベッドタウンとして機能しているため、新所沢や小手指には集合住宅が数多く立ち並んでおり、繁華街は所沢駅前を中心に広がっています。また、郊外には、専門店の入った大型複合施設や、大型駐車場のある大型スーパーや家電量販店などが出店しています。市の南部には、アニメ映画の舞台にもなった狭山丘陵があり、自然も多く存在している地域です。国や県などの出先機関も多く、東京航空交通管制部やさいたま地方検察庁、所沢税務署などがあります。名産品は、サトイモ焼酎や焼き団子、所沢人形などがありますが、中でも狭山茶は有名で、県内でも有数の生産面積を誇っています。日本三大茶にも入っており、江戸時代から続く伝統の火入れによって現れる、重厚な味や香り、色が特徴の茶葉です。市内には、武蔵野線や西武池袋線、西武新宿線、西武狭山線、西武山口線が走っています。さらに、一般路線バスやコミュニティバス、羽田空港や成田空港、三ノ宮、河口湖などに向けた高速バスも運行しており、市内だけでなく遠方へのアクセスにも便利です。道路網も充実しており、関越自動車道の所沢ICや、国道463号などが整備されています。季節ごとに様々なイベントが行われており、中でも明治初期から続くところざわ祭りは、10基の山車や神輿が出たり、サンバが開催されたりと多彩な催し物が開催され、市内外から多くの人が見物に訪れます。航空発祥の地として所沢航空記念公園がある他、遊園地やスキー場、競輪場、ゆり園など幅広いジャンルのレジャースポットが充実しています。

伝統のある所沢市の名産品

所沢市の名産品の1つに、狭山茶があります。全国的にも知られており、市内でも特に富岡や三ヶ島での収穫量が多いです、栽培、製造、販売を生産者が全て行うというケースが多く、地産地消の先駆けにもなっています。お茶を栽培する他の地域に比べ、寒い気候の中で栽培されているため、葉が厚く甘く濃厚な味が特徴です。新茶の始まる時期には、狭山茶を広め理解を深めてもらうためにところざわ新茶まつりが開催されます。茶摘みや手もみ茶の体験、新茶の試飲、お茶を使った料理の試食などが行われ、家族で楽しめます。うどんや焼き団子も有名で、観光協会のHPには、それぞれが食べられる店舗の詳細が記載されているので是非参考にしてください。

任意

埼玉県で住みやすい街はどこ?家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事